« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »

2007年1月20日 (土)

ねつぞう

  もとうちの会社で総務をしていたコワモテながら、心優しき樋口さんが地元京都で小料理屋を開いた。定年前に第2の人生の出発したのが半年前。新年会をかねて行ってみた。打ち上げにお世話になりたいがためにも、一度行っておかねば、と前々から思っていたのです。去年Verbsの打ち上げを一度お願いしたら「そんなん緊張するからアカン!」と信じられない断られ方をされたので、一度行って断る理由を無くし、次回言いくるめる為にも行ってみた。場所は上賀茂神社のすぐ近く。和食かと思ったら「創作」っぽくて美味しかったです。一見高そうなお店ながら、メニューが¥400か¥500か¥600しかなく庶民的。値段は大雑把ですが料理は繊細な味付けで良かったのであります。詳細な場所は、上賀茂神社から橋を西に渡り、南西の細い路地に入るとすぐ左手に見えます。お近くの方、是非どうぞ。

  家に帰ってTVを付けたら、「捏造番組」報道がされていた。普段は「ニュース」か「スポーツ」、たまに「ドキュメント」しかテレビのお世話になってないので何の害も無いのですが、見ない理由のひとつに「作為」が見える番組が多いからってのがあります。「あ、なんかこれ自然じゃない」というのが垣間見えて、裏でナニが行われてるかを想像すると見る気が起こらないのです。だから別にさして驚くことでも無く、「なるほどなぁ・・・」ぐらいの感じだったのですけどね。(もちろん、そうでない番組も多々あると思いますし、情熱持ってやってらっしゃる方も然り)ニュースやスポーツは嘘無いから安心して見れるのです。

  テレビはメチャクチャ影響力があります。それだけ莫大な人が見ますから。音楽畑から見ると、楽器車転がして全国まわって地道にやってるライブアーティストより、そうでないお茶の間に沿う一般的なアーティストに偏ってるのも仕事としては興味が無いもひとつの理由。まぁ、実際パイがでか過ぎたり、動くお金も2ケタ?違うので僕らみたいなローカルプロモーターにはあんまり関係無いとも言えるのですが、しかし間接的にアーティストがTVに「出れる」「出れない」または楽曲が「使われる」「使われない」では、セールスに大きく違いが出てくるのもまた事実。そういった意味では関わるアーティストに関しては「出て欲しい」のが本音。ただ、テレビだけで売れてもそこに、リスナーとの絆は生まれても浅いことが多いので持続しないのは歴史が物語っていて、そこを持続させる為には僕らみたいな人間にも協力出来ることがあるのじゃないか?と、思っています。

  ただ、やっぱり出れる人は一部の人に限られていて、アーティスト性とは関係ないところで決まったりしてる感もあり・・・だったら違う方法で世間様に認知して貰う方法は無いか?と、日々考えてたりもします。

  なんか、愚痴っぽくなってきたので、話しを戻しますに。メディアにせよ音楽にせよ、口に入れるもの、着るもの、五感を使うもの全てに於いて、違和感あるものは拒否する感覚をみんなが持てればいいなぁ・・・と、思うのです。そすれば、もっと過ごし易くて、ストレスの無い、首相が掲げるところの「美しい国、日本」になって、納豆が爆発的に売れることもなくなるんじゃないでしょうか?

 

 

| | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

小学生なみの日記

 こないだ、すんごく嬉しいことがあった。

 それは思いもよらぬ人が僕らのことを知ってくれていて、実際お会いして励まされた、というか元気付けられたというか。

 初めてお会いしたのにそんな感じがしなかったり、既に共通言語があったり。そんな人とは、すぐに話しの核心に向かえるので初めてのよな気がしないのかなぁ。

 「思いもよらぬ」とは、こっちは一方的に知ってるその世界では有名な人で、けどまぁこんなローカルのマイノリティイベンターとしては恐れ多くてお話しする機会も無いんだろうなぁ・・・などと考えもしなかったくらい遠い(天高く?)人だったのです。

 「音泉」名のって正直しんどいことも色々あるのですが、たまにこんなことがあるとホント良かったと思うのです。

 音楽は知らない人と人が通じあえるとこが最高!僕らは音楽出来ないから、そこに「意思」を持とうと思った。なんか伝えたかったから。その「意思」がなんらかの形で知らない人にも伝わることを真の辺りにして・・・・なんかすんごく嬉しかったのです。

 具体的に解らない話しで申し訳ないのですが。とっても嬉しかったのです。

| | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

新年会

  FM802さんの新年会があった。局の人、DJさん、制作会社の方、レコード会社さん、プロモーターetc。関西音楽業界人が一様に揃う宴。

 恥部をさらすようなのですが、色んな人に一度に会えるのでこいった催しは仕事としては有り難いのです。しかし反面、個人としては人が多すぎて「誰」と「どう」話していいのか良く解らない状態になって、軽くパニックになってしまうのです、僕の場合。

 なので「早くゲームとかプレゼント抽選会(この辺はイベント業界のプロが集まってるのでかなりオモシロイ!)始まらないかなぁ」と、内心思いながら出来る限りたくさんの人と挨拶出来るように頑張るのでした。

 ゲームの司会は、DJの中島ヒロトさん。これが、かなり面白い!普段、昼間のラジオでは自粛してるのか、強烈なノリ突っ込みは関西人の誇りだぁ!と思ったら、ヒロトさんは確か九州の人だった。勉強なります。見習います。おない年ですが尊敬してます。

 その後は、関係各社が持ちよった景品を抽選するプレゼント大会。僕は、こんな時まず何も当たらない橋の下に生まれてるので、やっぱり何も当たらない。変に高額商品が当たっても困るのでドキドキするものの、やっぱ当たらなくて良かった。ちなみに、うちからは桶洗い君が景品買って出してくれていたのですが、とてもここでは書けないシモ系の商品(特殊な椅子)だったのでそれも女性に当たったらどうしよう!と思ってとてもドキドキした。それって、「僕」が出してることになりますから。「地雷」埋めておくのは大事だけど、「踏む人のシナリオ」考えろよ!と、ここでダメ出ししておきます。結果、SONYの男性に当たって良かった良かった。グリーンズのイケ面だけどお婿にイケないY井さんが「ねぇねぇ、あれどこで買ったん」と、やたら知りたがっていたのはもっと良かった。

 予定時間をオーバーした新年会は楽しかった。関西の音楽業界の人は、みんな元気です。

| | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

明けまして・・・・

また、また・・・・サボってしまってました。明けましておめでとうございます。何回目か自分では解らなくなってきたのでアレですが、年末の忙しさと、心身共にヤられてしまったのと、正月ボケなのと、1ヶ月も筆不精に。「誰も見てないしなぁ・・・」と、プラス思考でいたら年賀状やら、仕事始めで会った皆さんから「ほんまにエエ加減にせーよ」といった、ご意見を多々頂きまして・・・・。何度かパソコンに向かったものの書き出せ無く、しかしやらねばならぬと思い、今日筆初めなのです。地味に、こそっと再開なのです。12月~年明けの日記は、時間がある時に少しづつ書いていきたいと思います。思ってますが実行出来るかどうかはこれ如何に。でも、素晴らしすぎたVerbsやら、年明けのアナログフィッシュやら、、、書きたいことは多々ありますので。

 ちょっと振り返ってみるに、去年も色々ありました。ホント色々ありすぎた。あまりにあるので、「厄年なのか?」って思ったら、どうも少し先のことみたい。未来に不安を覚えてしまいます。厄年来たらどうなるんだろ。

 「忙しさ」だけで言うと、去年は僕がこの仕事始めて一番忙しかったかもしれない。それで、至った結論は「忙しいのは良くない!」てこと。もちろん「仕事がある」というのは喜ばしいことなのですが、頭の中も体力的にも余力が常に無いのは、結果良くないのでした。だから今年の目標は「休む」ことにしました。(ちなみに去年の目標は「お昼ご飯食べる」でした) 週一回は休む、映画も見る、本も読む、TVも見る、釣りもしてみる、ブログも書くetc・・・。そこから、仕事のアイデアが浮かぶよにですね、脳ミソに酸素を与えることから始めてみたいと思います。

 普段TV見ないので、正月に見まくって1年間引っ張るのが年中行事。今年覚えたのは、「タカ&トシ」さんや「ちょっとちょっとの人」(既に名前忘れました)。男湯の友達であるレーザーラモン君は、去年どこの番組にも出てたのに、今年は殆どおみかけしなかった。TVの世界は音楽異常に入れ替わりが激しい。メチャクチャ激しくて“キュン”となった。頑張れ住谷君!

 今年は音泉4年目、そろそろ真価を問われる時期であります。「オモロイ名前だね」だけで終わらないように頑張りたいと思います。関係者の皆さん、お客様、何卒宜しくお願いします。

| | トラックバック (0)

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »