« スネオヘアー | トップページ | キャプストクアトロ »

2007年4月21日 (土)

アナログフィッシュとtobaccojuice

 アナログフィッシュの春のツアーは、各地で対バンを招いて行う趣向。HiGEさんやらクラムボンさんやら、そして今日大阪はタバコジューズの皆さんを迎えて、心斎橋クアトロ。音泉的には本日カエラちゃんが神戸、ははきまが京都で3人でいっぱいいっぱいです。少数ボンクラの泣きどころです。

 1番目のタバコちゃんは、3月以来。今日は長めの演奏時間ながら僕は受付に居たので後半すか見れませんでした。気持ちイイとこ連れてってくれる日本代表の道を着々と進んでいる。松本君のキャラクターは相変わらず面白いなぁ。言ってること殆ど嘘っぽい。悪いなぁ・・・ホント“ワル”です。

 アナログフィッシュは1月のワンマン以来。前回が、第一期完結げなライブだったので今日は、次なる展開を予感させてくれるライブを期待!していたら、 およよ、ちゃんと新曲も組み込まれているではないですか。ササケン、下岡君双方。今までに無い引き出しの曲かも。ササケンの曲は直球+リズムの展開がオモシロかった。本編最後の下岡君の曲は、「90年代から何にも変わってないじゃないかぁ!」という思いを込めた、下岡君らしからぬエモい曲。これは、前回のクアトロワンマンのラスト「公平なワールド」とつながってる気がした。いや、つながってる。どっちかと言うと「直球」の佐々木君、「屈折」の下岡君というスタイルだったのが、あきらかに次のステップに踏み出した。下岡君は、特に「普遍的な曲」に向かってる気がする。これがとってもエモい。普段ドライな人が、一瞬見せる確信じみたウェットな瞬間は「ドキッ」とせずにはいられない。

 曲も演奏もコーラスも・・・幾つもの武器を手に入れた無敵の3Pバンドが、いよいよ世間に勝負する時がキタのか?と想像すると、またこれ楽しみでしょうがないのです。

|

« スネオヘアー | トップページ | キャプストクアトロ »