« 3/4GUMBOS | トップページ | 来生さんと麻雀 »

2007年7月14日 (土)

時雨クアトロ

 凛として時雨(http://sigure.jp/PC/top.html)クラブクアトロワンマン。3月に銀杏BOYS/クロマニヨンズとのイベント、ファンダンゴワンマン(SOLD OUT)を経て、今年3回目の大阪でのライブ。売り切れなかったものの動員はまさしくうなぎ上り(文字にするとちょっとまぬけな感じしますね“うなぎ上り”って)。しかも凄いのは、ほぼライブとCDの評判、所謂「口コミ」だけでこのセールスまで来ているところ。アナログ時代の80年代後半~90年代はじめのバンドブームならいざ知らず、情報が溢れかえって「ナニが信憑性があるのか?」よく解らない今の時代となって、こんなことは殆どあり得ない状況で、そのライブがいかに圧倒的かがここからもはかれます。

 8月発売予定のセカンドフルアルバムからも数曲、そして所謂このバンドならではの“キラーチューン”を並べ約90分。仕事の用件で肩を叩かれることが無ければ間違いなく、最初から最後まで1cmも動けないライブだった。それぐらいに「打ちのめされる破壊力」と「有無を言わせてくれない音が体を刺す演奏」なのです。そして静も動もも含め、ニルヴァーナから変貌したギターバンドの流れがこんなところに進化して着地してる気がします。

 全てのロックファンに見て貰いたい!そんな激オシしたいバンドです。

|

« 3/4GUMBOS | トップページ | 来生さんと麻雀 »