« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »

2007年2月 3日 (土)

the ARROWS

 心斎橋クアトロでジ・アロウズ。ミラーボールもふんだんに。踊れるのは相変わらずながら。何かが変わってた。演奏も出音も歌も、全てがワンランクアップしてる気がした。いや、実際明らかにしていた。なんなんだろ?

 バンドは多分、何回か変わり目がやってくる。アマチュアからプロになった時。演奏でそのバンドしか出せないグルーブが備わった時。天から何かが降ってきて普遍的な曲が完成した時。ある日100万枚売れて信じられない印税が入ってきてとち狂ってしまう時。(これは違う意味で「変わり目」)etcetc・・・

 アロウズがデビューして初めての変わり目を見れた気がします。どこにでも討って出れるライブを手に入れた日。

 「アロウズのライブを見たら家に帰っても腰が動いてしまって、少子化に貢献出来る・・・云々」との失笑MCには笑えた。でもこれイイんじゃない?アロウズがツアーしたら、その10ヶ月後には、まわった土地の出生率が上がる!リオのカーニバルやだんじり祭りにも通じる、人間の真理!これサイコーだと思います。「日本少子化対策ツアー」ってタイトル!次回はこれでお願いします。日本の問題に取り組む社会派バンドthe ARROWS!どうぞヨロシク!

 

| | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

超絶ギタリスト“沖仁”君

   超絶フラメンコ・ギタリストの沖君のライブがシャングリラであった。初めて見たけど、噂通りものごっつい腕前。1ストローク(ダウン~アップ)してるよに見えて「ダウン~ダウン~アップ」みたいな・・・視覚と聴覚が一致しなくて、なんかトランスしてる感覚も覚えた。お子さんを授かってからの春~夏~秋~冬をそれぞれ曲にした(この日は秋)ものや、お婆ちゃんの思いを曲にしたものやインストなれど、喜怒哀楽がちゃんと伝わって、想像力もかきたてられました。

 歌が無いってのは難しいですけど、違う見方が出来て面白いのです。ライブ終了後、押尾コータローさんのラジオ番組にゲストに出て「超絶同士」でセッションしたそうです。これは、かなりヤバかった模様。僕は残務があったので会場に残り、この日のイベントのトリ“クリーム・チーズ・オブ・ザ・サン”のライブとかを見る。

 久々に見たクリームチーズ・・・は、底抜けにハッピーなバンドになっていた。「幸せな場所」に連れていってくれるのだけど、その誘い方が強引。満面の笑みで首根っこつかんで無理やり連れていく感じ。こんな持って行き方するバンドも珍しい。幸せの押し売り。全然、嫌いじゃ無いっス!

 今日のイベントは面白かった。沖君を組んでくれたシャングリラの友達が居ないシングルマンさん、どーもありがとぉ。なんなら友達になってあげてもいいっすよ。

|

« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »