« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »

2007年2月24日 (土)

さむっ!

 今日は久々に寒い。っていうか、2月こんなに普通に寒いのは初めてじゃないかな?生きててこんなに暖かい冬も初めて。地方にライブ行った人に聞いても雪が圧倒的に少ないらしい。巷で言われてるけど温暖化が激しい。寒がりで冷え性で肩こりの僕にはある意味助かるけど、そんなミクロなことで嬉しがってはいられない。「こうしてはいられない」(byスネオヘアー)と思いながら、なすスベが思いつかない。車で仕事行くの辞めたり、暖房下げたり、あとは息すんのも少なめにしたらCO2削減になるかな・・・と最後はアホなことしか考えが行き付かない。

 便利と引き換えに色んなモノを無くすと予言した人がいた。それは心の病かと思ってたら、こんな現実的なことで、こんなに早く、生きてるあいだにふっかかってきた。まだ、僕らが生きてる間は何とかなるかもしれない。次の世代がホント可愛そうだ。生まれたくて生まれたわけじゃないにしても、生まれるべくして生まれたはずなのにね。なんも悪いことしてないのにね。どうしうようも無い問題を抱えなければいけない。どうすりゃいいんかな?

|

2007年2月23日 (金)

バインは何色?

 フジファブリックさんが主催するクラブアカネイロにGRAPEVINEちゃんが出るのでお邪魔する。2月は主催ライブが少なくて、昼間打合せしたり宣伝活動したりして夜ライブに“お邪魔”することが多い。このペースでいくと間違いなく潰れる・・・大丈夫か音泉?「そんなことは年度末に考えよう」と、思ったら3月なのでもう考えなきゃいけない。あぁ、あたまがイタくなってきた。

 頭痛を抱えて満員のなんばHatchへ。いいなぁ・・・満員。この世の言葉で「満員」とか「売り切れ」とかって単語かなり好き。

 フジとPERIDOTSとバインの3組。バインは一発目だった。年功逆列。こんな出演順もステキかも。今度出るバインのニューアルバムは過去最高に思ってたら、ライブもかなり良かった。デビュー10年、色々あったけど今一番良い状態なのかもしれない。繊細さとやんちゃなとこと、エッジとマルさと、10年で色んな相反するものを手に入れていた。新曲が多い中「なつかシングルです」と、ベタなシャレ(この辺は大阪のアマチュア時代となんも変わらんね!)で始まった「君を待つあいだ」は、10年の年季を感じさせる演奏で軽く涙モノ。彼らは耳年齢が+10才はいってるので老けて見られがちだけどまだ30前半。だけど良い年のとり方してると思います。正しきおっさんバンドに向かって応援したいと思います。

 次はPERIDOTS。12月以来ライブを見た。実は、PERIDOTSは1年半ほどご一緒してたのですがちょっと距離を置くことになった。別に変なしがらみ的なことは無くて(あったらこんなとこで書けないっす)、なんかそんなタイミングになってしまった。タイミングの合う、合わないってあるのです。大好きなアーティストの一人なので心中凄く残念だけど、これからもリスナーなのかなんなのか解らないけど、応援したい気持ちは変わり無いのでした。そんな想いでライブを見てたら、(またそのライブが良かったので)胸が詰まった。なんだろこの感覚?例えるなら、「もの凄く好きな女の子と付き合って」、「好きなのになんらかの理由で別れてしまって」、「偶然街中で見かけたら更に良い女になってて」、「ア”---ッ・・・」(正確な日本語が見つからない風)みたいな。アーティストと僕らの関係ってそんな意味では異性との関係に似ている。色々、お付き合いする僕らは実は浮気症なのか・・・。惚れっぽいのは確かかもしれない。

 最後、久々に見たファブリークさんは、ドラムがキドファブリックになっていた。城戸君のドラム結構好き。全体の演奏は「引き出し」がメチャクチャ多いのにまとまってるのが凄いバンド。やってることも他にこんなバンド居ないんじゃないだろか?キーボードとギターの兼ね合いがかなりキてる。

 そういえばファブリークさんも、うちの男湯ちゃんがインディーズの頃はお手伝いさせて頂いてた。それもタイミングが悪くて、ちょっとやれなくなった。別に変な意味は無くてその逆もあるしね。別にバンドとわだかまりは無いので変な詮索は無用です。

 だから、笑い話し程度に超個人的なこと言わせて貰うと今日は僕から見ると「失恋イベント」。。。好きなバンドばかりで良い組み合わせだった。楽しかった。コレ自分でやりたかったかも。失礼ながら、打上げにもお邪魔したら帰る時に主催の夢番地さん人の座るとこが無くなってたことに気付く・・・ホンマにお邪魔しました。

|

2007年2月22日 (木)

コーベミドリ

  数日前にミドリの春に出るアルバムを聴かせて頂いた。メチャクチャ激しくも上手い演奏がとてもよく解る内容。高速メロディック鍵盤が前面で聞こえて、ミドリと言えばその強烈なパフォーマンスで語られがちですが、音楽的にも説得力ある一枚です。殺傷能力抜群の極端な言葉達も、じっくり聞くとその裏にある優しさが垣間見えて・・・まだ2月ですが今んとこ‘07個人的ベストアルバム。これお薦めっす。

 んでもってスタークラブにライブ観戦。今日で5回目になりますが毎回感じ方が違って、もう中毒状態なのです。ミドリ中毒。「あんたは誰や」という曲があって。「あんたは誰や!あんたは誰や!あたしを惑わすあんたは誰や!」と延々連呼するのです(一聴すると夢ん中まで出てきます!)。今までその「あんた」が「僕のこと」にしか聞こえなかったのですが、今日の「あんた」はこのライブ会場に居る僕でもお客さんでも誰でも無い気がして。そいえば、ロックバンドがライブで歌う「最悪なお前」は、そのライブ会場にはえてして居なかったりするのが常だ。今まで、この曲を聴くたびに心で「懺悔」してた僕が居たのに、今日は会場の外めがけて歌われてる気がした。ミドリライブで初めて「殺される」感じがしなかった。それもあってか最後に「あんたらのこと愛してる」と言って始まったラブソング“POP”は過去最高に感動的だったのでした。

 一緒に見に行ったいつもは辛口の“ケーオージーエー”さんもいたく良かったみたい。ジャガタラ・江戸アケミさんを引き合いに褒めてくれたのが自分のことのよに嬉しかったのであります。

 まんま帰るのも物足りなく。も少し話したくなって、同じく見に来ていた橋川ウィンターさんと3人で“ひょうたん”で餃子を食べる。神戸では有名な餃子屋さん。久々に食べたらやっぱ激美味しくて、ライブの話しもすることはしたのですが神戸のグルメ話し中心になってしまった。まぁ、それはそれで。

 次見れるのは来月か。。。しばらく中毒症状は続きそうです。

 

 

|

2007年2月19日 (月)

プロモヘアー

 スネオ君がプロモーションで来阪。明けましてスネオ君。

 FM802で“弾き語りヘアー”。良い声してる。良いメロしてる。好きなとこ色々あるけど僕はメロディメーカーとしてのスネオ君が特に好き。毎度毎度、なんでこんな良いメロ作れるんだろぉ、と感心させられる。あと曲がった性格も結構好き。

 タワー梅田から、fmosakaサテスタで“トークヘアー”。曲がったトークにDJのアサちゃんが絡みづらそう。その具合がまた面白い。「爆笑」も良いけど、「失笑」させるテクニックでは右に出るものいないんじゃないかなぁ。曲がった性格から、曲がって無い曲が出てくる危ういアンバランスさがやっぱり面白い。

 スネオ君も35才。大きくなったなぁ・・・って、僕とあまり変わらないのに今更とまどう。遅咲きだからもうそんな年。年は関係無いから、まだそんな年。怯えてたり、純粋だったり、自信満々だったりするスネオ君の目は年を感じさせない。不安定なことはハラハラするけど、スネオ君は不安定なところが魅力かもしれない。「珠玉のメロディーを書ける」+「α」の、「α」に魅かれるのでした。

 

|

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »