« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

2007年6月30日 (土)

ブークラに行くの巻

 昼間は打合せして、シャングリラの前を素通りして残念ながらキングブラザーズ復活ライブは見ず、ファンダンゴにSTANを見に行く。深夜は名村造船所跡地でクラブイベントがあって、RYUKYUDISCOを見に行く。

 とても目まぐるしい1日だった。最後のブークライベントがかなり体にこたえた。この年になるとちょっとキツイす。大音量でおんなじリズムトラックを延々聴いてると「トランス」(覚錯?)するのも気持ち良さげなのですが・・・・もうオールナイトは無理。元々、そっち系はあまり得意では無いので普段の仕事でも殆どやんないのですが。フジロックとかでたまにお耳にかかるぐらい。

 んでもRYUKYUは、ピースフルで沖縄らしくて僕なんかにも聴き易くて良かったです。演奏(?)時間が、深夜24:00過ぎから2時間と聞いて普段バンド見てる癖で「途中で休憩したり、出て行ってはいけない!失礼だ。」と、ずっと頑張って聴いてたのですが、後から考えるとそんな奴殆ど居ないんですね。テキトーにお酒飲んで、休憩して、ナンパしてetc・・・って人がほとんど。おまけに、後ろで聞いてたら予定の2時間をはるかにオーバー。時計の針はAM3時で「いつまでやんの~?」と思いきや、実は知らん間に次のDJのグループに変わっていたのでした・・・・。い、いつの間に。。。忍者みたい。変わり目が全くわからなかったのです。ダサダサです。ってぐらい、こっちの畑はよく解らない。RYUKYUはビークルさんやモンパチとコラボしてるので一度見たかった。ロック畑にもう少し来てくれたら絡めることもあるやも。来てー!

 名村造船所跡地は初めて行ったけどなかなか非現実的で良かったです。こんなとこ(北加賀屋の海っぺり)に、こんな時間に、こんなに人が溢れているなんて・・・、ちょっと不思議。あと15年若かったら、もっと楽しいのになぁ・・・と思いながらイベント早退。いや~、我ながら浮きまくってました。

|

2007年6月29日 (金)

Coccoが喋ります!

 スペシャルニュース!Coccoちゃんが毎週大阪でラジオのレギュラーを持つことが決まりました!FM802「BEAT ON THE RADIO」(毎週金曜23:00~24:00)来週7/6からオンエアーです。http://funky802.com/beat/index.php

 丁度デビュー10年を迎えて、初のラジオレギュラーです。ラジオ出演自体も殆ど(大阪でも数回)しか無かった人が、それもレギュラー持つなんて・・・。首謀者である802のKOGAさんてホント変な人でステキです。

 10年間決して多くはないけれど、いろいろな活動をしてきた中で今彼女が「ラジオで喋る」ってことは、なんか自然な感じがします。今、語りたいことがあると思うのです。それも大阪でやるのはなんか意味がある気がします。しかも生放送で。

 7/25に「きらきら」というアルバムが出ます。前作を引き継いだ肌触りもありつつ、よりアットホームで、音楽的にも多岐に渡って、しかしメッセージ性も強い作品になっています。今までの作品以上に沖縄に対する「想い」が赤裸々につまったアルバムで、個人的にも既に大好きです。そして、このアルバムと連動して是非見て頂きたい映画があります。

 去年の夏のツアー最終日、8月15日終戦記念日に彼女は初めて生まれ育った沖縄で、正式なコンサートを開きました。それまで沖縄でやれなかった理由、その日やる理由を明確に教えてくれた、あり得ない類の感動的なライブになりました。生涯初のアンコールも披露してくれました。それは全て「沖縄」でしかあり得ない出来事でした。

 そのコンサートの中で、彼女は沖縄に生まれ育った人間として「ひめゆり」について語ってくれました。この夏その「ひめゆり」のドキュメント映画が各地で上映されます。詳細HP→http://www.himeyuri.info/voice.html(Coccoのコメントも掲載されています)この映画を見て頂ければ、今回のアルバムがより伝わってくると思います。是非多くの方に見て頂きたいです。大阪は「第七藝術劇場」(十三ファンダンゴに行く途中の映画館。機会があればライブの前にでも!)7/21~上映されます。

 一足早く「ひめゆり」を見せて頂いて、予想していたことが、それ以上だったことを知りました。これは沖縄の人だけの問題では全く無く、本土はおろか、日本人も外人もない、人として知っておかないといけないことだと。それでも僕ら本土の人間よりも、沖縄の人は更に背負うものとしてその過去は存在します。

 そこに生まれた育ったアーティストとして今、Coccoはありったけのことをしようとしています。

 うん?ちょっと重たくなりましたが、本題に戻ると、そう!ラジオです。彼女はギャグセンスも実は抜群なので、基本的にはポップな番組になると思います。何を言い出すか、ナニをやらされるか、今からまわりの僕らはドキドキしてますが、ラジオ史上無かった番組になる予感がします!デビュー10年てことは、今の20才ぐらいの人ってCoccoのこと知らない人も居ますよね?そんな人や、曲だけ知ってる人、名前しかの人etc・・・とにかく、一人でも多くの人にこの番組がきっかけで、類稀(たぐいまれ)な彼女の「うた」と、人何百倍の「想い」が届きますように。毎週金曜日、是非お耳にかかってください。

 

 

 

|

2007年6月28日 (木)

ヨエコとミドリとヤコゼン

  表題3組、磔磔でイベント。最初はミドリ。いまやミドリが出るとチケットがすぐ売り切れる。間違いなくキてます!やはりミドリ中毒の僕は1ヶ月ぶりなのに、もの凄く久しぶりに感じてしまう。最近では、というかアルバム発売後初めて新曲も1曲聴けた。イかった。そして最近マリコちゃんがどんどんカワイク見えてきてるのは僕だけでしょうか?(「ワレ、以前はブサイクやった言うんかー?」「いえ・・・そんな対象に見れなかっただけっす」)カワイク、素直で・・・なんだけど目は相変わらす「狂気」です。このギャップがますますロックです。ミドリはサマソニ大阪も決まりました。チケット持ってる方、是非見にきてください。日本のロックが一番優れていることをみんなで確認するのだ!「戦争勝ったからってエエ気になんなよ!」と、青い目のバンドに言ってやろう!(こんなこと言うてる時点で負けですね)

 野孤禅は今、2人だけで頑張ってる。僕は直接関わっていないのであまり多くは言えませんが「コレしかできへんねん!」という潔さは伝わります。「コレしか」上等。頑張って欲しいです。マジで。

 ヨエコちゃんは、会場の色も手伝ってかますます「淫靡」になっていた。イイ色出してます。(言い方、ヤラしいっすか?オッサンすか?)ボーカルの安定具合も磨きがかかって「平成歌謡」はこの人に決定。もっと評価されても良い時期にきてると思います。桶洗い、頑張るのだ。

 なんか今日も良いイベントだった。元女湯エラい。と、同時に今日はメチャクチャ暑かった・・・関西の会場で一番暑いかもしんない「磔磔の夏」が、とうとう来てしまった。暑いのはチョット難(なん)ですが・・・磔磔の駐車場で感じる四季は結構好きです。季節感ゼロの僕らの仕事で、一番それを感じるのがここの駐車場なんです。開場前、終演後、お客さんの姿がなくなると、ここの駐車場は時間が止まって、季節を感じれるのです。んなこと言われても・・・訳わからんですね。まぁ、独り言なので。また明日。

|

2007年6月27日 (水)

ワカレモード

  802でヘビィローテーション中のオトナモードが大阪でキャンペーン。

 最後はマーキーさんの番組で5人生演奏!狭いスタジオでよくやれた感。彼らはアコースティックセットの場合カバー(ユーミンはじめ所謂昭和のニューミュージック)を良く演奏してくれるのですが、今日は竹内まりやさん。選曲含めこのカバーが、いつもイイのです。高橋君の少し影のある声が、この時代の名曲に凄く合う。でも、なんで僕らが子供の頃の曲って良い曲多いんだろ?ほいで、その頃生まれたか、生まれてなかったかの彼らが何故こんな曲達をカバー出来るんだろ?年、ごまかしてるんじゃないかぁ?音楽の趣味がやはりオトナモード。

 802でずっと(大阪で最初に)オトナモードを応援してくださったK志さんが、今月で辞められる、ということで終わってみんなでお別れ会。僕らなんかよりも、はるか前からオトナモードを応援してずっと可愛がってくれて、最後にヘビィローテーションにも尽力して頂いて・・・。オオサカモード的には、かなり寂しい出来事なのです。いや、しかし、この恩を必ず返さなければ!して貰ったことは倍返しするのがオトコモード。絶対に結果を出すのだァー。

