« 2007年9月23日 - 2007年9月29日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »

2007年10月 6日 (土)

YUKIちゃん大阪城その③

 そしてやってきました本番初日。

 オープニングは舞台前に吊られた幕に映像の演出。映像のドアが開くと幕が振り落とされセンターにYUKIちゃん登場。「長い夢」から「the end of shite」まで立て続け3曲。the endは日暮愛葉姉さんによるソロデビュー曲でおいどんはごっつ好きですたい。メチャROCKですたい。

 最初のMCで「今日も“上手く”歌うよりも、“心をこめて”最後まで歌いたいと思います」。ここ数年彼女はいつもステージでこう言ってる気がします。素直でシンプルで、この言葉非常に好き。

 しかし頭からバンドの演奏が凄い。2年ぶりとは思えないこのバンド。奇才ギタリストー松江潤君(SPOOZYS他色々やってはります→http://www.guitarbose.com/)中心に、ドラムは松下敦君(ZAZENBOYS)、ベースは木下さん(PUFFY等)、キーボード皆川君(数少ないロックキーボーディスト、色々やってます)、DJ&マニュピレートにYOHEY君(元吉本興業で芸人さんを目指し何故か今ココに居る、笑いもプレイの最高の大阪人)の5人。それぞれに自分のバンドを経て濃い活動をしてきているので、ありがちな「ボーカルをたてた当たり障り無いバッキング」とは全く違う。個々で存在感があって、全体でバンドとしてのグルーブがあって、しかしYUKIちゃんがそれを越えて、ノッテ、ブツかってetc・・・相乗してエライことになってます。正に理想的なロックバンドとボーカリストの関係。前回までのツアーで出来上がった愛情と信頼が、全くブランクを感じさせない。既にこの時点でヤバいっす。

 前半の山はゴスペルナンバー「ティンカーベル」、コーラスの女性お二人が日本人離れしたソウルを聴かせてくれて、お客さんと合唱で前半終了。

 後半は「ヘイユー」から始まり、アッパーなナンバーが続く。「66db~Rainbow St.~WAGON」 の流れは、さながら点滅したマリオ状態。この人に敵う人は居ない、圧巻の「無敵」状態。そこから「JOY」・・・この曲のイントロを聴くだけで涙腺が緩むのは僕だけ?いや、みんな緩むはずだ。

 そして、本編最後が「歓びの種」、アンコール最後が「プリズム」。「JOY」からこの2曲が、このライブのハイライトに思えた。「偽らざる気持ちです」というMC通り、激動の5年間をこの歌詞が物語っていた。これだけ人にパワーをあげれる類稀な存在の人でも「不安」や「葛藤」があることをなまなましく知らされます。 

 これは他のアーティストにも言えることですが、見てて「そこまでやらんでエエやん」と思える時があります。「そこまで身体(み)切ってやらんでええのに・・・」、と思う時が。自分の限界以上にやってしまう。少しくらい手加減したり休んだりしてもイイのに、と。しかし、そんな人達のライブは必ず人を感動させる。気付けば、そんな人ばかり仕事とはいえ追っかけてしまってた。そんな人以外のステージは感動しなくなっていた。

 ライブ自体は、もの凄く多くは無かったけれどこの5年間は彼女にとってターニングポイントであり、確かにそんな集大成的なライブだった。そして、彼女が一生歌うことも確信した。そして歌わざるをえないことも、歌うべき本当に選ばれた人であることも。

 とても素晴らしい、節目に相応しいライブだった。

|

2007年10月 5日 (金)

YUKIちゃん大阪城その②

 ということで、今日は通しリハ。本番さながらにリハしますねん!の日。

 仕込みが終わって、スタンド席の一部で見える席が出てきた。立ち見のお客さんを出来るだけその席に振り返ることにして、その分追加で立ち見券を販売する段取りをする。個人的にネットでのチケット販売って好きじゃなかったのですが、こんな時ネット販売は即効性があって非常に便利。

 ちなみにアリーナのコンサートで「増席成功!」とか「ステージプラン決定につき追加席発売!」という触れ込みも、この類。事前にステージセットが見えてくると、売れる席が増えるのです。たまに余ったチケットを何とか拡販しようとしらじらしくそんな広告出してることも・・・あるのかないのか・・・僕チン子供なのでよくわかりまちぇん!まぁそんなことしても、絶対チケット伸びませんけどね。お客さんはそんなことに騙されるほど甘くない。

 リハ終了後、「滅多に大阪来ないので美味しいモノ食べようツアー2日目」。イタ飯屋に行くの巻。Mgの“まゆ蔵”(体臭が臭い)28歳が、今日も28のクセに便乗して食べまくる。味オンチな僕もここのイタリアンは美味いと解る。行ったことないけど本場イタリアのホンマもんの味・・・なんだろなぁ、と思う。こんなお店に行けたのもつい最近なのに、28にしておまぁーというヤツは・・・。

 そんなこんなで明日はいよいよ本番日。そして今日も照明さんは朝まで作業だったらしい・・・、ご苦労さまっす~。イタ飯食っててすいません。生きててすいません。

|

2007年10月 4日 (木)

YUKIちゃん大阪城その①

   YUKIちゃん大阪城ホール仕込み。JUDY AND MARY以来、ワンマンではなんと9年ぶりの大阪城ホール。ソロんなっては初めて。それも2日公演。

 自分個人的な仕事で言えば、大阪城は・・・5年ぶり?いや、もっとかも。覚えていません。「見に」は、たまに行くのですが仕事するのは久しぶりな・・・これは決して自慢出来ることではなくて、縁が無いことをむしろ恥じなければいけない。いかに普段小さな仕事ばかりしてるかの証。いや、でも「大きくても小さくても1本は1本なのだ!」と埃・・・いや「誇り」を持ってやっておりますが、実際こんなことではビジネス的にはあきません。まぁ、そんな個人的なことは置いといて。

 今回大阪城でやるのは、「ソロデビュー5周年を記念したシングルコレクションが発売されることになり、同時に東京、大阪だけでも記念ライブもやりたいのだぁ」とMgの“まゆ蔵”(一応女性。どっから見ても入門したての女子プロレスラー)から連絡を貰ったのが半年前。奇跡的に土日の大阪城ホールがとれて、これは神の思し召しといざ開催することに。最初は、でも正直迷った。ライブも2年ぶり、アリーナ2日はぶっちゃけかなり勇気がいった。入んなかったらこの規模はシャレになりません。さんざん悩んで決めた要素は「土日で早い時間に設定すれば西日本、名古屋など遠方からもお客さんが来て貰えること」「前回のアルバムセールスがイかった」、そして何より「前回のJOYツアーが神がっかった内容だった!」こと。“人間忘れる生き物”で、良いライブを見ても「次もライブに行きたい!」と思う期間はマチマチだと思うのです。効力が数ヶ月だったり、数年だったり。しかし、まれに「一生モン」のライブってある。見たら「一生忘れられないライブ」って。2年前のYUKIちゃんのJOYツアーは正に、それ!見た人はマチガイなく一生モン。こんな凄いライブはなかなかお目(お耳?)にかかれない。そこを一番信じて、ブランク関係無く2日に踏み切ったのでした。久々にドキドキしましたが無事完売。来て頂いた方、本当にありがとう。また、買えなかった方本当にごめんなさい・・・次の機会を期待してください。YUKIちゃんも何より喜んでくれていた。音泉も潰れなくてホント良かった。

 久々の大阪城ホールで、仕込みから自分もいささか緊張。このホールは各入り口を「東西南北」で呼ぶ。お客さんの入り口が「南口」とか「南玄関」とか・・・まずはそっから覚え直した。アルバイト君初日とオンナジ最低限のことから覚えた。非常に情けないジリ貧プロモーター丸出しなのであります。

 明日はゲネプロ(通してリハーサルをやること)なので、YUKIちゃんも今日から大阪入り。久々に会ったらいつも通り元気そうだった。この人は、ステージ上ももちろんながら、一緒に居るだけで元気を貰える不思議な人。「与える男」ヨロシク「元気与えまくれる女性」なのです。こんな人もなかなか居ない。ステキの中のステキ。

