« マグロックフェスに行く | トップページ | プリングミン »

2008年5月 8日 (木)

車は男のロマンなのかも

   フラカン磔磔。一週間で3回フラカンのライブを見る。。正直飽きた、うそ(笑)。GOING KOBEでアリーナ、マグロックで野外、そして磔磔。グレートもMCで謙遜しながら「磔磔みたいなとこでイイライブが出来んかったらデカイとこでイイライブできんからね(お客さん盛大な拍手)・・・俺らのことじゃないよ!」だと。確かにそーだ。僕らも常日頃、ファンダンゴや磔磔でイイライブが出来るバンドには信頼がおける。フラカンのこの一週間はアリーナも野外も磔磔も、それぞれがそれぞれにイイライブだった。

 終演後物販を手伝う。一週間で3回手伝う。かなり飽きた(笑)、いや、かなり手馴れた。物販はバンドを救う。だからメンバーが自分で売る。お客さん一人一人丁寧に売ってる。これ自体はとても大事なことだと思う。しかし、個人的には圭介君ののどがちょっと心配。喋るとそれなりに声は消耗される。決して喉が強いタイプでは無いので、あまり喋らない方がいいとは思いながら、、、難しいねこれ。

 そいえば、フラカン号(楽器車)が新しくなった。楽器車はひょっとするとバンドマンにとって、体と手持ち楽器の次に大事かもしれない。ドラムやアンプは最悪ライブハウスの借りればすむし、彼らのようなライブでなりわってるバンドにとって、荷物と人を運ぶ車はとても生命線。

 ちょっと前に、自分も10年近く乗った車を変えた。15万キロ走って、(奈良から7年間通ったら、こんなに走ってしまった)次の車検に何十万とかかることになったので、とてつもない愛着があった車を手放した。ディーラーの人が新しい車を持ってきてくれて、それまで乗ってた車(ワーゲン・パサート君)に乗って帰って行くとき、数々の思い出が走馬灯のように思い出されて急に涙腺がヤバくなった。やったことないけど、なんか子供を嫁にやるよーな気持ちって言うの???

 フラカン号も遂にガタがきたらしい。彼らの名曲「深夜高速」を生んだ楽器車を見送る時、メンバーはどんな気持ちだったんだろーか?僕の車もフラカン号も、チューンアップしてどっかで誰かがまた乗っててくれてると嬉しい。そしてフラカンの新しい楽器車でまた名曲が生まれますように。

|

« マグロックフェスに行く | トップページ | プリングミン »