« 萬福寺でOTイベント | トップページ | 新年度にあたり・・・ »

2007年10月25日 (木)

MODS森山さんと飯室大吾君

  THE MODSの森山さんが新作のプロモーションで来阪。ラジオや雑誌の取材を精力的にこなされる。今回特に良かったのは、802の若手DJ飯室大吾君との絡み。森山さんのお話しは本当に面白くて、キャリア通りの説得力も抜群で、一度お話しすれば感銘を受けます。そんな51歳、デビュー26年目の森山さんを若手のメディアの方にも知って頂きたくて、取材を設ける。一番感心したのは「ガキの頃好きだったこと(ROCK)をいまだ好きで居られて、生業に出来てるのが何より幸せだね」という一言。好きだったことを嫌いになるほど哀しいことは無いのであると・・・マイクの前の飯室君の如く、自分もスタジオで感動。このうがったところが全く無い、純粋な男気が森山さんなのです。

 25年以上ともにしたドラムの梶浦さんに変わり加わった新ドラマー(なんと20代の若さ!)と、新たな気持ちで26年目に向かったMODS。若々しい音に仕上がったように聴こえる新作「FREED」は、実際空耳では無く初々しい息吹を感じるアルバム。次の10年に向かってのスタートでもあります。

|

« 萬福寺でOTイベント | トップページ | 新年度にあたり・・・ »