« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007年5月19日 (土)

SWEET LOVE SHOWER“EXTRA”

 毎年この時期は、FM802さんとSPACE SHOWERさんが行うイベント「SWEET LOVE SHOWER」が大阪城野音であります。

今日は、その「EXTRA DAY」でお客さんは招待制、バンドはまだまだこれからの人達がラインナップされた大阪城野音。

 音泉からは「monobright」「藍坊主」「キャプテンストライダム」の3組が出させて頂きました。

 monobrightは1番目の出番!初の野外イベント、それなりの大舞台で、ある意味ドキドキ。子を思う親の気持ち?ってんでしょうか。「全くウケなかったらどしよ?」とか、マイナスシンキングで始まった。ステージに「メガネ」「白いポロ」「黒ジーンズ」をまとった4人が出てくると、なんとお客さんは総立ち!一月前まで、セカンドラインで100人居ないお客さんの前でやっていたバンドが、なぜこんなにウケるんだろ?

 結果だけ言うと、そのお客さんの期待感を、最後まで裏切ること無かった気がします。「変体」「アホ」「でも曲と演奏は意外にカッコイー!」と3拍子揃ったライブが出来てた。ここ数ヶ月詰めてライブやった成果が出た!これはお客さんにもちゃんと伝わった気がします。物販CDを売り切ったのがその証拠。アンケートもたくさんの方が書いてくれて、過去見た中では最高の出来と、結果でありました。MCでボーカル・モモ君が「次のライブ告知します!・・・そんなものは無ーーーい!」と言ったのには参った。次回ライブのチラシ、入り口で配っとるちゅうねん!

 トリのキャプストも過去最高だった。ホーンが3人入って7人編成のホーンストライダム。これも良かった。客席の盛り上げ方も半端無く良かった。今日は、「新人バンドの日ながら、キャプストはちょっと「新人」というのがはばかれる。その通り、最終的にはワンランク上のライブを1バンドだけやっていた。先月終わったツアーん時も良かったけど、今日のこの編成は飛びぬけていた。ツアーもこれで是非見たい!・・・言うだけ勝手。

 アタマとトリで、結構長い1日だった。メチャクチャ寒くて冷え症の僕は手が凍えてしまった。5月でこんな日はちと記憶に無い。明日は、有料本番日。も少し暖かいといいなぁ。

|

2007年5月18日 (金)

ミドリ神戸

 ミドリがスタークラブでライブ。

「またミドリかい!」

「ええ、そーですとも。悔しかったら1回見なさい!」

 スタクラで店長の松原君に会った。5/27の「GOING KOBE」で大変そうだ。というか明らかに「大変」を越えてる。今年は、直前に諸事情で会場が変わった。僕は第三者なのでそこに関しては何も言えないっす。ただ不可抗力なのは確か。不可抗力だから余計に憤る。そんな中で限界超えて頑張ってるのが「死相」漂う顔から見てとれる・・・。でもイベント自体は、絶対成功するはず!・・・根拠無いけど。頑張ってる人間には、報いが来るのです。じゃないとね、何を信じて良いか解らなくなります。音泉HPの下駄箱にリンクはってるので5/27(日)は皆さん!神戸に集合!これ見てしまったあなたは残念ながら無条件で集合!タダよタダ!タダで絶対感動出来る。こんなイベントなかなか無いよ。成功したら松原君はもちろん号泣します!それ見て笑ってあげるのも「愛」かも。

 ミドリは長いツアーが今日でひと段落。関西以外でいろいろあったんだろなぁ・・・。そんな想いをぶつけるかの如く、攻撃的な“演奏”。アンコールに男3人が出て来て、ラインナップよろしく。微笑ましくもちょっと意外で、ちょっと良かった。動因も目に見えて増えてきた。関西3ヶ所満員。何かが変わりつつある。

メンバーの皆さん、佐藤さん、お疲れ様でした!

|

2007年5月17日 (木)

バズラミドリナイフ・・・特にバズラ

 十三ファンダンゴで「BAZRA/ミドリ/少年ナイフ」という一見メチャクチャな対バン。組んだの誰や!・・・私です。

 1番目ミドリ。久々のファンダンゴ。昨日と変わって、今日はパフォーマンス込みのライブ。ファンダンゴのミドリもやっぱり良い。80年代、一番ヤバかった頃のインディーズと同じ臭いがしてきます。圧倒的にやりきって終了!最後に後ろでやる少年ナイフとBAZRAへの優しい気遣いも見られた。「狂気」と「優しさ」、「パンク」と「ポップ」・・・相反するものが表に出て来てますます面白い。

 2番目は少年ナイフ。少し前にドラムが、そしてこの日は新しいベースの子の初ライブ。新生ナイフ?とベタなこと言ってはいけない、違和感の無いライブだった。やっぱNAOKOさんは凄い!人間国宝に選ばれる日も近い。責めて「名誉府民」ぐらいにしてくださいよ、大田知事。カワイクてパンクでポップでカッコいくて・・・日本が世界に誇れる数少ないモノの一つです。ギャルバン日本代表。ドラムがエッちゃんになって、何度かライブ見てたのですが数年前に仕事したバンドのドラムの子だったことが今日判明。全然、気付かなかったっす。メンバーが変わって演奏が上手くなった気がした。コレ(あくまで個人的に)ちょっと胸キュン。

 そして3番目がBAZRA。こっから更に個人的な想い入れ話し。

 この対バンと順番はBAZRAを考えるとちょっと無い。無いのを承知で組んでみた。BAZRAは4月にアルバムを出して、それにかけてのライブだった。でも、この日のブッキングをする時点ではまだアルバムを聴けてなくて・・・どうしようか迷った。正直、なんか状況を変えたかった。安心出来る「合うバンド」と対バンするんじゃ無くて、「一線越えたバンド」とぶつけて「一線越える“ブレ”がないライブ」を期待して・・・考えついたのが大阪で思いつく圧倒的にブレないこの2バンド。「ちょっと酷かなぁ・・・」とも思った。順番も敢えて最後にして「お客さん帰ったらどうします・・・」というYマネージャーを「絶対大丈夫!」と説き伏せたものの、自信なんて100%では無かった。不安と半々。でも、そこで何かを感じてギリッギリのライブをバンドがやればお客さんは評価してくれるとも思った。そっから先は、バンドに任せた。

 お客さんは満員。ミドリとナイフが「合う」のは見えてた。男のお客さんが多いのと、ナイフ目当ての「お酒」と「踊ること」が大好きな外人さんもチラホラ。BAZRAは最初ちょっと空気にノレなかったけど、お客さんに助けられつつも後半には倍返ししてアンコールに「バズラコール」まで貰ってしまった。これは予想外で予想以上。ファンダンゴバズラで過去最高に盛り上がったかもしれない。まだまだやれたとこもあったけれど、大阪でのある種究極の対バンにして良いライブが出来たのが嬉しかった。これで「凶」と出たら辞めるぐらいの覚悟で挑んだので「吉」と出て安心した。終わって、ご飯食べながらメンバーに謝った。こんな酷なことしばらくしませんので。でも、今日くらい「ブレ」ないライブが出来たら、酷だろうがなんだろが、「いつ」「どこ」で「誰」とやっても大丈夫だと思った。まだまだBAZRAは大丈夫だと思った。うん、大丈夫!3年前OTODAMAのオープニングバンドを飾ってくれたことは一生忘れないから。ずっと応援します。

 

 

|

2007年5月16日 (水)

お帰りミドリ

 長いこと関西を離れて、全国でライブを積んだミドリが帰ってきた。京都はMOJO。アラバキを始め、大きめなステージや先輩バンドと対バンをして何とも久々の関西ライブ!・・・と思ったら1ヶ月ぶりぐらいだった。もっと長く感じたのは僕が「ミドリ中毒」だからか?

 さすが演奏も、グッと良くなっていた。ここ2ヶ月でミドリはいろんな経験をしたはず。大阪のアンダーグラウンドから全国に向けて勝負出来る体力や方法を身につけた、極めて濃い時期だった気がします。

 MOJOは、「昇るとこも」「客席に乱入することも」出来ない造りになっていてパフォーマンスは制約されたけれど、演奏だけで全然OK!もともと抜群に上手いのでOKなんだけど、世間的には奇抜なパフォーマンスがとりあげられがちなので、敢えて言います。そんなもん無くても全然OK!全然勝負出来ます。

  この日はMOJOさんがブッキングしてくれた対バンの京都勢がイカしてた。COOPYSにニーハオ、モーモールルギャバン。特にモーモー・・・はホンマにアホ!だった。なんでこんなバンドにうら若き女の子のファンが居るんだろ?京都って不思議。オモシロイ人比率が意外に高い。

 

|

2007年5月15日 (火)

メール会員

 前からやりたかったことのひとつに「音泉のメール会員」があった。(遅っ!まだやってなかったんかい)

 それを具体化すべく打合せ。

 僕はネット関係は全く暗い自信があるので、長けてる人に相談して具体化に向けて進むことになった。

 数年前まで告知する時にはメディアの方に「おんぶにだっこ」だったのが、今は、便利になって「お金をかけず」「即効性を持って」情報を提供できる。特定多数じゃなくて、特定少数で良いから「ライブが好き」な人に集まって頂ければ良いと思っています。距離がもっと近くなったらステキ。

 システム作りに1ヶ月ほどかかるみたいですが、色んなことを考えたいと思います。漠然としてますが、わざわざネットでやんなくて良いようなこともやりたい。

 会員名は「湯仲間」になった。なんともベタですが・・・まぁそれはそれで。音泉て名前は、やはり何かとネーミングがし易いのでした。

 

|

2007年5月14日 (月)

やっさん

 デフスターレコード大阪の"やっさん"とご飯を食べた。ライブが無い時は、たいがい誰かとお食事に行って、どーでもいい話しをして過ごします。

 monobrightが7月にメジャーデビューするので、その打合せをちょっとして、あとはしょーもない話しをぐだぐだと。

 やっさんは、筋肉フェチで梅田のGOLD GYMに通っている趣味「筋トレ」の人。僕より力持ちなのは言うまでもない。ゴルフやサーフィンもやるらしい。カッコイー・・・・、なんとカッコイーんだろ。

 3時間くらい話した。この日やっさんは風邪をひいていて、エラク鼻声。口閉じてると窒息するくらい鼻がつまっていて、後半トイレに鼻をかみにいくことが多くなった。最後の方は、鼻から液体が漏れていたけど、ちょっと突っ込むタイミングが無かったので放置してしまった。

  なんともたくましいやっさんに憧れて、僕も少し前に筋トレを始めた。と、言っても「腕立て20回×2」「腹筋40回」「スクワット50回」を家でやるだけ。でも、こんだけでかなり体調が変わった。ライブの搬入搬出で明らかに重たいモノを楽に持てるようになった。駅の階段もしんどくなくなった。すんばらしい。やっさん有難う、あなたのおかげです。

 ちなみに、やっさんは・・・・れっきとした実にカッコイー"女性"なのですが。これからも男の手本として見習っていきます。

|

2007年5月13日 (日)

フラカン延期

 4月に神戸でフラカンがあった時、鈴木君の声がおかしかった。

結局、喉の調子が悪く6月上旬までのツアーを延期することになった。

 目先を考えると、フラカンはライブが生業(なりわい)なので休むのにはちょっと長いし、色んな意味で「痛い」。でも長い目で考えれば、こんなことあるのはどのバンドも同じだし、遠くを見たら今、休む方が良いんじゃないかと思います。

 チケット買って楽しみにしていた方には申し訳無いですが・・・必ずやお釣りくるくらいのライブをやって、返してくれると思うのでどうかご理解頂ければと思います。延期公演と払い戻しなどの詳細は、音泉HPの掲示板からご覧ください。

 

 

|

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »