« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月22日 (土)

泣ける、ある子供のお話し

 あるパパさんに小五と小一の愚息(かなり謙遜)が二人。普段仕事が不規則なのでなかなか会えない。土日も月に一度休みがあるかどうかなんで「パパは無くても子は育つ」状態。

 その小五の子が、2年前小三の時のお話し。

 ある日パパが仕事を終え、いつもの如く家族が寝静まった家に帰ると「たけのこの里(orきのこの山)」の空き箱が台所のテーブルの上に転がっている。

 上ブタを開けた面にサランラップが貼ってあって、何か絵が描いてある。

「なんだコレ?」

とパパさんは思ったが、なんかの工作かと気にもとめず就寝。あくる日、目覚めていつもの如く子供はとうに学校に行って、遅い朝食をとりに台所へ。ふと、見るとお菓子の空き箱がまだ大事そうにテーブルに転がっている。

パパ「これなんなん?」

ママ「それ?・・・(呆れ顔で)DSらしいでぇ」

パパ「?・・・へっ・・・でぃえす?マジで?」

 その家は方針で、子供にDSを買い与えて無かったのでアル。更に聞くと、クラスで一番の仲良しH君(このH君と唯二人がクラスでDSを持ってなく、それだけに親友)が昨日家に遊びに来て、たけのこの里の空箱で遊んでる残念な友達に

H君「わぁー!それなに?」

残念な子「(自慢げに)うん?これ?DS!」

H君「うへぇーー!それ、動くの?(マジ)」

とても残念な子「うん!動くよー!!(大マジ)」

・・・

・・・

・・・

 そして、そのお菓子の空箱で、残念で天然な二人の子供はDSをして暗くなるまで遊んだのでした。

 その後日、家族会議が開かれ、数週間後その子とH君は共にDSを買って貰えたのは言うまでもありません。

|

2009年8月17日 (月)

こっこさんの台所

  週末土曜、CoccoちゃんのLIVEを見る。場所は渋谷タワレコード地下イベントスペース。「こっこさんの台所」という料理本(?)の出版記念、あ~んど4曲入り同タイトルのCDが来月発売、先行配信はもう始まってる模様。くわしくはコチラ→http://www.cocco.co.jp/contents/index.html

 などなどを記念して1年半ぶりにライブがあったので、自称ファンクラブ関西支部の僕と802のKOGAさんと連れ立って(呼ばれてないのに)見に行く。元こっこちゃんの番組ディレクターだったボンボンは不参加。

 たっしんさんと長田さんがアコギ、鍵盤は堀江君の4人編成、アコースティックVer。「今日は特別な日なので・・・」というMCから「Heaven's hell」という過去の曲からはじまる。今日8月15日は沖縄の人にとって、日本人にとって特別な日。その特別な日には、ここ何年かこの曲を毎年聴いてます。

 その後は、新曲4曲を順番に独特の爆笑トークを交えながら披露してくれました。やっぱり単純に声だけでスゴイです・・・、圧巻、圧倒、開いた口が塞がらなくなるとはこのこと。新曲4曲ともステキなんですが、関西でのツアー中に出来た「バイバイパンプキンパイ」という曲はこっちも想い入れがありーのでヒトシオ。5曲終わったところで、新曲のアタマにやった「絹ずれ」という曲を沖縄の言葉でもう一度・・・いや、これが、また、失禁モノで良かったです。この人はやっぱり、別モノと、言いますか、私の不自由な日本語ではやはりレポート不能で恐縮です。

 早くライブで関西にも来て欲しいと思います。

 今日お盆あけに会社に出たら、そんなこっこさんのオフィスから移転のお知らせハガキが届いてました(引越し祝いの催促付き)。こないだヨドバシカメラのポイント全部使ったのにぃ~。買いますよ、買えばええんでしょー。移転のお知らせに引越し祝いをせがむ、なんてずうすうしいことってあんま無いと思いますが・・・、ちょっと嬉しいのはやはり僕がドMだからでしょうかね。

|

2009年8月 1日 (土)

これが最後と思い込む話し

  年間何本ライブ見るだろう?数えたことないけど、2~3日に一回はライブがある。イベントで一度に何バンドも見ることも多々あるので、それも各々1本と数えると、300本くらいは見てる気がします。20年くらいやってるので仕事はじめて6000本?多いのか少ないのかよくわかんないですが、ライブを見るのは楽しいので(今更言うまでもない)苦にはなってないっす。

 しかし人間なんでたまには「体調」や「睡眠不足」や諸般の個人的事情で「今日はライブ見るの辛いなぁ・・・」って時もあるものですが、そんな時いつも自分に言い聞かせることがあります。それは「これがこのバンドの最後のライブになる(かもしれない)」と思うこと。捕らえ方によっては縁起でもないのですが。まぁ、そお思うと集中力も変わるし、多少の個人的理由など覆すことができるって訳で、実際「これが最後だ!」と思って日々死ぬ気でやってるバンドにも申し訳が立つってことにもなります。非常にモチベーション維持には役立ちます。これ、他の仕事や場面にもあてはまりませんかね?たまの休みの日に「お父ちゃんどっか連れてってよぉ~」と言われながら寝たフリしてるパパさんとか、彼氏彼女家族しかり。仕事先の付き合いしかり。見たい映画、本、スポーツ観戦etc・・・。見れるうちに見といた方がいいモノ、会っておいた方がいい人、ライブに限らず日々いろいろあると思います。 

  こんなこと思い始めたのは、そんな縁起でもないことが実際起こることもあるわけで。外人アーティストだと「最後の来日」なんてことも往々にしてあります。「バンドは解散するもの」なので邦楽しかり。はたまた書くのもはばかれることが実際起きたりするのも生き物だからなくはない。

 解散ライブと銘打つものも何度か遭遇しましたが、たいがいは解散発表前よりもチケット売れますし、実際売り切れます。「このお客さんが解散発表前から集まっていれば、解散しなくても済んだかもしれないなぁ」なんて、そんなことはこっち側の勝手で、集客出来なかったこっちが悪いんですけれど。

 なんにせよ「一期一会」とは良く言った言葉だなぁ、と思って最近心の中でつぶやきながらライブに携わってます。

 そんな中、知り合いのバンドの意味深なライブタイトルを見つけてしまいました。http://www.spartalocals.net/jp/live.html#top

 むむ・・・どーゆーことだぁ?とりあえず9月23日は空けておこう。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »