« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »

2009年8月 1日 (土)

これが最後と思い込む話し

  年間何本ライブ見るだろう?数えたことないけど、2~3日に一回はライブがある。イベントで一度に何バンドも見ることも多々あるので、それも各々1本と数えると、300本くらいは見てる気がします。20年くらいやってるので仕事はじめて6000本?多いのか少ないのかよくわかんないですが、ライブを見るのは楽しいので(今更言うまでもない)苦にはなってないっす。

 しかし人間なんでたまには「体調」や「睡眠不足」や諸般の個人的事情で「今日はライブ見るの辛いなぁ・・・」って時もあるものですが、そんな時いつも自分に言い聞かせることがあります。それは「これがこのバンドの最後のライブになる(かもしれない)」と思うこと。捕らえ方によっては縁起でもないのですが。まぁ、そお思うと集中力も変わるし、多少の個人的理由など覆すことができるって訳で、実際「これが最後だ!」と思って日々死ぬ気でやってるバンドにも申し訳が立つってことにもなります。非常にモチベーション維持には役立ちます。これ、他の仕事や場面にもあてはまりませんかね?たまの休みの日に「お父ちゃんどっか連れてってよぉ~」と言われながら寝たフリしてるパパさんとか、彼氏彼女家族しかり。仕事先の付き合いしかり。見たい映画、本、スポーツ観戦etc・・・。見れるうちに見といた方がいいモノ、会っておいた方がいい人、ライブに限らず日々いろいろあると思います。 

  こんなこと思い始めたのは、そんな縁起でもないことが実際起こることもあるわけで。外人アーティストだと「最後の来日」なんてことも往々にしてあります。「バンドは解散するもの」なので邦楽しかり。はたまた書くのもはばかれることが実際起きたりするのも生き物だからなくはない。

 解散ライブと銘打つものも何度か遭遇しましたが、たいがいは解散発表前よりもチケット売れますし、実際売り切れます。「このお客さんが解散発表前から集まっていれば、解散しなくても済んだかもしれないなぁ」なんて、そんなことはこっち側の勝手で、集客出来なかったこっちが悪いんですけれど。

 なんにせよ「一期一会」とは良く言った言葉だなぁ、と思って最近心の中でつぶやきながらライブに携わってます。

 そんな中、知り合いのバンドの意味深なライブタイトルを見つけてしまいました。http://www.spartalocals.net/jp/live.html#top

 むむ・・・どーゆーことだぁ?とりあえず9月23日は空けておこう。

|

« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »