« 結婚パーティー | トップページ | 浜田真理子的ライブ@心斎橋クアトロ »

2008年4月15日 (火)

三たび筋少ワンマン

  復活からはや1年。戻って参られました筋肉少女帯、超満員のBIG CAT。ウリキレアザーッス!ライブ見るの楽しみにしてたら、受付任された(というか自発的にやった)ので、関係の方々が全員来られるまで中に入れない。

 まだかなぁ・・・まだかなぁ・・・・、待つこと1時間強、最後の来賓の方がいらしゃった後、客席に入ったらもう本編ラス前3曲じゃないかー!!!なんで、こんな割のあわん仕事をしてしまってるのだ!

 この仕事始めた時は、「タダでライブ見れて、こんな最高の仕事は無い!」と、思っていたものが、いざ始めるとこんなことって結構ある。そりゃお客さん第一なので、楽しんでるばかりでは怒らりますが・・・、出来るだけ当日の先々の仕事は済ませて、本番中は見たいものなのであります。

 最後だけでも筋少は壮絶だった。デビュー20周年。“昭和のプロレス”ならぬ、“昭和のROCK”の風が吹きまくっている!これでもか、というエンタテイメント。しかし笑えるばかりではなく演奏はメチャクチャ上手い!

 そうそう、昭和のロックは所謂コミックバンドもビジュアル系も、エンタテイメントに突出したバンドも、みーーーんな演奏がしっかりしていた。じゃなきゃホントに舐められてしまう。演奏が凄いから、その上でオモシロいことがはじめて許された時代。筋少はその代表であり、現役一線で活動している数少ないバンドなのです・・・尊敬、驚き、サムイボ。

 デビュー20周年で、なんとこれまた昭和のニオイが充満する「武道館」公演が決まる。9月21日だそーな。行きたい・・・、うちの“桶洗い”質に入れてでも行きたい。

|

« 結婚パーティー | トップページ | 浜田真理子的ライブ@心斎橋クアトロ »