« 奥田斉藤800 | トップページ | OTODAMAやりま~す »

2008年5月24日 (土)

ミドリ初ワンマン

   表題(於)十三ファンダンゴ。

 ちなみにファンダンゴを今更辞書で調べると「愚行」という意味だそです。う~ん、正にその名に恥じないスタッフを擁してます。どれくらい、恥じないかはファンダンゴに置いてあるマンスリーライブスケジュールチラシの裏面に、鶴イチ隊長が執筆されている最高のコラムがあるので、行った時には是非読んで頂きたく。この何事もない日常をカオスに落とし入れる(酔っぱらってるだけ、とも言う)この奇跡のコラムを単行本化することが、僕の将来の夢。

 ミドリが初ワンマン。もちろん完売。ステージが低いため後ろの、特に女の子が見えなくなることに前回のファンダンゴライブ終わりで後藤さんが気づいて「女の子席」を発案してくれた。平台(舞台で使う木製の台のこと)を借りてきて、一部そんなスペースを作ってみる。前のお客さんがしんどいのでバリケードも入れてみる。ファンダンゴがいいのか悪いのかビルドアップした。いや、ちょっと良かったんではないかしら。。。

 ミドリ初ワンマンは、期待以上だった。ほぼMC無し、パフォーマンスも控えめ(いつもよりは)、演奏勝負のガチンコライブだった気がする。「色モノ」的な誤解を受けることも多々あるので、今日みたいなライブが個人的には理想のミドリの形でもあった。勝手な妄想でごめんですが、このままいくと後藤さんがセーラー服脱ぐ日も近いかもしれない。ミドリは「ちょっと大人」になっていた。若い女の子も増えてきて「女の子席」も少し役にたっていた。

 この日は、ミドリの前作「清水」のジャケットになったソニーの清水さんが(僕と下の名前も同姓同名)わざわざ大阪まで見に来て頂けた。昭和の匂いがするROCKが多分僕も清水さんも好きで、ミドリの大阪初ワンマンを十三で一緒に見れたことがとても嬉しかった。

 ミドリは次、7月2日にキングブラザーズと磔磔です。コレも更に昭和な香り。

 

|

« 奥田斉藤800 | トップページ | OTODAMAやりま~す »