« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »

2009年3月 7日 (土)

再会

 この仕事をしていて「特別なライブ」になる日があります。もちろんライブは毎回毎回、どんなアーティストも一生に一回こっきりなんで言ってしまえば全てが「特別」なのですが。しかし、特別な日々の中でも、アーティストにとってもお客さんにとっても、僕らにとっても特に一生忘れられない「格別」とも言うべきライブになることがあります。例えば、初めてそのアーティストに出会った日。初めてこつこつやってきたライブハウスがいっぱにになった日。初めてデカイ会場をいっぱいにした日。何らかの事情で別れのライブ、など。

 今日シャングリラでのPERIDOTSのライブは、個人的な話しで恐縮ですが、そんな格別なライブでした。ここ2年ほど、PERIDOTS(高橋君)とは離れていたのです。一度乗った「船」は、「航海中にお互いの行き先が変わらない以外は絶対下りない」と思ってるクチなのですが、PERIDOTS号から降りた僕は、しばらく港から船を見てるだけでした。そして今日また船に乗せて貰えることになりました。

 惚れるきっかけとなった「労働」という曲や、以前イベントでアコースティックVerを聴き(この曲はバンドで聴きたい!)と思った「リヤカー」を、厚い(熱い)演奏で聴けた時は正に格別。良い曲や好きな曲を「生」で聴けるのは、やはりライブならではの「特別」なものですが、そこに私情が入ってくると更に上の「格別」なものになると思います。満員のお客さんも僕と同じく、それぞれそんな気持ちで見てたよーな。バンドの演奏と同じくらいアツイ拍手からそれが感じられました。

 出会った時に感じた通り、高橋君のボーカルはやっぱり凄いと思います。「凄いボーカリストは高いところが伸びるところをもてはやされがちだけど、本当に凄い人は低いところが安定してるかどうか」ですと、ある著名なボーカルの方がおっしゃっておられました。高いところも、ファルセットも、そして低い音域も、高橋君は素晴らしいと思います。そしてあまり感情を表に出さない高橋君が、おそらく感情が前にいって少しピッチがスレる瞬間にまた聴く側は心揺さぶられたりして。

 新しいバンドで、今日からまた新たなPERIDOTSが始まりました。是非、多くの方に一緒に船に乗って欲しいと思います。

 

|

2009年3月 6日 (金)

外タレのようなもの

 GRAVEVINEのクアトロを見る。プロデューサーで長田さんもライブに参加のスペシャルバージョンでおました。演奏が並大抵ではなく凄い・・・いやはや、これはもぉ日本人の演奏じゃない。クアトロに外タレ見に行ったらこんな音出してるもん。若しくはフジロック行ったら日本語喋れない人がこんな演奏してますわ~。ぐぃんぐぃん気持ち良いベース、ドラムに3本のギターと鍵盤が入って覚錯してきます。かたや、田中君がアコギ持ってやるシンプルのR&Rも渋いです。いんや、もぉ、帽子かぶらないですけど脱帽でした。 ある意味マニアックなんですが、こんなのにド満杯のお客さんが居ることに良心を感じます。捨てたもんじゃないです。誰も捨ててませんけどね。仕事帰りらしいサラリーマンの人も結構いて、なんかイイ感じ。少し前の時代は、大人になるとロックは卒業みたいなイメージでしたが、今や全然大人も普通に楽しんでますね。聴かせる方も、聴く側も成熟を感じます。イイ世の中になったと思います。幸せ。

|

2009年3月 4日 (水)

沖縄出張・・・

・・・と言えば聞こえは良いが、なんと日帰り!この世で一番嫌いな「飛行機」に1日に二回も乗るなんて・・・いやだ、いやだ。昔おかんが「あんな鉄の塊(かたまり)が飛ぶなんて、信じられへんわ~」とのたまって(なにベタなこと言うとんねん・・・)と完無視してた言葉を、数年前からのたまってる自分が居ます。前も書きましたが以前沖縄に行った帰り、台風の中飛行機がとんでしまい、マジで死ぬかと思う目にあい・・・そっからもうダメなんすですわ・・・、赤字のコンサートより怖いんです。

