« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »

2008年6月13日 (金)

Port of Notes

  南船場のフルブルームでPort of Notesライブ。Port~は畠山美由紀ちゃんと小島大介さんによるユニット(関連サイトhttp://www.tone.jp/hatakeyamamiyuki/index.shtml )であります。結成10周年。美由紀ちゃんは、太陽のような(ひたすら愉しい)“DOUBLE FAMOUS”と、ソロ、そしてこのしっとりおしゃれなPort~のいわば3役掛け持ちだったりします。今年はDOUBLE FAMOUSも15周年なので、正式復帰(9/27には心斎橋クアトロでもライブ決まりました)。ライジングサンやフジロックにも出演決定しています。この3役が、それぞれ全くスタンスが別で全部の美由紀ちゃんを目の当たりにすると、ほんとオモシロいんです。こんなマルチなボーカリストはやはり早々いない、ことを今日も実感。個人的にはそれぞれ「太陽」と「月」と「地球」、Port~は「月」のイメージであります。もっと世間にも届けたい、と思ってるボーカリストの一人です。誰でも共感出来る歌唱力と、洋楽、邦楽、童謡、ロック、ジャズ、ボッサetc・・・どんなジャンルでも歌いあげれるその才能は天才。働く女性の傍らにBGM以上の存在として彼女の曲が存在して欲しいと思います。秋にはPort of Notesもまた来て貰いたいと思っております。

 今日の打上げは、ここ最近見つけた心斎橋最高峰の鉄板焼き&お好み焼き屋さん。美味くて、安くて、人がイイ!やはりナニ食べても美味い、そして信じられないくらい安い。飲み物カウントしてませんからね、焼酎水割り頼むとロック4杯分くらいの焼酎に水少し入れて出てきますからね。名古屋からお越しになられて無理やり泊まらせてしまったジェイルハウスのオトナコドモさんもこの焼酎にヤられてました。

|

2008年6月11日 (水)

カエラちゃんフェス×2

 そう、そしてカエラちゃんフェス2日公演。チケットは即日完売でした。誠にありがとうございました~。

 昨日、今日2本見て「成熟」を感じました。お客さんとの距離、バンドとの距離、それまで定まってなかったかもしれない距離が確固たるものになっていた気がします。大きいのは、全てにおいてハッキリと本人の意志が感じられること。今まで意志が無かったんでなくてね、まわりのミュージシャンやスタッフと一緒に作ってきた「合作」的なものが、本人発信の「自作」になってきた気がしたのです。今回のアルバムから、普段の発言から、この日のライブの佇まいまで。それが一環していて、最初に行くべき場所に辿り着けた気がしました。かってな妄想なので、間違ってたらごめんなさい。でも、多分マチガッテない。

 だから見ていたお客さんも、彼女に安心して身を委ねることが出来た2時間だったのではないでしょうか?そして、皆さん元気貰えたんでないでしょうか?僕も元気貰えました。担当の桶洗い君は、元気貰い過ぎて終始ゴキゲン、楽しくてしょうがない模様。ライブ中、身内としては若干恥ずかしいくらいだった。

 担当アーティストが大きくなっていくのを一緒に体現させて貰うのは、この仕事の最高の幸せのひとつ。良い経験させて貰えてますね。「成熟」の次に待つのは「変化」と「持続」。こっからまた勝負です。

|

2008年6月10日 (火)

アルバイトの話

   木村カエラちゃん、フェスティバルホール2DAYS。フェスティバルホールは年内にビル自体が5年後のリニューアルに向けて改装工事に入ります。年内フェスでの現場は多分これが最後になるので、ちょっと感慨深かったり。思い出なども噛み締めながら搬入する。

 普段の運動不足がモロに響いて、仕込み終わる頃にはかなり電池切れ。このクラスのコンサート現場はアルバイトの方々に手伝って貰って成立しています。ツアースタッフが11t車数台にPA、照明、楽器、セットを全国運んでいて、朝それを出して、夜仕舞う作業を各地で手伝ってくれるアルバイトちゃんが絶対必要。それはある種、工事現場や引越し作業にも似ていて、重労働であるのも事実。だから最近は、あまり成り手がないもんだから人件費がどんどん上がっていて、僕が最初バイトした時は丸1日(AM9:00~PM23:00)働いて確か¥7000(交通費、食事代全て込み)だったのが、この20年でその金額は倍くらいに上がってる。それでも、やっぱキツイから人集めしてくれる派遣会社の人は大変(そう)だし、そんな条件でも来てくれる人は本当に有難い。しかし、久々に搬入から現場して思ったのが、みーんなあまり元気がなくて、なにより声が出ないのであります。重たいモノを運ぶので、一歩間違うと大ケガにつながるから「声」を出すのが非常に大事。普通に手ぇ挟んだり、アンプ倒したりしするので作業中目が離せないのですね。「オレここに居ます!」「オレこれやります!」という意思表示がマストになるのですが、概ね出来ない。こんな現場にかぎらず、面接とかしても全体的に意思表示出き無い人って多い気がする。アタマでは分かってるんだけどもう一歩前に出れない人。若いんだから、もっとガツガツ突っ込んで欲しいなぁと思います。20代は、迷ったら前へ出るのだぁ!

  蛇足ですが、僕がはじめてやったバイトは高校の頃だったか?甲子園の売り子。めっちゃ重た~い缶ビールの売り子。阪神VS巨人3連戦、あのバース、掛布、岡田の3連弾の時!待遇は交通費で¥500貰えて、あとは歩合制。1本¥400の缶ビールを売ると、忘れちったけど¥30だったか???・・・要は、素人が売っても全然儲からない。売るコツも分からないし、殆ど売れなかった。そして何よりも当時の甲子園はお客さんがマジメに恐くて(イカつい)、缶を空ける時にビールを散らそうものなら「ナニしとんじゃ!コラーッ!!」と黄色と黒のフラッグでおもーっきしアタマシバかれたり、阪神の攻撃中、ちょっとでも視界を妨げると「コラーーッ!どかんけぇ!!」と罵声を浴びせられる・・・いつしか、レフトスタンド(巨人側)ばかりウロウロするようになってしまった。そしてそんなことが気になって、あまりに売れないため2戦目からはビールケース下に置き、ずっと野球見てました。ビールがぬるくなると交換に行かないといけないのですが、2~3本しか売ってないのでメ~ッチャ嫌な顔をされる。3戦目は完全放棄で野球観戦、「もう来るな!」と言われ初アルバイトは終了。確か3日行って¥3000くらいだったか。

 他にも幾つかやったアルバイトは、まず「居酒屋」の皿洗い。ここで学んだのが、あまりおっきぃ声では言えませんが"船場○兆"ヨロシクの所謂偽装、使いまわし関係。お酒に入れるレモンスライスや料理に添えるパセリは原型があれば再利用(ある意味エコですね)、庄内の豊南市場で買った一個¥○十円の冷凍コロッケを「自家製手作り!」とうたっていて、大人コワサを知る。

 美味しかったのは「飛行機の機内清掃」。自給が結構良くて、おまけに楽だった。4~5時間のあいだに、数人のグループで3~4台飛行機を掃除するのですが、実働時間は半分以下で飛行機を待つあいだ休憩室でタバコ吸いながら野球見たり、将棋したり。このバイトはオイシかったと同時に、僕らみたいな末端に高額賃金払ってるということが「高額運賃」につながっていて、逆に言うと無駄を省けば消費者には安く還元出切る世の条理を知る。

 一番キツかったのは車工場のベルト(流れ作業)。これは信じられないくらいキツかった。つかされたのは発砲スチロールの椅子にシートを延々かぶせていく作業。午前、午後4時間づつ無言で歯車の一部になるのです。単調な作業の繰り返しがこんなに辛いとは思わなかった・・・その分日給も当然良かったけれど、、、3日やってオシマイ。根性無しでした。こんなお仕事も世間にはあることを知る、いや意外に多いかもしんない。頭下がります。

 などなど、アルバイトってゆくゆく役に立つこと多いです。甲子園の売り子も、要はコンサートの警備とコツは同じで「お客さんのを幅広く見る」「(試合の)空気を感じる」だったり・・・。色々置き換えることが出きるのも事実。また、そのあとライブハウスでバイトしたのですが、そんな将来にリンクするのもイイと思います。

 しかし振り返ると、自分は積極性も持続性も無かったのではないか?実際、甲子園では売り子で声も出せて無かったってことだしね。エラそなこと言ってますがオマエが出来てないじゃないか!

 コンサートのアルバイトも絶対勉強になります。社会出てからなんらか役にたつと思います。随時募集してますからね、音楽好きで興味ある方は是非やってみてください。

 あれ、カエラちゃんの話しがアルバイトの話しになっちまいました。続きは明日。

 

|

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »