« WBC | トップページ | 4月! »

2009年3月24日 (火)

WBCとWTC

  前フリしたので、これはひろっておかないといけん、WBCのお話し。もう、TV/新聞をはじめ、色んなとこで語りつくされてるでしょうから経過とかはおいとくとして、見てて思ったこと幾つか。

 一番良かったのは「悪モノが居なかったこと」。もちろん勝ったから言えることかもしれないけど、もし決勝で仮に日本が負けてたとしても、雰囲気的に「誰も責めれない」感じがしたのは僕だけでしょうか?チャンスに打てなくとも、ピンチに打たれたり、エラーしても「(他の誰かが)その分頑張るのダァ!」という雰囲気が見てて伝わってきました。チームの「和」ちゅいーますか、連帯感がすんごいあったのが良かったです。また、栗原のよーに三振しても三回バット振った上なので、責める気になんない潔さが各選手にあったのがステキ。点が入らずやきもきするのはまた別問題として、納得させられるプレイだったように思います。

 最後3試合しか見てませんけど、個人的MVPは、岩隈と川崎かしらん。特に川崎の言葉で「ベンチに居てもスタメンのつもりで居ました!」って、なかなか言えないし、おまけに説得力も抜群。(フツーこゆ発言って嘘っぽく聞こえないですか?)

 トータルで日本と韓国のレベルが高かったのと、ゲームの流れを掴むのがこの2チームは長けてたと思います。スポーツに限らず勝負事は「セオリー」、「技術」以外にメンタル含めた「流れ」があるんだ、ってことが決勝見てたら凄く良く分りました。決勝は「流れ」がどっちかにいきそーでいかない(いかせない)繰り返しで、見応え充分。逆に準決勝のアメリカ戦はドアタマ以外は日本ペースで、「個人技」だけでは勝てないのだ~、ということも比べると良く分ります。日本のプロ野球でも「金で4番バッター揃えたけど優勝は買えなかったチーム」があったのと似てますね。 

 あと、優勝してマウンドに国旗立てなくて良かったす。立ててると・・・なんか後味わるいなぁ、と。

 暗いニュースやトホホな政治家ばっかりの中、久々に明るいことがあった気がします~。そいえば、時同じくして大阪府庁がWTCに移転しなかったのはどっちが良かったのかはよく分りませんが、なんか残念。移転した方が何かが「変わる」期待は、出きる気はしたんですけど・・・。ちなみに民意と同じくして橋本派の僕はですね、大阪府のメルマガに入ってまして。これ見てると僕みたいな素人のアホにも大阪府政は凄く分りやすいです。今までの知事は何もしてなかったのが良く分ります。「これなら税金払うよ!」と思わせてくれる「信頼」と「期待感」が持てる。知事ながら多少暴言はきますけど、決断力と実行力、悪いことも絶対しなさそうな点や私利私欲(大阪だけ得することもしないのは大事かと)に左右されないとこ、色々信頼おけます。企業もトップがこんな人ばっかりだったら「偽装」や「嘘」がなくなるのになぁと思います。

 むむ、全然音楽と全く関係ないことで失礼しました。たまには気分転換で、お許しください。

 

 

 

 

|

« WBC | トップページ | 4月! »