« 非日常(ちょっと残念やけど)脱出 | トップページ | 9月! »

2007年8月29日 (水)

SION

  シャングリラでSION。2年ぶりのアルバム“20th milestone”のレコ発。超絶ギターリスト松田文さんとの二人だけのライブ。満員御礼です。そんな派手な活動してないのにお客さんがちゃんと待っていてくれる。

 SIONはその独特の美声(?)や、熱いスタイルに(本当はおちゃめです)好き嫌いが分かれるアーティストかもしれません。僕は好きです。明らかに「選ばれた人」であることや、唯一無二なところや、熱くなれるところや、泣けるとこや。

 今回のライブチラシには、サンボマスター山口君や福山雅治さん、中島美嘉さん、永瀬正敏さんらがコメントを寄せていました。これがとてもステキ。「頼まれたから」ではなくて(もちろん誰かが頼んだのですが)、SIONの歌に救われたり、ヤられた人達のあたたかいコメント。僕とおんなじ。永瀬君も福山君も僕とおんなじ・・・一回死んだ方がイッすか? 

 20枚目のアルバムにして、歌いたい気持ちと、歌うことが楽しくてたまらない気持ちがCDにも、今日のライブにも溢れていました。「それさえあれば」という曲がとても好きで、今日のライブで聴けてたまりませんでした。

 そしてSIONの歌には四季がある気がします。具体的に季語が無くてもね、春夏秋冬(歌ってましたけど)が感じとれる。夏の終わりにSIONが聴けてホントに良かった。

 今度は日本最強のバンドのひとつ“MOGAMI”をバックにしたライブも見たいです。こないだ日比谷野音ではやったんですよね。大阪のお客さん代表で、近いうちにこっちでも実現したいと思います。がむばります。これしかできん人なので、ずっと続けて貰えるよう微力ながら、がむばりますよ!

|

« 非日常(ちょっと残念やけど)脱出 | トップページ | 9月! »