« ローザ・パークス | トップページ | 爆ひな`07 »

2007年3月 2日 (金)

心斎橋に男前が揃った日

  BIG CATでライブがあるBEAT CRUSADERSさんに昼間ちょっとしたご挨拶を兼ねて会いに行く。ビークル日高さんと僕は同じ年(今年39ちゃい)、デビュー当時からライブやら802さんのレギュラーDJやらTVetc・・・注目していた。同じ年なのでマジもシャレも共感出来て、その天才・秀才・奇才ぶりに畏敬の念を抱いていた。ちょっと雲の上だった。なので802で見かけても、打上げで一緒になっても自分から挨拶よーせんかったのです。ちょっと離れてジロジロ見たり、聞き耳たてたり・・・ホント人間失格。この仕事失格。

 そしてこの日初めてご挨拶。いつかはこの日が来ると思っていた。「心の底から会いたい!」と思っていながら、心のどこかで「緊張するから一生会いたくない・・・」とも思っていた。そしてリハ終わりにハイウェーブの方に紹介して頂く。

 「ども、はじめまして清水音泉というアホみたいな名前で・・・」(緊張して良く覚えていない)

 「あぁ、ブログ読んでますよ!」

 あら!なんとステキなネット社会!インターネット嫌いだけど少し好きになった。こんな「しょーもない日記」を日高さんが間接的に知ってくれてたのはホント嬉しかった。立ち話し程度だったので、挨拶程度だったのですが、なんか一方的だと思っていた「想い」が同じ方向見てる気がして凄く嬉しかった。男前だった。おかげで、日高さんは僕の「抱かれたいミュージシャンランキング3月度2位」に急上昇!(ちなみに1位はOT、3位はZAZEN向井君・・・ちなみに抱かれたくない1位はサンボ山口君、2位BAZRA哲平君、3位はグレート前川)こんだけ嬉しがっていながら、夜はクアトロで湯川潮音ちゃんのライブがあるので本番は見れませんでした。すびません。

 湯川潮音ちゃん「三本の木ツアー」初日。ライブ見るの5回目ながらフルバンドでのワンマンは初めてだった。バックバンド6名の皆さんが、一人で幾つもの楽器を操る、音数的に凄く贅沢なライブ。一番少ないベースの方でもウッドとエレキを持ち換え、多い方は五つぐらいの楽器を駆使してらっしゃったような。1曲、1曲すごく行き渡っていて繊細な音作り。繊細なんだけど、潮音ちゃんのボーカルは「芯」として真ん中に座ってる。湯川潮音バンド最高系かも。10人も20人も演者が居れば別ですが、この編成でこんだけ表情が変わる演奏はちょっと一線越えていた。そのバッキングで、ボーカルの力が倍増されるのがちょっとありえないライブだった。潮音ちゃんはカワイー顔して今日も男前だった。実に男前!

 終わって打上げに行く。たまたま近くでZeppでイベントがあったくるりさんやドラゴンアッシュさんも打上げやってる模様。ビークルさんも多分近くでやっている。今日は濃いいなぁ大阪。しかも男前ばっかりだ(潮音ちゃん含む)。

|

« ローザ・パークス | トップページ | 爆ひな`07 »