« 想う壺音泉其の一 | トップページ | 凛として7188 »

2008年6月 4日 (水)

想う壺音泉其の二

 昼過ぎに会場に行く。足にオモリがつながれてるかの如く、体がおんもい。早速お客さんに配る用のアメちゃんと、楽屋弁当を買いに行く。シャングリラ前のお弁当屋さんは、お昼のピークを過ぎるとどんどん値下がりして、2日間観察してたらとても面白かった。¥500だったのが、最終値はなんと¥250(ご飯、インスタント味噌汁付き)!最近、ちょっと外でお昼ご飯食べても¥700~¥800しますよね?結構デカイ出費で、街角の手作りお弁当屋さんはこの不況にはかなり理に適っていると思う。

 今日は、昨日と変わってしっとり目な組み合わせ。司会は土井ちゃんと、今日はVTRでビークルのヒダカさんが各アーティストの演奏前に紹介してくれる。これは、土井ちゃんのスペシャの番組にゲスト出演する時のあいまにお願いしたのですが、超ご多忙の中ホント有難うございました。あやのちゃんとはコラボしてはりますし、潮音ちゃんのことは気に入ってると風の噂で聞いてたのですが、sleepy.abも流石ヒダカさん、お見知りおき頂いてました。

 そんなヒダカさんの「はっきり言いましょう!(女性として)好きです!!!」という、も~の凄いやり難いであろう 前フリで湯川潮音ちゃん登場。普通、こんなフリされたらヒヨリますわなぁ~。しかし、全く動じないのがこの人がオトコ前な所以。若手オトコバンドの皆様、是非彼女の肝の座り方見習ってください。3月のツアーでも少し聴けましたが、今日は全編弾き語り。潮音ちゃんは、今まで自信が無かったのか?弾き語りはやってこなかったけれど、このスタイルだと声の素晴らしさがとても良く伝わります。エンケンさんから頂いたという(これも凄い話しだなぁ)ハーモニカも披露してくれました。まもなくアルバムも出ますし、今後はバンドでも、一人でもアグレッシブに活動してくれそうな予感であります。

 2組目は僕もバンドでは久々に見るsleepy.ab。フロム北海道なので、そんなコンスタントにライブ見れないので結構貴重。ユルさの中に、強い意志があってあらためて良かったと思った。今日の3組の共通点はやはり「声」。ボーカル成山君の声は、やっぱなにかある。関係無いが、昨日のおとぎ話よりも、彼らの方が年上なのは笑えた。ビジュアルと年齢が真逆。アーティストは年齢不詳な人が多いけれど、この2組の差は続けて見ると際立っていた。

 そして、今日の抽選会はその年齢不詳、おとぎ話の有馬君がお手紙と写真でやってくれる。これ、実は先週フラカンがBIG CATでイベント出た時に、打上げ会場でグレートと圭介君に貰おうと思ったのですが・・・この日記にも書いたとおり、怒髪天、バックホーンにクアトロワンマンのピーズの皆様も合流して酒池肉林のあげく、結局うるさ過ぎて収録できんかったのです。そこで有馬君に泣きを入れて前日にお手紙を書いてもらうことに。スライド形式でお手紙を読んで抽選会。途中、彼が「これだけは写して欲しいっす!」という携帯の壁紙にもしていたくるり・岸田君との2ショットもしょーがなく入れる。単に自慢したかったのね、発想はカワイーが、写真は岸田君とキモい人が写ってました。

 最後は、ウクレレ弾き語りであやのちゃん。ヒダカさんとの正に奇跡のコラボ「ありえないくらい奇跡」、フィッシュマンズの「頼りない天使」など・・・やはりこのスタイルでこの説得力はスゴイ。「もうこれ以上は無いなぁ・・・」と思っていた、フィッシュマンズ・トリビュート、またあやのちゃん他、次の世代の皆さんで出来たらイイなぁ・・・と聴きながら思った。

 アンコールは無かったけど、最後はスペシャルセッション「つじあやの」+「土井コマキ」+「お客さん」で、「なんとなくなんとなく」という曲を歌う。恐縮しまくっていた土井ちゃんは、歌うというよりは盛り上げ役。あやのちゃんと土井ちゃんは、同じメガネで関西人で年も同じで共通点が多くて普通に友達なのが良く分かった。二人の距離感がお客さんにも分かって、それは普段とちょっと違う空気になって、必然的に普段見れないライブになる。ラジオのゲストなどでは、その距離感の「近い」「遠い」が面白くなる要素であるのは良く分かっていたけれど、イベントでもそうなんであることが、今日あからさまに初めて分かった。主催者とアーティストの関係が、いつもと違う側面をお客さんに見て貰える要因になるんですね。自分らでやってる時は気づかなかった、、、2日間アーティストの皆さんの「土井愛」を感じれて、ライブもいつもとは違う感じで、スペシャルな2日間になった。それが個人的には、今回の一番の発見。でも、ちょっと油断するとお客さんが見たくない側面も見せてしまうことになるかもしれない。それだけ気をつければ、きっとチケット買ってくれた人には嬉しい誤算になるはず。もちろん、この2日間は嬉しい誤算の連続だった。

 打上げは昨日と同じ僕らが大好きな梅田の居酒屋。昨日よりもだいぶ1次会は長くなった。イベントで打上げが長くなる時は、楽しかった証拠。そしてそんな打上げのあとは「来年も是非やろ~」と思ってしまうのです。

 ドイちゃんが詳細にレポート書いてくれてます。僕なんかのより、こっちがイっす→http://www.doikomaki.com/diary/2008/06/post_163.html

 

|

« 想う壺音泉其の一 | トップページ | 凛として7188 »