 機中は、スチュワーデスのおねぇさんに悟られぬよう寝たフリします。もちろんドリンクサービスごときにかまってる余裕も、トイレに行く余裕もありまへん。ひたすら寝たフリこんなに時間たつのが遅いことって他にありません。命からがら(僕だけ)空港に着き、沖縄のイベンター・PMエージェンシーさんにお邪魔する。実にオフィスが沖縄らしい!ステキすぎ!入る会社まちがえた。次募集あったら履歴書送ろう。モンパチのみなさんが偶然来ていて挨拶してくりました。いつどこで会っても変わんないですね、純です、心洗われます。

 帰りも、もちろん寝たフリで2時間。。。いやや~、やっぱりいやや~!子供が近くの席でケタケタ笑って遊んでいます・・・おぬしやるなぁ。帰りも命からがら(僕だけ)。会社のデスク嬢に土産をメールでねだられましたが・・・アホか!こんな死ぬかもしれん目に会って、なんで土産やねん!、ということも言えず。

 とりあえず、「もうこのブログも書くことないか」と覚悟決めてましたが九死に一生帰ってこれたので、明日からまた頑張りま~す。

|

2009年3月 3日 (火)

爆ひな祭り

 3月3日は毎年恒例、fmosakaさんとの「爆ひな」!今年でなんと9回目になりました。今回はカジヒデキさんとbonobos、オープニングにシスタージェットのお3組が揃いました、BIG CAT。

 bonobosのサポートギターはなんと小暮さん、これがすんごかったですね。bonobosはまた、次のステージへ向かっております。ユルイだけちゃいますねん。ビークル兄さんの影響もあるのか、アッパーな曲もけっこーあります。これは面白い!今後も注目であります。

 日本一短パンの似合う42歳カジ君は、相変わらずキラッキラしてますねん。うちの担当・の男湯君は一緒に歌い過ぎて声枯らしてます、シャツもインザパンツです、カジ君バカにもほどがあります。

 来年は10周年なんで、更にスペシャルなことしますかね!

|

2009年3月 2日 (月)

送別会

 春は出会いと別れの季節、と言われてますがその通り、今日は送別会が二件。しかし、一件目の802・T永さんは間に合わず、二件目のクアトロ・T橋店長の宴に参加。スマッシュの大先輩N部さん、何故か居る名古屋のロックプロモーター・ジェイルハウスのGOROさんから、グリーンズの髪の毛ボーボー・祝君やらetc、豪華絢爛アホばっかり。T橋店長の人徳であります。名古屋の方が、あまりに酔っぱらって収拾つかなくなってきたので、解散。

 T橋店長、短いあいだでしたがありがとーございました~ 、スキンヘッドで大男!最初怖かったですが、ようやく慣れてきたところでお別れなんて。。。またよろしくお願いします。

|

2009年3月 1日 (日)

トモさんと鈴木君

 十三ファンダンゴでトモさんのイベント〝ラブジューソー〟(このタイトルやめなさい!)、今日のお相手はフラカンのボーカル鈴木君。

 少し遅れて開演してから到着すると、ステージ上に卓球台、二人が相対して審判にファンダンゴの加藤さんが立ってる、という図。ナニしとんねん!

 一部が卓球対決で勝者はトモさん、二部は鈴木君ソロライブ。滅多に聞けない、というか個人的にじっくり聴くのは初めて。バンドの時はシャウトが多いので、いい声してることに改めて気付く。文句言うメンバーも居ないので、大好きな金八(先生)ネタよろしく「人として」聴けた、う~ん良い曲だ。フラカンの曲は殆どやんなくて、お倉の曲やら、作ったばっかの曲を基本的にやるのがこの人のソロ。これはこれで、素晴らしいのでまたどこかでやって貰おう。 二部のトモさんも一人は久々に見ます。右足でベードラを叩きながら、更に吟遊度が増してる気が。そして、やはり相変わらず、誰が見ても最高に面白い。笑えて、一人なのに説得力抜群なのであります。各々1時間のライブのあと4部でセッション。ツイストからカステラのデビュー曲〝ビデオ買って〟が披露されたのは、超レア。10年ぶりくらいにやったらしいです。鈴木君エライ!

 次は4/19、バンドでキャピタルイベントですね。ピーズも出るので、ハルさん交えて卓球対決しますかね。

|

« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »