« 今年初めてフェニックス | トップページ | 佐野元春② »

2007年6月17日 (日)

佐野元春

 家でTVつけてたら、偶然「堂本兄弟」佐野元春さんが出ていた。何を隠そう、僕が最初にコンサート見に行った人なのです、多分。高校生の頃で、同時期に岡林信康さんも見た(それも「どやねん!」って話しですが)ので前後関係は忘れたものの、どっちがが初めて見たコンサート。そっからこの仕事につくまで佐野さんのコンサートには毎回通った。次々に繰り出される斬新なアイデアはメジャーでは今思ってもあり得ないマニアックさだったり、革新的なものだったり。大人気だったのでチケットはいつもSOLD OUT。ネットも無かったのでプレイガイドに徹夜で並んだり、必死で日曜朝10時から電話しまくったり。実際、この仕事始めてから、短い期間ですけど佐野さんを関西で担当出来た時は凄く嬉しかったのを覚えています。緊張しまくったのはもちろんですが、何よりも「コンサートを毎回タダで、チケットも苦労してとらずに、こんな近くで見れる」ことに感動しました。「なんて、いい仕事なんだ~」と。その当時バックバンドだった、ドラムの古田さんや、ギターの長田さんと今お仕事させて頂いてるのも光栄&不思議な感じ。

 自分も年々「スレ」て無感動になっていったり、おまけに「モノ忘れ」も激しいので、そんな「憧れの人」との純粋な感動なんかは年とともに忘れていくもんなのですが、今日久々に思い出しました。ところが、当時僕にとって(世間的にも)カリスマだった佐野さんも、今となっては「天然」で「カワイー」扱いをされていて・・・「まぁそれはそれでしょうがないかぁ」、と思いながらテレビ見てたら最後に1曲演奏(曲はアンジェリーナ)。佐野さんが、ド頭ギターソロ~カウント(ワン、トゥー、スリー・・・)してバンドが一斉に入るところが、カッコ良すぎて・・・気絶しそうになりました。この数秒で、ロックスターか否かが決まるのであります。曲や演奏もとっても大事ですけどね。清志郎さんの「ベイビー!」然り、優れた「ろけんろーら~」は必ずその人なりのキラーフレーズや雰囲気を自然に身につけてるものです。リスナー心理としては、そこに「お金払っている」と言っても過言ではない。

 最近の若手の人で残念ながら、こんな人あんまりいないなぁ・・・とか言い出したらやっぱりもうオッサン?イヤ、ほんまいませんって、最近。

 あとね、関係無いけど40歳以上のアーティストの共通点としては間違いなくみんな「子供の目」をしてます。み~んな子供。純粋で精神年齢が年をとらない。それはこないだのTheピーズ20周年ライブでも感じました。いたるとこでそれは感じます。長くやれる人は純粋なままな人ばかり。今日見た佐野さんも、白髪が増えてたり外見は年とられましたが、「目」だけは相変わらず子供のままでした。それもとても良かった。

 

|

« 今年初めてフェニックス | トップページ | 佐野元春② »