« アントニオ猪木酒場 | トップページ | 京都音博本番 »

2007年9月22日 (土)

京都音博リハ

   昨日Coccoちゃんの802ラジオレギュラーがあって、大阪~京都に移動。

 くるりさん主催「京都音博」http://www.kyotoonpaku.net/のリハーサルがあるので一緒について行く。(僕は部外者なのであまり多くを語れる身分じゃ無いのですが・・・・とてもステキなイベントだったので関係者の皆さん、ご容赦ください)

 会場の梅小路公園は、京都駅からほんの少し西に位置する都会の中の公園。NYで言うとセントラルパークげな(?)佇まい。ステージバックには見事に京都タワーが見える!これはもちろん計算づくなのでしょうが、これだけで「くるりにしか出来ないイベントである」ことの象徴。そして、会場にはたまに汽笛(?)が鳴り響く。これも、非常に良い演出でくるり好き・電車好きにはたまらない。

 会場に着くと、くるりのメンバー二人といかにも“イキ”な初老の男性が出迎えてくれる。このイキなおっちゃん・・・やはり、というか岸田君のお父さんでした。「このパパにしてこの子アリなのか・・・」と思うと、やたら興味が沸いたのですが、一言も会話出来ませんでした。

 リハーサルが始まる。公園のそばにはびっくりするぐらい近い距離に住宅がある。所謂電気楽器は最小限に、基本アコースティックでの演奏になるとは聞いてましたが、しかし、アコースティックにしても充分な音量で・・・近隣の方の理解がよほどあったのと、主催者の皆さんの啓蒙活動が垣間見えた。そういった意味では音のストレスは本番を通して無かった。

 Cocco先生は早々とリハを終え、生まれて初めての京都に繰り出した。802レギュラー初回で、チェックしていた京都本を片手に買い物に繰り出し、夜は鴨川の「床」でお食事。3連休の初日だったので、それはそれはドエライ人・人・人!「床」なんて空いてる訳も無く、三条の方から飛び込みでお店に入って行くも門前払いの嵐・・・。四条通りまで行ってダメなら諦めようと、十何件目に入った店が何とか空いていた。

 「床」の上は、鴨川沿いなので実に気持ち良い。人が多いことを除けば最高。明日晴れることを願い、本日はこれにて。

 

|

« アントニオ猪木酒場 | トップページ | 京都音博本番 »