 僕らが日々一人では生きれないように、ご多聞に漏れずアーティストもさまざまな形で、人にバックアップして貰って成り立つ職業には変わりありません。曲作って、ライブやる以外に世間の人並み、いやそれ以上にいろんな人との出会いと、別れがあります。そこでの出来事が彼らのような若いバンドを育む要素にもなってます。彼らの「花束」という曲はそんな表れであると。「花束」と書いて「かんしゃ」とも読めます。

 素直な感受性にスレモードの僕は、ただただ感心するばかり。

|

2007年6月26日 (火)

おとだま追加発表

 OTODAMA出演者追加発表しました。「大浴場」にマキシマムザホルモン。「露天風呂」にSCOOBIE DO/スネオ君/フラカン鈴木君/SOUTH BLOWの皆さんです。

 これでほぼ、出演者の方は出揃いました。ホルモンさんは、関西でのバックホーンやサンボとの対バンをきっかけに、今回のイベント出演者の方々(筋肉少女帯筆頭)に興味を持ってくれて、参加して頂くことにあいなりました。「露天」の皆さんは音泉お馴染みの方達。SOUTH BLOWは大阪から東京に出ていって飛躍の意味で抜擢(?)。スネオと鈴木君はともに弾き語り。僕らの理想のライブバンドのひとつスクービーは、2年ぶりの参戦です。

 次はタイムスケジュールの発表等、より中身に向かっていきたいと思います。 

 ステージ名を「大浴場」と「露天風呂」にしたら、「フェニックスに露天風呂が沸いた」と、本気で思っている人が何人か居ることを(それもおんなじ畑の人)今日知りました。シャレがシャレとして伝わんない時ってありますけど、これはびっくり。「イベントに疲れたら、急遽湧き出した露天風呂で汗を流して・・・云々」というコピーをつけられそうになっていて。いかに温泉ブームで到るところでボーリングされてるとはいえ・・・僕らがそんなこと実際にしてる訳ないやん!それも同じ業界の方にそう思われてることには、ちょっとビビりました。いかん、説明が足りませんでした・・・こんな時、その人のせいにするのは良くない。こっちの思い込みと親切不足だったのです。反省。

 というのもあって、イベントHP内にブログをも一個立ち上げることにします。近々アップして、もっと細かにいろんなことを書いていきたい(知って頂きたい?)と思います。こっちで書いてると「日記」が全てOTODAMAのことになって、あんまし良くないのもアリ。この際、分けて書いてみよう。また、自分で仕事増やしてしまうのですが・・・誤解されるのは一番辛いので、解って欲しいことがあるので、出来ることはなんでもやりたいので、ドMなので。始まったらそちらも宜しくお願いします。

|

2007年6月25日 (月)

銭湯でライブ

 京都の四条通から堺町を北にすぐ入ったところに「錦湯」という銭湯がある。四条通りと言えば京都のメインストリート。繁華街から数百m入ったところに昭和二年に立てられたというこの銭湯は「奇跡」に近い形で今も存続している。ここで「ライブをやろう」という、素敵な発想をした京都ミューズの行貞君はとてもナイス。今日の出演者はビューティフルハミングバードと京都代表・ふちがみとふなとさん。

 行貞君に持ちかけられ、宣伝のお手伝いとお客さんに『音泉タオル』をご提供。ま、そんだけでたいした協力は出来なかったものの、行ってみると会場は超満員。風呂場ではなく、脱衣所を使ったライブでプチフリーマーケットがあったり、ドリンクも牛乳瓶とはいかないまでも特設ドリンクカウンターで手作り。正に全てが「音楽」と「銭湯」の融合。木造なのもあってか、「音」の「鳴り」も非常に良い。

 ふちがみとふなとさんもハミングバードのライブも非常に良かった。こんな「色」があり過ぎる会場でやるのは、やる方もある意味ではリスキーである。そんな中で全く遜色ないライブだった。主催する方も、普段ライブやらない場所でライブをやるのは実は結構大変。お金も労力もも精神的にも、全てが何倍も大変になる。キャパが少ないので、お金的には誰もそんなに得しないけどさほど損もしない。ただ最終的に、精神的にはみんな幸せなイベントになっていた。イベントとしてもこれは奇跡に近い、というか理想卿。行貞君ほんとグッジョブでした。

 錦湯さんは¥390で普段は月曜以外は営業してはります。ライブ前に是非どーぞ!写メを駆使出来ればもっと、皆さんにお伝え出来るのになぁ・・・・。携帯で写真とって壁紙にするのが今んとこ僕は精一杯。転送して、ナニしてコレしてここにアップすることが出来ません。てか一度教えて貰ったのに忘れてしまった。ごみんなさい。今日みたいな日はホント残念。

|

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »