« 2007年4月8日 - 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月22日 - 2007年4月28日 »

2007年4月21日 (土)

アナログフィッシュとtobaccojuice

 アナログフィッシュの春のツアーは、各地で対バンを招いて行う趣向。HiGEさんやらクラムボンさんやら、そして今日大阪はタバコジューズの皆さんを迎えて、心斎橋クアトロ。音泉的には本日カエラちゃんが神戸、ははきまが京都で3人でいっぱいいっぱいです。少数ボンクラの泣きどころです。

 1番目のタバコちゃんは、3月以来。今日は長めの演奏時間ながら僕は受付に居たので後半すか見れませんでした。気持ちイイとこ連れてってくれる日本代表の道を着々と進んでいる。松本君のキャラクターは相変わらず面白いなぁ。言ってること殆ど嘘っぽい。悪いなぁ・・・ホント“ワル”です。

 アナログフィッシュは1月のワンマン以来。前回が、第一期完結げなライブだったので今日は、次なる展開を予感させてくれるライブを期待!していたら、 およよ、ちゃんと新曲も組み込まれているではないですか。ササケン、下岡君双方。今までに無い引き出しの曲かも。ササケンの曲は直球+リズムの展開がオモシロかった。本編最後の下岡君の曲は、「90年代から何にも変わってないじゃないかぁ!」という思いを込めた、下岡君らしからぬエモい曲。これは、前回のクアトロワンマンのラスト「公平なワールド」とつながってる気がした。いや、つながってる。どっちかと言うと「直球」の佐々木君、「屈折」の下岡君というスタイルだったのが、あきらかに次のステップに踏み出した。下岡君は、特に「普遍的な曲」に向かってる気がする。これがとってもエモい。普段ドライな人が、一瞬見せる確信じみたウェットな瞬間は「ドキッ」とせずにはいられない。

 曲も演奏もコーラスも・・・幾つもの武器を手に入れた無敵の3Pバンドが、いよいよ世間に勝負する時がキタのか?と想像すると、またこれ楽しみでしょうがないのです。

|

2007年4月20日 (金)

スネオヘアー

 表題の方(別名・渡辺君)BIG CATでワンマン。磔磔見れなかったので、久々のスネオ君な気がする。新入りマネージャーのT中さんは、元サニーディのメンバー→スクービーのマネージャー、だったのでスネオ君の現場に居るのがやたら気持ち悪くて面白い。

 新しいアルバムも良い曲揃いで、ソングライティングはやはり類稀で。でも、この人はホント「不器用なアーティスト日本代表」。もっすごいキレイなメロディーのある曲を書けるのに、ライブでエエカッコしないんですね。毒舌はくし、下品なこと言うし。極度の恥ずかしがりなのか何なのか。少しくらいエエカッコしても良いのに・・・そこが、ここまでくると面白くなってきた。

 この日も、ステージで一瞬キレた。「曲がすぐ消費されて、可愛そうだ!」と叫んだ。確かにそうだ。アホみたいな数リリースされて、消費されて、アーティストはどんどん曲の創作を要求される。時代のサイクルがどんどん早くなってるので、ここは皆悩むとこだね。だから逆に、消費されない曲が出来ると良いね。スネオ君ならそれが書ける。流されない強い曲が書ける。もう既にあるかもしれないけど、これから作る曲はそんな曲だらけだと最高。

 福島で鳥2連チャンだったので、打上げは1件目で帰ろうと思ってたけど、軽く2件目にも拉致される。久々にスネオ君と喋れて、気がつけば外が明かるくなろうとしていた。ヤバいす、明日も現場なのに・・・・。でも、喋れて良かった。まだまだスネオ君は大丈夫だと思った。

|

2007年4月19日 (木)

monobrightみたび

  セカンドラインでmonobright。ここ最近3週間おきでセカンドラインでやらせて貰ってます。対バンが素敵で、ビードロさんとエレクトリックギュイーンズさんなど、ねじれたバンドの皆さん。monobrightもねじれてますから、イカした組み合わせでした。今冨君ありがとう。

 monobrightは、始めて大阪で真ん中のライブが出来た。安定もしてた。これが出来たら、こっから「ぶち壊す」ことが出来る。真ん中無いままぶち壊すのは誰でも出来るけど、ぶち壊すなら芯がはっきりしてないといけない。ぶち壊してナンボのバンドなので、これからやっとライブで勝負が出来る気がした。次のライブは5月19日に大阪城野音。(SWEET LOVE SHOWER EXTRA。無料なので802さんのHPからチェキラウトして是非申し込んでください!キャプストと藍坊主も出るよ。)

 打上げは、昨日に続き「鳥ふじ」。鳥が大好きなんです、僕。他のバンドの皆さんやら、関係無い酒乱プロモーター・ムネちゃんも参加してきて正に酒池肉林。monobright出口君が「大阪楽しいっすねーーー」と、言ってた。北海道から東京出てきて数ヶ月、友達居ないのね多分。大丈夫、じき東京も楽しくなるよ~。

昨日も今日もメガネの鳥に囲まれた福島の夜でした。

|

2007年4月18日 (水)

オトナモード

  セカンドラインでオトナモードがイベント出演。対バンはシュノーケルさんとNicoさん。

 オトナ~は、5月に3枚目のインディーズ盤を出す。この作品がインディの集大成になりそうなものに仕上がっていてめくるめく展開の曲が詰まっています。ある意味「プログレ」。ただ「空への近道」という、パワーポップど真ん中の曲もあったり(今まで意外になかった)、正にここ3年間の蓄積がここにある感じ。是非、聞いて頂きたい1枚です。

 ライブも、独特の緊張感があって僕は好き。他のバンドには無いスタイルを既に持っていて・・・おかげで非常に対バンが組みづらい!イベンター泣かせのバンドなんです。でも、対バン組みやすいバンドって実は「他に類似したバンドがたくさん居る」という意味では、「組みにくいバンド」の方がシーンの中では「一人勝ち」出来る可能性もある。イベンター泣かせなほど、成功する率が高い!・・・と、思ってもちろん前向きに。前向きでOK。(トモフスキーの名曲は“うしろ向きでOK”)

 今日のライブはさながらBEST的選曲だった。40分ぐらいのステージだったけれど、これまたド真ん中なライブ。個人的には、もっと変態(失礼)な変調・変拍子がヤバい曲もどっぷり聴きたいのですが、それはワンマンにとっておいて貰いましょう。6月3日に大阪城野音にも出て貰います。新緑の中、彼らの演奏は気持ち良いんだろぉな~、と思うと待ち遠しくてしょうがないのです。

 打上げは、シュノーケルさんと一緒に福島の「鳥ふじ」に。ここ美味しくて、これでもか!と言うくらい料理も出して頂ける。もちろん安いのでバンドマンの味方。ちぃ~す!(「いつもありがとうございます」の意)

|

« 2007年4月8日 - 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月22日 - 2007年4月28日 »