 滅多に大阪にも来れないし、ゆっくり美味しいモノでも食べて貰うくらいしか出来ないのでメチャ美味い割烹にご案内。Mgの“まゆ蔵”(極度のがに股)が28歳にして「土瓶蒸し」を食べる。おっちゃんそんなん食べれたん35超えてからやで!人生舐めたらアカンで~。いや、でも僕も38にして便乗。実に美味かった。ニコニコで、明日へ向かう。しかしその頃会場では照明さんが朝まで作業・・・・ホントご苦労さまです。

 

|

2007年10月 3日 (水)

サボってました!

 実はというか、ナント言うか・・・今は10月21日の深夜であります。またまたまた・・・しても日記サボってました。今回は1ヶ月ちょい。今日9月中旬からどどーっと書きました。

 夏終わっても予想以上に忙しかったのです。正に「日記orDIE!」・・・アレ?ちょっと違うなぁ。「日記=DIE!」・・・うん、これ正解。「日記書く=死ぬ」ことを意味しました。まぁ実際は、ンな忙しくも無かったのですが、タイミングを逸すると、次書き出すきっかけにホント困るのです。「書かない癖」って恐い。その分、現実逃避してmixi日記はたまに書いてたりして。

 ということで、暦上今週はYUKIちゃんウィーク(週末大阪城2DAYS)な訳で、張り切って書いてみよう!・・・また明日以降ね。今日はこれにておしまい。

|

2007年10月 1日 (月)

モノブライトモモノノソニックスタイル

 monobrightの桃野君が802DJマーキーさんの夏休み代打DJとして、2時間喋べることに。これはある種、大抜擢!バンドに追い風が吹いてます。そして、あのテンション(どのテンション?って・・・ライブ見た人しか解んないですね)で、果たして2時間も持つのだろか?興味はつきません。

 ラジオなのに、いきなり衣装(白ポロ、黒ジーンズ&メガネ)着て来るバカッぷり。とてもイイです。こんな(ホントに)見えない努力大好き。XTC、プリンスなどの選曲も変態キャラとあいまみえてとてもヨイヨイ。リスナーからの相談に電話で答えるのも、全然答えになってなくてとっても面白い。特に「明日科学の試験なんですけど全然わかんなくて・・・」という、とてもラジオライクな質問に全くもって答えれて無かったのが最高に良かった。なんせライブ中MCでは自分達のライブ告知も勢い余って「そんな予定はナーーーーーイ!!!!」と、ぶった切ってしまう自爆タイプなのです。人の悩みなんて聞けるわけが無いのです。見事でした。ディレクターの正ちゃんグッジョブです。

 そんなこんなで2時間は「あっ」という間に終了。桃野君もレギュラーやったら面白いだろうなぁ・・・。最近ラジオの面白さに改めて目覚めました。人生が二度あれば「ラジオの仕事がしたい」と真剣に思います。今からでも遅くないかな・・・誰か音泉継承してくれないだろーか。

 monobrightは今月はミナミホイールと30日にスペシャ列伝に登場です!是非、この愛すべき自爆型ボーカリスト桃野君を見に来てください。最近、演奏も凄いよ!

|

2007年9月30日 (日)

フラカンBIG CAT

   延期公演とか夏のイベントがあったので、最近やたらライブがある気がするフラカン。延期公演が無ければ、夏のイベント~この日のBIG CATに抜群の流れだった予定が・・・まぁ、それも含めてバンドは色々あります。

 今日はオトダマで鈴木君が初披露した新曲が早くも形になっていた。ライブバンドらしい即効性で、これがまた良い。「東京タワー」「深夜高速」に続く名曲がまだまだ生まれる気がします。廃盤の再発ラッシュの中、次のアルバムが非常に楽しみ。思い切りバンドを遊びながら、真剣に生きる。今日もそんなライブだった。まだまだフラカンもイケる。伸びシロたっぷりの30後半。見習います。

|

« 2007年9月23日 - 2007年9月29日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »