« STANと六畳人間とLOSTI IN TIME | トップページ | アラバキミドリ »

2007年4月29日 (日)

LOST IN TIMEワンマン

 「良かった」というよりひとえに「感動した」ライブだった。

 ギターの榎本君が脱退し、海北君がベースをギターに持ち替え、ベースとギターとキーボードを入れて5人の新生ロストで大阪初ワンマン、BIG CAT。

 初めて僕がロストを見たのは、もう何年前だろう・・・。榎本君が入る前の3人でON AIR WESTだった。胸ぐら捕まる感覚の衝撃なライブだった。パンクで歌詞は情緒的で、かつエモーショナル。新鮮だった。もの凄くヤられた。「コレは!」と思った。正直、その後何回も数え切れないくらい関西でライブをやった。その都度、その都度、良かったライブはあるのだけれど、正直最初に見たON AIRより「ドキッ!」する衝撃のライブはその後無かった。世間の評価もそこそこなんだけど、個人的には全ての状況に「こんなもんじゃないのになぁ・・・」と思っていた。

 M1「旅立ち前夜」~「約束」という、新旧2曲で「こんなもんじゃない」は一気に「これ!これしかない!!」に変わった。今の曲も、以前の曲も明らかに「息吹」が宿った。ここでもう泣けてきた。感動した。「バンドの圧倒的な演奏も目の当たりにすると訳も無く泣けてくる」理論がここで炸裂。おまけに海北君の素直な歌詞と伸びのあるボーカルが加わったら・・もう何も要りません、はい。

 海北君の歌は時にテレ臭い。特に今回のアルバムはやたら「蒼い」言葉がちりばめられている。でも、そこに圧倒的なグルーブを備えた演奏が加わると、ちっとも恥ずかしくなくなるのが音楽のマジック。なんでだろ?こっちも素直な心になるのはなんで?38歳のこんなスレっからしでも感動できるのはなんで?

 新旧織り交ぜ、途中弾き語り~アコースティックセットまで。今までに無い構成もあってか、全く飽きないステージだった。終わったら、結構長くやってたことに気付く。「寝てる時」と「麻雀してる時」が生きてて「2大時間が早く感じるひと時」と思っていたら、良いライブもそうだったことに今更気付く。1曲、1曲に「意味」と「想い」があって、こんな充実したワンマンは他も含めて久々に見れた。ここまで来るのに時間はかかったけど、決して無駄じゃ無かった気がする。この所帯になると、以前のように1月に3回関西にライブで来ることも難しいけれど、その分1本1本が濃くなって、絶対トータルでプラスになるはず。

 フジロックで井上陽水さんを見た時に「日本人で良かった」と思った。会場の全外人に自慢したかった。この日のロストは凄く似た感じを覚えた。

「日本語の」「日本人の為の」「日本のロック」

 搬出を終えて、みんな東京に向かって楽器車を走らせていった。見送った帰り際、心斎橋はGWで、BIG CATの何百倍も人が溢れていた。全ての人に「なんでおまいら日本人なら今日BIG CAT来なかったんだぁ!?」と言いたかった。(「オマエが教えてくれなかったからだよ!」と、言われたらどうしよう・・・) 

 今、LOST IN TIMEは絶対見た方が良い!音泉嘘つかない!5月19日、日比谷野音でこのツアーは終了する。絶対見た方が良い!自信持ってお薦めします。

|

« STANと六畳人間とLOSTI IN TIME | トップページ | アラバキミドリ »