« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月10日 (土)

宣伝の難しさ

  昼間ミドリの取材をする。タイプ的に「どんな取材もOK」という類のアーティストでは無いのでかなり絞り込んで2誌お願いさせて頂く。アーティストが届けたい「人」がいるとするならば、メディアの先にいる「人」と、それぞれリンクしないといけない。それと、取材して頂く方がアーティストのことを理解して貰わないといけない。この2点が、取材の大前提。キモなのです。

 それを踏まえてセッティングした、ものの・・・・ミドリのように頭で考えず、感覚的に発信するアーティストに敢えて頭で考えさせる質問は立ち会っててちょっと辛くなる。取材して頂く方は、それが仕事なのでしょーがないし当たり前。そこでミゾが生まれるとしたら、こっちのシュミレーション不足に他ならない。その居心地悪い感じが今日はちょっとしてしまった。反省。

 僕のお付き合いさせて頂いてる女性のアーティストは、そんな感覚的な人が多い気がする。CoccoちゃんやUAさんやYUKIちゃんなんか、感覚的なところが(特にライブでは)多分にあるので、見ていて最高に何とも言えない気持ちになる。言葉で説明出来ない感動を覚える。ミドリのまりこちゃんにも同じことを感じた。リスナーとしては、最高にドキドキする。でも仕事としての接し方はより難易度が高い。やりがいとしても最高なんだけど、今まで培ったものがあるとしたら全部使わないとこっちも負けてしまう。消耗もする。僕らは消耗してもいいけど、アーティストは消耗させてはいけない。今日は、それを再認識させて貰いました。まだまだですわ~(萎え萎え)

 取材のあと、ベイサイドジェニーやマザーホールのブッキングをやっていたノブちゃんの結婚パーティーに行く。「相手の子は誰?」「お客さんだったらしいですよ」・・・ナニ?お客さんイっちゃったの?そんなんスマッシュのDJおじさんと君ぐらいやん!アカンやん、そんな80年代のバンドみたいなことしたら!ルール違反やん!!・・・なんて思いながら、まぁ責任とって結婚したからいっか。ノブちゃんおめでとさんです。

|

2007年3月 9日 (金)

ミドリ@キングコブラ

 アーティストの皆さんでブログやってる人が凄く増えてきた。なので、知り合いの方のブログを左上のリンクに追加していくことに。全部一度には大変なので、その日会った人のを順番にしていくことに。とりあえず、DOESとミドリのお二人をアップしました。出来れば僕のなんてどーでも良いので、そっちをブックマークしておくんなまし。

 今日もミドリ。心斎橋のキングコブラでトリ。オシオシで始まったのがもう夜10時ぐらい。今日は、最近の中では短く感じた。実際短かった。「あんたは誰や」が最後でなっげっぱなしジャーマンスープレックスな終わり方。トホホ・・・違う、途方にくれる僕。今日もやられた。

 見にきて貰った、ぴあの女子二人、fmosakaのディレクター女子、802DJのカトマキちゃんなど、終わってもみんな女子は楽しそうだ。男はみんなヤられてるのに・・・女子は笑ってるよ~。強いよ~。カトマキなんか2曲終わって僕をどつきまわし「ナニ、これーーー!スゴイスゴイ!」とキャッキャッ言って喜んでる。信じられない。。。恐るべし。見かけによらずオトコマエなのね・・・知ってたけど。

 最近、ミドリを知らない人に見て貰うキャンペーン中。毎回反応が凄く楽しみで楽しい。んが、オトコマエの女子の反応は、情け無い自分が浮き出てくるのでちょっと考えモノになってきた。

 でもね、ミドリはたくさんの女子に是非見て貰いたい。熱望。

|

2007年3月 8日 (木)

DOES

  DOESのワンマンライブがファンダンゴであった。年末の超小規模ワンマン(?)を除くと、大阪では初のワンマンライブ。僕らが関わり出して丁度1年、デビュー時に802のヘビィローテーションなども頂き、怒涛のツアーもこなし、ここ半年は慌しくも、濃いい、実に濃いバンド活動だったような。

 その濃さは内容にも現れて、おおよそ文句のつけようが無いライブだった。演奏も、数曲披露してくれた新曲の内容も、文句つけようが無かった。別に「文句」言いたい訳じゃないんだけど、あまりにもりりしいライブだった。太い、どこまでも骨太。3人編成で骨太なバンド日本代表。

 これと似た感覚のバンドが過去に居た。チキンジョージでまだお客さん200人ぐらいだった時に偶然見たミッシェル。「エッジ」と「太さ」と「りりしさ」がそっくり。事務所のNO-NOさんが、両バンドともやってらっしゃるからでは無くて、個人的感覚でくりそつなのです。

 新曲の引き出しも、予想しない曲ばかり。打上げで話したボーカル・ワタル君の頭には、まだまだ出したいことが眠ってるみたいで。まだまだ濃いい時期は続きそうです。

 打上げ後、深夜からNO-NOさんと収録さんチームと麻雀に出かける。しかし、十三で雀荘など知らなく、探したけど無く・・・途方にくれてると、キューンのイケ面、関君が「風俗無料案内所」で潔く聞いたとこ、すぐに教えてくれた!グッジョブです。しかし、案内所はそんなことも教えてくれるのね。見直した。

|

2007年3月 7日 (水)

monobright見参!

 monobrightという4人組(ふろむ北海道)が大阪で初ライブ。昨日はBLOC PARTYのオープニングアクト@なんばHatch、今日はセカンドラインと2連チャン。大阪初ライブがHatchで・・・それもBLOC PARTYとは!何と恵まれてるバンドちゃんなんだろ。ちなみに僕BLOC PARTYは「なんのパーティのオープニングなん?」と最近まで思ってました。失格も失格、死んでしまえ!洋楽疎いのが露呈。あぁ、情け無い。

 モノブライトの4人は全員“眼鏡ちゃん&白いポロ”・・・という、まぁある意味ビジュアル系。写真は全員POLYのハヤシ君に見えるも、実物はもっとブサイク。。。嘘、愛嬌ある4人組なのです。普通この世代の人はblurとかoasis(洋楽知らないので知ったかブリね)の影響を反映してるのが基本なのに、遡ってXTCやトッドラングレン並みの耳年マぶりを発揮してるのがまず変。曲が明らかに変なのです。面白いのです。演奏も結構しっかりしていて、リズム隊しかり、ギターの松下君はかなり個性的なギターを弾く。ボーカルの桃野君は、ひたすらエモい。エモくて微笑ましいのだス、暑苦しく無いのだった(これ大事)。ちなみに昨年、神戸で関西初ライブを見た時は、チャットモンチ、ANATAKIKOUらと対バン。キテレツなMCで右に出るモノが居ないアナタキコウ松浦君も食ってしまうほどのエモいMCと、自分で地雷仕掛けて、自ら踏んで飛んでいくよな刹那的演奏にかなりヤられてしまったのでした。

 ハッチとセカンドラインは、良いとこ悪いとこ色々出たよな。今のうちはコケてもいいよね。この数ヶ月、東京に出てきてアホみたい(関西流ホメ言葉)にライブをこなしグングン成長してるのは確か。次の関西ライブは3月27日GSGP、かなりの期待を持って見に行くことを決めてる僕でした。(仕事やから行くんですけどね)これから、どなって、どこ行くんだろ?・・・というロックバンドとしてのドキドキ感があるバンド。monobright!湯仲間に加わった夜なのでした。

|

2007年3月 6日 (火)

ハルコ送別会

 エピックレコード大阪のプロモーター“ハルコ”が、東京に移動になってしまった。ハルコは1年前に大阪に移動してきて、それまではアナログフィッシュの宣伝担当を東京でやっていて、謂わば宣伝の司令塔。アナログフィッシュを一緒に、ずっと宣伝活動してたので前から顔見知り。みんなに愛されるその天然キャラは、大阪に移動が決まった時に色んな人から「ハルコをヨロシク!」言われ、またアナログフィッシュのツアータイトルで「ハルコスプリングコレクション・・・」とか使われるほどバンドからも愛され、大阪で天王寺のアリスにミドリを見にきてボーカル・マリコちゃんに「アホんだらっ!ナニわろとんねん!!!」と毒づかれながら一命をとりとめたりと・・・・皆に愛されてる人だったのです。

 そんなハルコが東京に行く!目標だった「男を見つける」公約も果たせず手ブラで東京に帰ってしまう。こんな残念なことは無い。昨日はハルコをしのぶ送別会。またの名を「オトナの発表会」と銘打ち、それぞれ持ち芸を披露する宴。僕は、のれんがアホなのでこんな時良く期待されるのですが、一芸なんてものは全く持ち合わせていない、ダメ地味人間なのです。しょーがないのでマクドのハッピーセットで貰える「消えるドラえもん」(結構優れもの!)でお茶を濁し、グリーンズの「男前」「お金持ち(多分)」「独身」の3拍子揃ったY井さんにフリ逃げ。横Iさんは「舌でタバコを消せる」「燃えたティッシュを口の中に入れて消せる」「クラッカーを口の中で爆発させれる」・・など特効芸に関してはギミックさん(特効会社)ばりに一流なので、ほぼダマテンでバトンタッチ。「いやや、いややぁ!」言いながら、しっかり盛り上げてくれたのでした。

 この横井さん(あ、名前言っちゃった!)の家にハルコを今宵、強制送還→東京にお土産を持って帰って貰おう!という、若干強引な展開を2件目で策略するも、お互いテレ屋なのと、お互い奥手(だから伴侶が見つからへんねん!)なので・・・・無残にも目論見が外れてしまった。二人とも良い人過ぎるのよねぇ・・・・。あとハルコは酔っ払い過ぎて、最後は話しにならんかったのです。残念・・・タダで東京に帰してしまった。大阪人として納得がいかない。イヤがろうが、喜ばれようが何でもいいからなんか持たせてあげたかった。。。。。

 今日はいささか身内ネタですいません。東京の皆さん、ハルコをヨロシクお願いします。特に35歳以上の未婚の男性、ヨロシクお願いします。

|

2007年3月 5日 (月)

竹内電気

 昨日セカンドラインで“変”なバンドを見た。名前は「竹内電気」。CDは事前に聞いていて、シュガーベイブやナイアガラ的な“極上ジャパニーズシティポップス”、しかしジャケットを見ると・・・なんとキモい人が居る。「この音源で、この演者は無いよなぁ・・・・」と、思い。興味深々でセカンドラインに行く。

 登場SEは山下達郎さん!編成は5人で、Vo&Key、Dr、Bにギターが二人。センターのキーボード&ボーカルの人は一番まとも。目に付く(というか釘付け)は、一番上手(ステージ向かって右側のことね)に陣取った、長髪&メガネ&オシャレじゃない&太った、4拍子揃った超絶(見た目ね)ギタリストの人!すんごくオシャレなギターカッティングしてるのに、ハードロック(?)なパフォーマンス。「そんな早弾きしてるよな顔で体上下させなくても、爽やかに弾けるでしょ!そのフレーズ!!」。要は、「見た目」と「出音」が全く違うのです。これは、5感がおかしくなること受けあい。肉まんかと思ったらあんまん、あんみつかと思ったら味はインディアンカレー、抹茶オーレかと思ったらドクターペッパーetc・・・・。なんじゃコレ!

 そのギターの人のMCが、またこれかなりキモい。何言ってるかあまり解らない、かつぜつも悪い・・・・HP含め、写真は常にそのキモい人が真ん中に居る。良かった。。。ボーカルじゃなくて。写真はまだキモくないが、実物はかなりキモいです。http://takeuchidenki.com/profile.htm

 名古屋発、極上POPバンド「竹内電気」。目を離したい(そらしたい?)けど、恐いもの見たさ、聴きたさでまた見てしまう気がします。。。くわばらくわばら。

|

2007年3月 4日 (日)

LOST IN TIME

 LOST IN TIMEのニューアルバム「さぁ、旅を始めよう」がリリースされた。タイトルの如く、ひたすら「蒼い」アルバム。もともと赤裸々な歌詞に全く嘘が無い海北君のボーカルは、ライブごとにとても心揺さぶられていたのですが、今作は更に日本語の歌詞の限界に挑戦している。ギリギリの「喜怒哀楽」。「いなたい」と言えばいなたいんですけどね、でも日本人であれば避けて通れない曲達が全14曲並んでいるのです。

 もうひとつ大きく変わったのが、昨年3人だったロストのギター・榎本君が脱退したこと。それを受けて、ベースボーカルの海北君が、ギターに持ち替えて再始動・・・の、アルバム1発目なのです。僕はバンドやったことないのですが、アーティストにとって究極の変化なのではないのだろうか?と思います。バンドの基本のベースが変わる。それももうひとつの核であるボーカリストが楽器を持ち換えてしまうてことは、出てくる音がガラッと変わるということになるはず。今までのスタイルを捨てて、より上を目指すのはとてつもない勇気や向上心や姿勢が必要なはず。タイミング合わずで、僕は新生ロストのライブをまだ見れていないのですが、この「男気」にも期待でいっぱいなのです。海北君のボーカルと歌詞が、より刺さってくるライブに絶対なるはず。(見てないので全部「・・・はず!」。でも自信アリ)

 大阪のライブは4月29日(日)BIG CAT。これを見ずして日本のロックは語れないのでした。

 

|

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »