« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »

2007年10月19日 (金)

湯川潮音ちゃんとmother

  心斎橋は“degmeout ART&DINNER”で、潮音ちゃんと「mother」という、本人も愛用している新鋭ガーリーブランドとのコラボライブ。

 「ガーリー」なのである。僕のような38歳のおっちゃんには、おおよそ遠いと思われるブランドなのでR。

 こういった洋服と音楽はそもそも非常にリンクしている。ファッションの主張は当然アーティストのキャラクターを物語ってくるわけで。どのような類のアーティストでも着ている服は自己表現のひとつなのでR。スタイリッシュだったり、だぼだぼだったり、Tシャツだったり、スーツだったり、手作りだったり、豹柄だったり、裸にオーバーオールだったりetc・・・。常にアーティストのファッションと音楽はリンクしている。ファッションを見れば、やっている音楽もほぼ見えてくると言ってもいいんじゃ無いでしょうか。

 自分の着るものはさほど興味無いのですが、そういった点でアーティストのファッションは興味深い、というかとても見ていて楽しい。

 そこで「ガーリー」なのでR。潮音ちゃんの歌はとても好きでR。しかし「ガーリー」という、いかにも女性的なファッションはいささか僕には眩しい。

 そんな女性コンプレックスを感じながら、打上げでお会いした“mother”の皆さんは潮音ちゃん同様かなり男前キャラで、少し安心したのでした。しかし、最近の一線で働く女性はドSで男前揃いでもある。世間で男が肩身が狭いのもうなずけるのでした。

 

|

2007年10月17日 (水)

木村カエラちゃん(Zepp)

 OTODAMA以来のカエラちゃんのライブ。

ステージ衣装が豹柄(ジブラカラー)のパンツだった。「大阪にあわせてみました~」ということでしたが・・・あのね、マジメに豹柄着てるのは、ごく一部の類稀なセンスをお持ちのオバチャン達であって、我々アベレージ大阪人はそんなに豹好きでは無いのですよん。しかし何着ても似合うのは、元が良いからですなぁ。

 ライブを見ながら、最近どこかでこのバンド感じ体感したなぁ・・・と思った。バックバンドの各々が、バンド経験者で個性的。バックバンドに徹しない姿勢と言うか、それぞれが前に出て“バンド”の存在感を出している。そして、ボーカルがそのグルーブとぶつかったり、越えようとしたりして切磋琢磨している。そうだ。YUKIちゃんバンドの生業に似ている。

 打上げで、もつ鍋食べながらその話をしたら、結構当たっていた。ソロアーティストにありがちな「ボーカルをたてまくる演奏」では無い形。これは正にロックなのだぁ、と僕は思います。

|

2007年10月15日 (月)

オノレ!ええ加減にさら・・・します(謝)

   ゴロゴロし過ぎた(汗)・・・。

ぶっちゃけ今日は11月の26日。

いや、実際この1ヶ月半はゴロゴロしていないが。

またしても1月弱「放置」しておりました。

 今週はライブがあまり無いので、挽回してみよう。

それで追いつかなかったらズルするか、どうするかはそん時に考えよう。

|

2007年10月14日 (日)

更に、久々の2連休!

 更にゴロゴロした

|

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »