« 京都音博リハ | トップページ | UA »

2007年9月23日 (日)

京都音博本番

   明けて本番当日。一番目の演奏は地元京都から“ふちがみとふなと”のお二人。ええ、そうなんです。“ふちがみさん”(女性ボーカル)と“ふなとさん”(男性ウッドベース)による、京都を代表するユニット。童謡~パンク、カバーまで何でもござれの個人的に大好きな人達。このお二人をこんな大規模なイベントにブッキングされるのはかなりステキ。「地元愛」と「ミュージシャン愛」に溢れてます。ここで冷静にキャスティングを見ると・・・小田和正さん、Cocco、大江哲弘さん、Jason Falkner、初めて知ったルーマニアのジプシーバンドTaraf de Haidouks、アイルランドからLiadan、そしてくるり・・・なんだこのメチャクチャなブッキングは~!と、思ってしまいますが・・・これを全く違和感無く筋を通して繰り広げてしまったのが、くるりとこのイベントのキャパシティのデカさだと思います。イヤもう、くるりでしか有り得ない。小田さんとふちがみとふなと、そしてJason Falknerって・・・・、最高!誰もマネ出来ないっす。

 ビークルの日高さんしかり、アーティストがプロデュースするイベントも最近増えてきたように思います。野球で言うとプレイングマネージャー的な。やっぱり、アーティストの方が“直々にブッキングしてイベントを作る”ってのは、お客さんにとっては非常に解り易いし面白い。「何故この人がキャスティングされてココで演奏するのか?」筋も通るし聴くほうも前ノメリになりますよね。僕らも、そこは目指すところですが・・・やはりアーティスト本人には敵わない気がします。楽器演奏出来ないし、何よりステージ上がったこと無いですから説得力が足りない。唯一勝てるのは「客目線」だけかなぁ?う~ん、イベントやる時は、ある意味アーティストの皆さんとも勝負(イイ意味でね)して行かなくては。

 ふちがみさんが終わって、Cocco先生を迎えに行く。天気予報は「晴れ」だったのに、空の様子がおかしい。

 ギターの長田さんと二人で“強く儚い者たち”から空気が一変する。アコースティックでも強烈なボーカルで失神寸前。異様に音も良かった。

 最後“ジュゴンの見える丘”の前にMCをが長くなった。前の日、京都の街中で「沖縄基地移転反対」のチラシを偶然貰って、そこに少し違う沖縄の現実が書かれていたことと、改めてこの曲への想いを語る。基地反対の裏では、実際に基地の恩恵を受けて生活している人々も少なくないこと、また「どうせ誰かが引き受けないといけないなら自分達が受け入れよう」という優し過ぎる人達、そんな様々な地元の人の感情を考えていると何が本質なのか解らなくなりがちなところに、「ジュゴンの為に良いことは何だろう」という人間よりも長くその海に住み続けている(住めなくなりつつある)動物に答えがあるのでは無いか?というのがこの日のMCの僕なりの解釈です。(実際は彼女は自分の言葉でこの何億倍も説得力を持って話したので、鵜呑みにしないでください)

 そして演奏予定時間オーバー。次の小田さんの演奏中に雨が降ってきてしまった・・・・(汗)。初めて聴いた小田さんのナマ声は、ホントやばかったっす。こんなキレイな声の人がこの世に存在するのか?!!!はい、確かにいらっしゃいました。

 この辺りから断片的な雨に見舞われ、Taraf~の時には“豪雨”に近い状態に。客席も含め、イベントがどんよりする。天候と逆に最高に陽気な演奏を、我慢してじっと聴いてるお客さん・・・貴方達サイコーだぁ。。。でもこの雨はあまりに辛い・・・辛すぎる。と、思っていた矢先、この雰囲気を察知した(ように僕には思えた)Coccoがステージの袖から出て行って踊り出した!そして、同じく袖で見ていた岸田君に向かって「(オマエも来い!来て一緒に踊れ!)」と(僕には聞こえた)、目と手で招き二人で踊り出したのだ!これでイベントの空気が変わった。もう、ステージ上の奇跡に雨も何もが楽しくなった気がする(実際次の日風邪ひいちまった人、はごめんなさい)。ある意味、裏ベストアクトはこの二人のダンスだった。

  最後のくるり演奏時には、仕込まれたように天気が回復してウソのような夕焼けも見えた。正に野外マジック。色々あった1日だったけど、最高のエンディングだった。

 司会進行もこなしていた岸田君と佐藤君は、疲労困憊の模様だったけどイイ顔してた。来年からも、続けたいそうな。関西人としては是非、やって欲しい。「ここ」で「この人」にしか出来ないイベントって、やっぱり素晴らしい。

|

« 京都音博リハ | トップページ | UA »