« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

2007年1月27日 (土)

片山ミドリ

  ファンダンゴで片山ブレーカーズさんとミドリさん。ミドリは、以前にも書きましたがこの日も「殺される覚悟」でライブに挑みました。

 この日は2バンだったので、過去見たミドリの中では一番長い約50分ステージ。全然長さを感じない緊張感は相変わらずだった。でも前回のファンダンゴのような「殺される」感じはしなかった。それは対バンのCDレコ初である片山さんへの気遣いか「あたしらのライブに負けてたら絶対CDなんか売れへんから!お祝いするつもりは全然無い!ぶっ潰すつもりで来ました!」という、愛情の裏返し的なMCに表れたように比較的温厚な(ミドリにしては)ライブだった。(それでもぶっち切りですけど)

 春に発売される予定のCDの中からであろう新曲は、もっとライブでやりあげてすくすく育って欲しいと思う曲ばかり。この日で4回目のミドリさんでしたが、日によって緊張感の質が微妙に違う。核となる曲は同じなのですが、見る都度に違って聴こえるのですね。これはこれでかなりオモシロイ。「ミドリ中毒」増殖は間違い無い感じがします。引き続き目下「注目すべきバンド」大阪代表の座は変わりません。

 そして、そんな洗礼を受けた片山ブレーカーズもかなりエモいライブだった。SOUL&FUNK&R&Rの京都代表である彼らも、ミドリとはちょっと異ジャンルながら、触発されてか明らかに“一線越えてる”ライブだった。なんだろ?スクービーとかフラカンのことが好きな僕のツボが反応してしまった。熱くて激しくグルービーなのであります。

 「仲良しこよし」の対バンも良いけど、今日みたいな「ガチンコ潰しあい」的な相乗効果はちょっと懐かしくてかなり良かった。親しき仲にも礼儀あり。バンドなりの礼儀の尽くし方がそこにあった気がします。あんまりこの感じ最近無いのです。「みんな一緒に頑張ろう」的なものは多いけど。座れる椅子は限られてるかもしれない。そこを奪う為に、それぞれが切磋琢磨するのは凄い良いことなんではなかろうか?と、教えて貰った夜でした。

 終わって、初めてミドリの皆さんに挨拶をした。ここ最近では一番緊張・・・「自分ドMなんで大好きです!」と言いたかったけど、やはり言えなかったので今年の暮れまでにはなんとかカミングアウトしたいと思います。

 ミドリHP→http://midori072.com/

|

2007年1月25日 (木)

また新年会

  東京から客人が来られて新年会。(打上げ含め1年中新年会やってるって話しもありますが)

 早い時間から麻雀→メシ会→飲み会。1件目の飲み会が終わった時点で夜12:30。僕らの体内時計では、まだそんなに遅い時間じゃ無いので「もう1件飲みに行くか」と思いきや、麻雀でドツボだったKさんが「麻雀しましょーよ」という、信じられないお言葉。振り出しに戻り、最初行った雀荘に2回目のチェックイン。したら久々に役満(大三元)あがらせて頂き超ハッピーです。生きててこれ以上の幸せは果たしてあるのだろうか?多分無い。自分ランクこれ最上級。あっざーーっす!

 しかし、めくりめくよな濃いい展開で2晩くらい過ごした感覚になってしまった。WKさん、どもおちかれさまでした。

| | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

tobaccojuice

  NOONでtobaccojuiceのライブを見た。NOONは、梅田の高架下CLUBながらライブもでけるところ。客席フロア以外の空間がふんだんにあって「ユル~イ」空気が出ていてバンドにあってた気がします。

 何回かライブは見たことあったのですが、この日は過去一番良かったです。一緒に見ていたtobacco大好きな(ダメ)業界人の皆さんもこぞってそれは言っていた。「ユルイ」んだけど、「おっ!」と思う、サムイボがたつ瞬間が一度や二度ではなく+気持ちいいのです。フィッシュマンズ、ハナレグミ、bonobosなどがお好きの方には 是非お薦め。どこで演っても「フィールドオブヘブン」に変えれる、天国への案内人、達なのでした。

 見たあと仕事もバイトもやる気がしなくなるのは請け合い。このバンドが売れたら日本の「GNP」は下がるのも確実。いいの、いいの。「休む」ことが不得意な日本人にはそれぐらいが良いのかもしれない。この日集まったダメ人間(僕含む)の皆さん、どもありがとぉ。一緒にもっと日本をダメにしましょオ!

| | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

CONDOR44

 尊敬するdaimasさん(またの名をUKプロジェクト・遠藤さん)から先週宅急便が届いた。中身はCONDOR44というバンドのCD。「全国のブログやってる人(業界の人、素人さん問わず)にCD聴いて貰って感想を書いてもらう試みをするので、協力してくんない?」といった内容。詳しくは、http://d.hatena.ne.jp/daimas/1月18日の日記参照。ええ!やりますやります。ご指名頂いた光栄に基づき喜んでやらせて頂きやす。

