« 最近嬉しかったこと | トップページ | 毛皮のマリーズ »

2009年2月25日 (水)

ミナミフリーク

 関西若手プロモーター&マスコミ陣がみんなでニューカマーを世に送り出そうというイベント「ミナミフリーク」がクアトロであったので見に行く。

 関西にプロモーターは何社かありますですが、元来祖先は興行師なので縄張り、利権争いが絶えないのですがそんなことは若手精鋭陣は知ったこっちゃなく、「おもろいことやろうぜ」という空気がムンムンの、とてもエモい雰囲気がよいよい。頑張れ~ヤングライオン達!おっちゃん業界人に一泡ふかせてやりなさい。ちなみにおっちゃんの一人である僕は、全盛期を超えた藤波辰巳の如く無我の境地でなりに頑張ります。

 今日出たバンドは、竹内電気、SPANK PAGE、ghostnoteなど5バンド。イベントやる側と同じく、こちらも若さ溢れるライオン達。竹内が成長著しい(キモいとお洒落が共存する稀有なバンドなのだ~)、新生SPNAK PAGEはひたすらカッコイー、ghostnoteはひたすら熱い。この「ひたすら~」というのがヤングライオンには大事かと思います。プロレスでも「ひたすらドロップキックを打ちまくる」「ひたすら関節技に拘る」「ひたすら・・・・」と、まず他に無い個性を打ち出すのは、バンドも同じかと思うのです。

 終わって、打ち上がるヤングライオンを尻目にクアトロスタッフチームと中国語の勉強会(チーとかポンとか)に励む。終わったらやはり朝でちょっと後悔。しんどいって分ってるのについついやってしまうのでした・・・。

|

« 最近嬉しかったこと | トップページ | 毛皮のマリーズ »