« YUKIちゃん大阪城その② | トップページ | YUKIちゃん大阪城その④ »

2007年10月 6日 (土)

YUKIちゃん大阪城その③

 そしてやってきました本番初日。

 オープニングは舞台前に吊られた幕に映像の演出。映像のドアが開くと幕が振り落とされセンターにYUKIちゃん登場。「長い夢」から「the end of shite」まで立て続け3曲。the endは日暮愛葉姉さんによるソロデビュー曲でおいどんはごっつ好きですたい。メチャROCKですたい。

 最初のMCで「今日も“上手く”歌うよりも、“心をこめて”最後まで歌いたいと思います」。ここ数年彼女はいつもステージでこう言ってる気がします。素直でシンプルで、この言葉非常に好き。

 しかし頭からバンドの演奏が凄い。2年ぶりとは思えないこのバンド。奇才ギタリストー松江潤君(SPOOZYS他色々やってはります→http://www.guitarbose.com/)中心に、ドラムは松下敦君(ZAZENBOYS)、ベースは木下さん(PUFFY等)、キーボード皆川君(数少ないロックキーボーディスト、色々やってます)、DJ&マニュピレートにYOHEY君(元吉本興業で芸人さんを目指し何故か今ココに居る、笑いもプレイの最高の大阪人)の5人。それぞれに自分のバンドを経て濃い活動をしてきているので、ありがちな「ボーカルをたてた当たり障り無いバッキング」とは全く違う。個々で存在感があって、全体でバンドとしてのグルーブがあって、しかしYUKIちゃんがそれを越えて、ノッテ、ブツかってetc・・・相乗してエライことになってます。正に理想的なロックバンドとボーカリストの関係。前回までのツアーで出来上がった愛情と信頼が、全くブランクを感じさせない。既にこの時点でヤバいっす。

 前半の山はゴスペルナンバー「ティンカーベル」、コーラスの女性お二人が日本人離れしたソウルを聴かせてくれて、お客さんと合唱で前半終了。

 後半は「ヘイユー」から始まり、アッパーなナンバーが続く。「66db~Rainbow St.~WAGON」 の流れは、さながら点滅したマリオ状態。この人に敵う人は居ない、圧巻の「無敵」状態。そこから「JOY」・・・この曲のイントロを聴くだけで涙腺が緩むのは僕だけ?いや、みんな緩むはずだ。

 そして、本編最後が「歓びの種」、アンコール最後が「プリズム」。「JOY」からこの2曲が、このライブのハイライトに思えた。「偽らざる気持ちです」というMC通り、激動の5年間をこの歌詞が物語っていた。これだけ人にパワーをあげれる類稀な存在の人でも「不安」や「葛藤」があることをなまなましく知らされます。 

 これは他のアーティストにも言えることですが、見てて「そこまでやらんでエエやん」と思える時があります。「そこまで身体(み)切ってやらんでええのに・・・」、と思う時が。自分の限界以上にやってしまう。少しくらい手加減したり休んだりしてもイイのに、と。しかし、そんな人達のライブは必ず人を感動させる。気付けば、そんな人ばかり仕事とはいえ追っかけてしまってた。そんな人以外のステージは感動しなくなっていた。

 ライブ自体は、もの凄く多くは無かったけれどこの5年間は彼女にとってターニングポイントであり、確かにそんな集大成的なライブだった。そして、彼女が一生歌うことも確信した。そして歌わざるをえないことも、歌うべき本当に選ばれた人であることも。

 とても素晴らしい、節目に相応しいライブだった。

|

« YUKIちゃん大阪城その② | トップページ | YUKIちゃん大阪城その④ »