 秋にファンダンゴでライブは見た。「あんにゃ~、3ピースにしてはかなり手が込んでいろんなことやってはるなぁ~」という印象で、他にこんなバンド居ないなぁというのが感想。ライブで達成出来てるのか出来てないのかも含め、3人で限界に挑戦してる体育会系バンドなのか、はたまたやりたいことあり過ぎるのか含め、これが完結されたらどんな凄いバンドになるんだろぉ・・・と、思ったのを思い出してCD聴いてみました。

以下CDの専門的なことは良く解らないので主観で思ったこと。

 全10曲のアルバムは・・・おおよそ日本人のアルバムの音では無かった。洋楽疎いので「ナニ風」とか「誰々みたい」と具体的に言えないのが申し訳無いのですが、世界ランクであります。外人がこのアルバムを聴いたら「Oh! So Cooool !!!」と言うのは間違い無い。訳すと「とっても、イカすね!」「なんとイキな・・・」「カックイー!」。

 非常に短い曲と長い曲の差が極端。短い曲はビートルズ的なポップさと潔さ。長い曲は、プログレとは行かないまでも・・・そうそう、フィッシュマンズとかmonoとか聴いてる時「気持ちいいから終わんないで~」と思う感覚と一緒。ツインボーカル(男子女子)なので、メリハリもあり。シンプルな曲から画期的に展開する曲もあり。とにかくいろんな要素が詰まりまくってるアルバムなのす。レコーディング大好きなんじゃないかしら、この方達。

 いろんな音楽聴いてるとそれだけ「ツボ」が生まれてくると思うのです。「これいいなぁ」「あ、こんなのもイイ」と、どんどんツボが増えてきて、気づけば「こんな雑多な聴き方普通しないよなぁ・・・」と客観的に思うのは自分だけでは無いと思うのですが。自分はスタイルカウンシルとサンボマスター、クラッシュと小椋佳さん、サザンと早川義夫さん、木村カエラちゃんと浜田真理子さん、etc・・・全然みんないいなぁと思ってしまい。ほいで、CD聴くと大体ツボが1個~3個ぐらい押されるのですが、CONDOR44のばやい10個も20個も押されるのです。TOWERで試聴したら試聴機の前から離れられなかった。送って貰って良かった。

 ライブの村人なので対バンで見たい人を最後に。8otto、凛として時雨、佐野元春さんとか。こんなすんごいアルバムで、ライブどぉなるんだろ???こっち想像するのもアドレナリンが湧いてきます。

 COOL。とってもCOOLなアルバムのタイトルは「Good Bye 44th music」。24日発売だそです。

 えんどぉさん、こんなんでもええですか?おかど違いならお電話ください。 

| | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

脳内百景ファイナル

 フラカンツアー、脳内百景ファイナルBIG CAT。なんとバンド史上初の2部構成。1部「脳内百景」アルバム曲順通り全15曲、2部12曲、アンコール3曲=全30曲!3時間越えてしまいました。

 メンバーは初の試みで1部は、異様に緊張していた。なんかMCがスベってる。何年かぶりにフラカンのライブを見ながら心配でお腹痛くなった。とはいえ、演奏は最低限しっかりしてるのでトータルでは笑える範疇でしたけど。その時は久々にドキドキした。アルバムの曲達は、ライブで初めて聴く曲に関してはこれから育ちそーで楽しみ。フラカンのアルバムの中では凄くバリエーションにとんだ作品であることを再確認。ええアルバムですよ。

 そして、2部は「深夜高速」からいつもの空気に変わったものの、感覚的にはアンコール見てるようで「とばしてるねー」と思ったら、途中息きれてました!なんとカッコ悪くて、人間味溢れるんだろ!そこがまた良い。24時間テレビのマラソンで鈴木君使ってくんないかな。お茶の間のハート掴めると思いますきに。2部の個人的ハイライトは「夜明け」という曲の延々続くエンディング!めくるめくリズムとギターソロ。この時の竹安君のギターはかなりヤバイです。日本バンド界最高ランク。ここでしか聴けない。絶対に聴けない。

 アンコール最後はココイチの「ホップ・ステップ・ヤング」。靴投げ(演奏中に履いてる靴を客席に投げて、最後ステージはける時に本人が懇願して返して貰う、というこちらも日本最高ランクに情けなくカッコ悪いパフォーマンス)に続き「靴下投げ」も披露された。我先に群がるお客さん、貴方達もおかしいです!嫌がるだろフツー!

 そんなこんなで、汗と笑いと気持ちよさとちょっと泣けるロングライブは終了。こんな貴重な企画は、しばらく無いと思います。鈴木君の声は太くないけど、すんごい「強さ」と「届く」声に成長してることも気づいた。グレートのベースはますます、人間から遠ざかって野生的になってる。頭で考えてなさそうな、感覚的な演奏がステキ。長いなりにいつもは素通りするところに色々気づかされたライブだった。

 そそ、自分たちでバンドをまわすよになって毎回最高動員数を更新してます!ホント来て頂いた皆さんありがとございます。自分のことのよに嬉しいです。全ての契約が無くなって最初にバナナでやったライブを考えると信じられないことになってます。これからも宜しくお願いしますね。

 こんな日の打ち上げは時間が経つのを忘れるくらい、良い気分。日曜なのに遅くまで良い気分。月曜朝の会社の会議が無ければもっと良い気分。

|

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »