« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »

2009年2月20日 (金)

新年・・・

  すっかり今年も2月・・・あけましておめでとうございます。大変ご無沙汰しておりますの番台です。

 毎年年末はブログが止まるのですが、多忙になって次の日の仕事に支障をきたす為書けなくなってしまいます。昨年末も案の定・・・年明けは、書かないクセがついてしまい、ライブも少ないのであまりネタもなく・・・みたいな悪循環で。しかし、こんな半年もサボってしまうのは過去最高記録更新です。今後も記録を狙っていきたいと。。。うそ。出来る範疇で書きますの番台です。

 年末は、京都でバイクでひき逃げ(道で靴紐結んでたら背中から)にあったり、OT打ち上げで乾杯のシャンパングラスを13個割ってしまったり、本番中に暴れだした泥酔客(失礼ながらあえて「客」)を警察に運んで貰ったりetc・・・あまり良いことがなかったのですが、これぞ噂の「前厄」なのか?と。そんな僕も自分ごとで恐縮ですが、年末12月で40ちゃいになりました。40ですよ、40!間違いなく「おっさん」!先人によりますと、40歳は「死」について考え、50歳は「残りの人生」について考えるらしいです。確かに「人生あと半分ないのでR」という現実にはいささか焦りますが、あまり考え込んでも暗くなるので、深く考えないよーにしてます。

 そんな僕の今年初仕事は、南港インテックス・カウントダウンイベントの出口で年が明けた瞬間アルバイトちゃん達と「ユニコーン復活」のサンドイッチマン!h・・・20歳の頃とやってること変わらんのは幸せなのか否か?・・・暗くなるのであまり考えないようにしてますが、やはりドMなのでちょっと嬉しかったりもします。そいえば、初めてコンサートスタッフのアルバイトしたのがユニコーンの厚生年金中ホールでした。確か「パニックアタックツアー」88年頃。お客さんが若い女子98%であまりに黄色い声援に「なんだこのバンドわぁ!」と当時は思ってしまったものですが。。。バンド末期にアルバム聴き直して「なんと実験的でアホで挑戦的で楽しいバンドなんだぁ!」と感銘を受けた自分が、2009年が明けて、看板ブラ下げて冬空の中2、3時間も突っ立ってるなんてことは19歳の自分には想像も出来ませんでした。

 20年たってしまいました。

 20年間「バブル」も「不況」も通ってきた中で、あまり変わらないのがこのライブ業界かもしれません。レコード会社さんはCDが売れない、メディアさんは広告が減って大変みたいですが、ライブはあまり現実感がなかったりします。景気でチケットが左右されてるのか?、アーティストの力なのか?宣伝がダメなのか?全て想像の範疇で、そこにリアリティがなく判断が曖昧なのがホントのところ。加えて不況感がないのは、CDみたくコピーできないのでホントに行きたいライブは皆さんチケット購入されるからかとも思いますが。

 アーティストの皆さんもCD売れないので、ライブと物販でどう生計を立てていくかが、今とても問われています。バブル時みたく「CD100万枚売れて家と外車買いました」なんて話しは、今は夢物語。ライブもメーカーさんから「ライブ援助金」などという名目でお金が出て(CD売れてましたから音楽業界全体が恩恵に預かっていたのです)、「ライブが赤字でも何故かギャランティ出来てしまう」という、まるでお役所みたいなおかしな現象が当たり前になっていました。そゆ意味で今は厳しいけれど、まともに危機感持ってみんな取り組み始めてるのは健康的かもしれません。

 個人的にちょっと疑問に思ってるのはチケット代。一部を除いて、末端のライブハウス規模のチケット代が¥2000~¥3000ちょいってのは、ここ20年物価はそれなりに上がってる中で変わらないのは、ちょっと「?」と思ったりもします。それで生業をたてようとしてるバンドからすると、東京からきて、スタッフのギャラ、会場費、諸々経費を考えると(もちろんライブの「クォリティ」は大前提ですが)労力の割りに、チケット代が安いと思うのであります。もうちょっとお金頂いても(言っても@数百円ね)バチあたんないんじゃないかなぁ・・・と。もちろんお客さんの立場からされると安いに越したことないですけど、その変わりライブを選りすぐって頂いてより厳しい目で「コレは!」というものに、お金払って頂けるとより健康的かなぁ、なんて思います。

 久々の割には、内容がカタくなってしまいました。話しを私事に戻すと、そぉ、40才、「本厄」!ちなみに厄払いなんてのには(お金ないんで)絶対行かんです!そもそも「神様もそんなたくさんお願い聞けるかよ!」と思ってます。しかし5円で済む初詣には必ず行きます。野外イベントの前日「晴れますよーに!」と神頼みもします。こんなことでいいんでしょうか?あまり深く考えないよーにしています。「鈍感力」って大事。

 そんなこんなでコンサートプロモーター(興行師)生活20年なんです。フラカンもpillowsもスカパラも真心もBO GUMBOSも20周年。かと言って何も変わらないのですが、あと20年でナニを残せるか頑張ってみようと思います。そして今年の目標は、「ひき逃げにあわないこと」。宜しくお願い致します。 

|

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »