« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »

2007年3月31日 (土)

浜田真理子さんがフェスティバルホールで演奏されるの巻

 浜田真理子さん(ご存知無い方は左上のブログからHPご参照)が、中島みゆきさんのトリビュートライブ(って言っていいのかどうか→詳細http://funky802.com/revue/index.php)実にたくさんのアーティストが出られましたが、僕の担当は浜田さんだけなので、そこだけに絞って書きます。

 各アーティストが2~3曲、浜田さんは前半に小泉今日子さんの詞の朗読と交互に演奏を行う構成。小泉さんは、浜田さんが好きで東京のライブに何度か足を運ばれたらしく、そのことをステージで紹介がてらお客さんに伝えてくれたのでかなり良い雰囲気で、曲に入れたように思います。「アザミ嬢のララバイ」「世情」「かもめはかもめ」と、これまたステキな選曲。

 フェスで浜田さんの演奏を聴くのは個人的にひとつの夢でした。1階の一番奥で聴かせて貰いましたが、繊細なピアノのタッチと抜群の歌唱力と表現力がしっかり、会場の奥まで伝わってきました。予想通り、いやそれ以上のハマった感。フェスティバルホールマジックが起こった約10分間。UAがこの会場でやった以来の感覚。

 これも前に書きましたが、浜田さん個人的にピアノ弾き語り部門1位。これぞ「アコースティック」という「無駄な音」と「無駄な言葉」が無いのです。それはある種「パンク的」。極端にシンプルな言葉で究極の表現を出来る人だと思うのです。普段はベタな「お姉さん」(ちょっと歯に何かはさまってます)ですけど、ステージにいざ上がればホント凄い!島根に置いておくのは勿体無さ過ぎ・・・いやいや、島根在住だから良いのです。

 出演者/関係者の皆さんで開かれた「打上げ」にせん越ながら参加。ステージ降りたらお気楽な浜田さんのテーブルにお邪魔しようと思ったら、何と小泉さんも同席されてらっしゃる・・・・入り口付近の、居場所が無い人達がたまるスペースに即避難。聞けば小泉さんは41歳でらっしゃるそうで、、、何たる美貌!かたや我らが真理子さんは40ウン歳・・・僅か数歳の差でこの圧倒的な開きはなんなんだぁ?そんなことを考えていたら、マネージャーのI川さんに無理やり同席させられる・・・・こらっ!何すんねん!無理ですって!絶対無理ぃ~・・・・。

 「昔、現場やらせて頂いたことがあります!」云々、ありったけの国語表現を使って、ここ最近最高に緊張。変な汗を体のいたるとこにかく。ホントご勘弁。しかし、そんな時間も数分で、色んな人から記念写真をせがまれる小泉さん。凄いなぁ、凡人離れされた美貌の方は・・・。「助かった~」とホッとしていたら、僕の横では誰からも写真をせがまれない我らがマリコッティー・・・・。イイじゃないすか!ステージ上がったら、天から二ブツも三ブツも与えられてるんですから!贅沢言わないの!

|

2007年3月29日 (木)

ミドリ/Hatch

 ミドリが、なんばHatchで「グループ魂/The Birthday」のオープニングアクト。こないだの時雨と言い、今日のミドリと言い、この世間的にはまだまだ無名の、しかし将来的には確実に一石を投じるであろうバンドが、どういったお客さんの反応を得られるか?楽しみでしょうがなかった日です。

 結果は、、、、、ライブ後の僕は軽く放心状態。「受け入れられた」のか「られなかった」のか、判断がつかなかった。残念ながら会場に居る満員のお客さん「何割かには伝わらなかった」ことは理解出来た。

 この辺りから、“超”主観的な視点で書きます。

 いつもライブハウスでは圧倒的なライブを見せるミドリ。

 初めてのデカイ会場、初めてのアウェイ感。そんなことは関係無く「ぶっちぎったライブをやってくれる!」と、思っていたけど、本番中僕はステージと客席の間で、客席になだれこんだマリコちゃんを引っ張り出すのに必死で、客観的に「ライブがどうだったか?」良く解らなかったのです。良く解らなかったけど、いつもの120%のヤラれた感(ヤッた感?)は無かった。最後の曲「POP」をマリコちゃんは泣きながら歌っていた。

 「100人中100人が納得する音楽なんてこの世に無い」とは解っているけれど・・・・ミドリ然りで、この夜集まった全員の(それも殆どが初ミドリであろう人達)心を掴むなんてことは出来ないのは解っていたけれど、最大限に何かを期待していた。「100人中100人のド肝を抜く」のを期待していた。

 多分それは出来なかった。決して悪いステージでは無かった。ギターが全く鳴らなかったりのトラブルはあったけれど。「こんなもんじゃ無いのに・・・」という悔しい感情が残った。マリコちゃんの「優しさ」が伝わらなかった。ギリギリの愛情表現が伝わらなかった気がした。そこが、無性に悔しかった。

 イベントは難しい、ライブは難しい。こんな日も「生」だからあるとは解っていながら、飲み込めない夜になってしまった。何言ってるか解らないですよね?自分でも整理出来てないのです。整理しきれないのでした。

「じゃあ、書くなよ!」

「・・・・・・。」

 

|

2007年3月28日 (水)

前にも同じよなこと書いたかも。。。

 「たまに」というか「良く」というか、「音泉でやって欲しいアーティストが居るんですけど・・・」と、有り難いお話しを頂きます。仕事を貰えるのは大変嬉しいことで、それも先方からお声かけ頂くなんてことは冥利に尽きたりもします。

 ただ、贅沢なことなんですけど中には、音泉のことあまり知らないままお願いされて来られる方もいらっしゃって・・・そんな時は、かなり返事に困るというか、「何」を「どう」説明すれば良いか悩むのです。

 説明すれば解って頂けるだけの話しかもしれないのですが、普段の僕らの「ラインナップ」をあきらかにご存知ないまま相談されて来られると・・・その時点で、「共通言語」が生まれない気がして、説明しても多分理解されない気がするんです。それを考えると、キモを説明せずに話しをするのは至難の技で、知ってる単語使って少しの不信感を持たれながらもなんとか乗り切るのが精一杯。これ、非常に疲れる仕事の要素なんです。

 でも、これと似たことこっちもやってるかも知れない。相手のこと良く知らないまま、「この告知お願いします」とか「このCDかけてください」とか、、、多分、自分はやっていた。多分じゃない、マチガイ無くこの仕事始めたての頃はやっていた。書きながら思い出した。

 ある無名アーティストをある局の有名ディレクターさん兼DJさんに「レギュラーやらせてください!」と、先方のことを完全に無視して突っ込んだことがあった。無名の人が、そんなことをするには「時期」と「人脈」と「構想」と「相手のノリ」とetc・・・数え切れないくらいのハードルがある。それを無視して、いきなりゴールテープを切りに行ったことがあります。相手は、確かにメチャクチャ困ってはりました。苦渋の顔をして、僕を傷付けないように対応してくださっていたような。

デイル石橋さん、その節は申し訳ありませんでした!

 でも、行かないよりは行った方がいいですよね。「行けば(あとあとでも)解るさ!」

|

2007年3月27日 (火)

GSGP

  今年初のGSGP、monobrightとイワサキアイちゃんが出る。

「GSGP」とは「GREENS/清水音泉/グリコ/ぴあ」の頭文字をとった略なんです。毎回出演者の方がステージMCで疑問を投げかけるので、この場を借りて再度説明しときます。

 アイちゃんは久々に見た。歌は相変わらず抜群で、日本人にしとくのが勿体無い。個人的には弾き語りでもっと見たい・聴きたいと思いました。

 一ヶ月に一回どころでは無い頻度で大阪のライブを重ねているmonobrightのは、来るべくメジャーデビューの日に向けて着々と闘魂注入されてる模様です。くるり、ユニコーン的な存在になってくれれば最高。ライブ後にFM802に初生ゲスト。僕らの憧れ、「不老不死の水」を飲んでるであろうDJ:マーキーさん(50ウン才)の番組にお邪魔。ラジオなのに、「メガネ」「白ポロ」「黒ジーンズ」で揃えるバカッぷり。見えへんから解らへん!ちゅうねん。好きよ、その無駄な努力。

 次は4/19セカンドラインで、ビードロ、ギュイーンズとイカした夜をともにします。

|

2007年3月25日 (日)

凛として時雨ワンマン

  凛として時雨、ファンダンゴワンマン。チケットは、「あっ!」ちゅうまにSOLD OUTで勢いを感じます。先日なんばHatchでアドレナリン湧きでまくった「銀杏/クロマニヨンズ」とのイベントの余韻も冷めやらぬ状態で十三に早めのチェックイン。

 この日はPAの梅木さん(プラムチャウダーじゃ無い)が北陸から地震の影響でリハに間に合わず、本番ギリギリに間一髪セーフ。一旦福岡に行ってから大阪に入り、ライブ終了後は楽器車で東京に戻るという、ホントご苦労様のスケジュール。移動費に幾らかかったかは、この際考えないようにしよう。

 ライブは、もうね・・・・何回見ても「ゾクゾク」する。「平熱の狂気」とでも言うべきか、36度5分の体温(いんや、もっと冷たい肌触りかも)で瞬間的に沸点を越えてくる。体温高い人が熱いことやってもそれは予想範疇内。そうでないから始末が悪い。例えるなら、敬語使うヤクザほど恐いものは無い・・・ん?ちょっと違うか。

 バンド名や曲名、歌詞のネーミングのセンスから、訳が解らぬほどカッコ良い曲の展開やら、平然とやり遂げる高度な演奏やら、全てがドライなのであります。こんな湿気の多い国でなんでこんなに乾いているのか・・・。そこがまた抜群にカッコイーのでR。

 反してというか、だからというか、お客さんは熱いです。そしてめっちゃ若い!昨今のロックマーケットの高年齢化はそれはそれで成熟に向かって良いのですが、この新世代バンドに確実に新世代のリスナーがついてるのには、おっちゃんとしてはもの凄く嬉しい。「おっちゃんがダメになったら後は頼むね!」と一人一人に言いたいくらい。

 実に頼もしいバンドに頼もしいお客さん、おっちゃん出る幕無しか・・・いや、悔しいので、もうちょっと食い下がってみる。ライブ見ながら「ゾクゾク」出来てるうちは、ギリギリセーフかも。セーフにしておこう。

 次回ライブは7月14日、クアトロで決定。夏場に「つらら」で刺されるような凍りつくライブ・・・・うわぁ、考えただけで気持ちイイのだぁ。

 

|

« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »