« 2008年4月20日 - 2008年4月26日 | トップページ | 2008年5月4日 - 2008年5月10日 »

2008年5月 3日 (土)

GOING KOBEに行く

 神戸にGOING KOBEを見に行く。こりはスタークラブの松原君という愛すべき“アホ”な子が2005年にはじめた日本最大の無料ロックフェス。http://www.starclub.jp/goingkobe08/

 “被災地から全国に向かって恩返し”、“神戸から元気を発信”、“見せてやる被災地の魂”、過去のキャッチ~を見てるだけで被災地の端くれにいた僕も泣ける。そしてこのイベントはチャリティなのでお金の為ではなく全くの慈善事業なのです。慈善事業なのに、これだけ命削ってやってるのが信じられないのです。毎年のHPを見てるだけで胸が熱くなってくる。

 数年前のこと、手垢にまみれた僕はスタクラの事務所で松原君にこんな質問をしてしまった。「松原くーん、これ協賛集めってさぁ、代理店さんどこにお願いしてるの~?」「???・・・いえ、代理店さんにはお願いせずに自分で全部まわってますが・・・なにか???」

 普通、協賛探しなんてことは、イベントの企画・制作が多忙過ぎて代理店さんにお願いしたりするのが僕らの既成概念。そんなことを踏まえ、キャスティング、会場との折衝、予算組み、宣伝、運営、etcetc・・・・普段のライブハウス業務をやりながら全て松原君筆頭に精鋭少数スタッフだけでやっていたのですね。これは目からウロコでした。なんだ、そりゃ~・・・そんな人、そんな集団全国探しても神戸にしかいない。志しはあっても、この規模でやれる人は松原君しかいない。言い方悪いですが、一介のライブハウスの店長がやるには、限界を超えまくってる、なんて言い方はまだモノ足りない、信じられない、奇跡的なイベントなのです。それ以来、松原君は「ぶっとんだ愛すべき“アホ”」から「信じられないことをやってのける尊敬すべき“アホ”」に変わったのでした。

 朝起きて、電車で神戸に向かう。お昼前に着いた。もぅ既にすんごい人人人。無料とはいえこれは凄い。とりあえず、フラカンのメンバーを探すが歩きまわってるうちにフラカンのライブの時間になった。ワールド記念ホールだ。関西初アリーナだ。新曲“この胸の中だけ”は中年にはこたえる、“深夜高速”で会場をグッと掴む、“盆踊り”アリーナをトランスに陥れる。5曲でちょい短かったけれど、無料イベントだかんね、これくらいで良かったかもしれない。その後、物販ブースに行き手伝ってたら行列が出来て途切れない。。。。無料イベントだからか、物販が良く売れる。やらしいお話し、バンドもノーギャラなのでこのお金が経費にあてられて何とかやって来れる。お客さんも趣旨を理解して貰ってるのか、嬉しい光景だった。しかし、あまりに物販が終わんないので、他のライブが殆ど見れなかった。ある意味ボランティアスタッフで終わってしまった。。。

 途中、ちょっと顔を見た松原君はマチガイ無く“日本で一番寝てない顔”をしながら携帯で電話して誰かに謝りまくっていた。電話終わってから、アホなこと言って労いつつ、あんまり構うと気ぃ使いなので無駄な時間を費やしてしまうから、早々に消える。でもイイ顔してた。男として羨ましいというか、嫉妬というか、負けたというか。。。いや違う、ますます尊敬した。

 結局最後のガガガSPを楽しみにしていたのに、フラカン物販の検品終わってワールドのメインステージに着いたら丁度ライブが終わっていた。盛大で最高な打上げもあったらしいけど、どの面下げて行く資格が僕には無かったので電車に乗込む。晴れて良かった、成功して良かった。神様は松原君はじめ、たくさんの関わった人に味方してくれたみたい。お疲れさんでした。来年も是非!関西人の誇りですこのイベント。

 

 

|

2008年5月 2日 (金)

おとぎ話とははきまとアナタ

   おとぎ話“ハローグッバイEP”レコ発 (しかし、今時何故“レコード発売記念ライブ”~レコ発~と言ってしまうんだろ)ライブ、シャングリラの巻。祝って頂けるのは、京都から“ははのきまぐれ”、大阪から“ANATAKIKOU”の2組と超満員のお客さん。うわ~、初めてのレコ発にしてなんと幸せな光景。

 ははきまちゃんは、恥ずかしながら初めてライブを見せて頂く。ありゃ、予想通り、若しくは予想以上にルーツロック。どんだけ耳年増やねん!っちゅうくらいルーツロックなグルーブがびんびん。ムッシュさんや、トモさんがお気に入りになる理由が良く分かります。ビジュアルも正に“昭和”、どんな育ちをしたのか非常に気になります。おっちゃん(僕)的にはGOOD!でした。曽我部君バンドに非常に近い。

 大阪ではっぴぃえんどに一番近いバンド、アナタキコウの時は正直お客さんがいっぱい過ぎて良く見れなくてロビーで音の出ないモニターかじりつき・・・・むむむ、松浦君の爆笑MCが聞こえ・・・いやいや珠玉のメロディが聞こえんかったです。申し訳なかとです。

 そして日本の20代でビートルズに一番近いバンド、おとぎ話。新譜の帯のキャッチがとても大好き。

~ビートルズ+ストーンズ+ニールヤング+キンクス+コステロ+ペイヴメント+ザバンド+オアシス+ユニコーン+ゆらゆら+銀杏+サニーデイ+ラモーンズ+クラッシュ+ACDC+ツェッペリン÷練習=おとぎ話~

 わかり易い・・・実にスタンダードなロックバンドなのです。見た目はビジュアル系ですが(笑)しかし、これもかなり耳年増ですな。。。30代後半~40代の耳であります。でも、そこがステキで20代のバンドがこんな音を出してくれるとロックが継承されてる感がして、とても嬉しくなるのです。

 NIGHTSWIMMING、SMILE、ハローグッバイ・・・良い曲ホント多い。そして声とギターのまざわり具合ががとても気持ちE。

 打上げは、3バンド+おとぎボーカルの有馬君おとん、おかんも交え・・・てか、何故か乾杯の音頭はおとんが。。。この両親、、、凄い、何かがおかしい!「この親にしてこの子アリ」とは正にこのこと。宣伝に“使おう”・・・いえいえ、そんな横柄な、宣伝に“協力”して貰おう、うっしっし、お楽しみに。

 次のおとぎ話は6月3日(火)シャングリラ「想う壺音泉!」となっております。DJ土井ちゃんと音泉のコラボイベントであります。アナログフィッシュとルーツロック対決!アナと若さ対決!ゴングは当日18:45に鳴ります!集合よろしくお願いします。

|

2008年4月30日 (水)

ロックバンド日本代表

  民生さんのツアーファイナル東京はJCBホールに行く。このホール、ドームのそばに出来た新しいホールで、なんと半分スタンディング、半分は椅子席の3000人ほど収容出来る、関西には無いナントも羨ましい作り。あれ、ロック高齢化に従い、お客さんもスタンディングで3時間とかキツイですよね?なんたって、僕はキツイです。腰がたまりません。だから、座ってじっくり見たい、聴きたい人は椅子で、立ってノリたい人はビール片手にスタンディングで。これが半々の比率で成り立ってるホールは個人的に理想でありました。。。マジ羨ましい。

 開演前に楽屋を除くと、スタッフの皆さんは終演後の打合せ、メンバーの皆さんはリラックス模様。居場所が無いので、ロビーにタバコを吸いに行くとdetroit7の皆さんとニコチン仲間に。なんかイタリアでライブやって帰ってきたばっかりらしい。へぇーっ、へぇーっ、イタリーって珍しい。彼女らはどっちかと言うと、米国な音なのですが、結構ウケたらしいです。日本よりも外国ウケしそうなのでもっと行ければ良いですね。しかし、ナバナちゃんはカワイー顔してステージ上ではなんであんなに変わるんだろ。ほんとバンドマンってオソロシ・・・いやオモシロイ。

 ライブが始まる。関西公演は2ヶ月前だった。このバンドになって3ツアー目。生意気言わせて頂くなら、若手バンドは3回目のツアーで一定の成熟を迎える。決して“若手”では無いのっすが、この民生さんニューバンド(G&Vo/奥田さん、B/元サディスティックミカバンド小原さん,Dr/元DEAD END湊さん、Key/イケメン勇太さん)も成熟・・・というよりはこのクラスの皆さんの成熟は恐ろしい。なんか、外タレのコンサートに行ったら音が圧倒的に違うアノ感じ?戦争に勝った肉食独特のアノ日本人が絶対適わないとコンプレックス半分思ってしまうアノ負けた感じ!あの音が、今の民生さんバンドからは鳴ってるのです!それは、2ヶ月前でエライことになってたのですが、この最終日オープニングのギターの音がもうヤバい!そっからバンドがのかってきたらもう・・・今から戦争になったら日本は負けない感じ。日本代表ですわ、これ。

 自他共に認める最高傑作のアルバムを出し、そのツアーで同じく最高のライブバンドの音を手に入れてしまったのでした。ここまで民生さんは20年かかった。(ちなみにもうすぐ43歳・・・には、見えねぇ~すっ!)これから20年が旬です、マチガイ無いです。

 打ち上げに参加させて頂く。民生さんの最終日打ち上げで毎回、皆で景品を持ち寄って所謂ビンゴ的な(実際はビンゴじゃない)ことをしてスタッフを労うのが恒例になっている。毎回、実はこれにめちゃくちゃ悩む。ちなみに過去出したのは、「宝くじ○万円分」「やすきよ漫才全集」「たこ焼き道具一式(のれん付、BUYなんば道具屋筋)」「リモワのスーツケース」「旅行券」「カーナビ」などなど・・・もはや出し尽くしてしまった感もあり、シャレで通せる年代でも無くなってき~の、しかし欲しいものが無い大人な世代でもアリ~の・・・。結局i-podやゲーム関係は毎回かぶるので、奥様ウケする品として「電動自転車」に決めた。そしたら、夢番地さん賞とかぶってしまってたので、しょーがないので「マウンテンバイク」に決める。これは誰が貰ってもヤじゃないかと思い、買う前に目録で提出。実際、自転車好きの方にあたって一件落着。

 大阪に帰って、自転車屋に行き意外にお目当ての品が高額なのに引いてしまう・・・しかし、こんなエコくて健康に良いことは無いので、自分も1台買おうか、どーしよーか・・・悩み中。

 

|

« 2008年4月20日 - 2008年4月26日 | トップページ | 2008年5月4日 - 2008年5月10日 »