« 新生スパルタローカルズ | トップページ | 凛として時雨ワンマン »

2007年3月22日 (木)

安部さんお疲れ様でした

 THE MODSのマネージャー安部さんの送別会を大阪で催した。

 最初に会ったのは安部さんがキョードー大阪さん(僕と同業異会社)に居た頃で、温厚な性格の中に芯の強いまっすぐな性格がなんとも好印象。もちろん、THE MODSのことが大好き。コンサートも普通にチケット買って見にきてはりました。そんな安部さんが次に移った会社がアンティノスレコード。THE MODSの所属レコード会社で「好きなバンド」を「本気で支える」為の英断で、僕にはそれがとてもステキに写った。フラカンも同じレコード会社だったので、僕は安部さんとも「知り合い」から「仕事をする」お付き合いになった。アンティノスレコードが無くなる時に、安部さんは更なる英断でMODSのマネージャーになる。それは、安部さんがこの世界に入った最終目標に到達したことを意味して、更にステキに写った。そこから安部さんは必死で頑張った。僕も、バンドと安部さんに報いようと(たいしたことは出来なかったけど)出来る限りのことをした。

 昨年MODSは25周年を迎え、感動的な日比谷野音のライブも大成功に終えた。「さぁ、これから新たな挑戦を始めよう!」と、いう時に安部さんはMODSのマネージャーはおろかこの世界から去ることを決めてしまった。

 人には色々事情がある。安部さんが辞めることを誰も責めれない。ただ、ただ残念な思いと、スポットを浴びるのが一握りのアーティスト(タレント)に偏っているこの音楽産業を少し恨めしく思った。辞めたくて、辞めた訳じゃ無いと思う。それを思うと、とても悲しくなった。

 この日送別会に集って来られた方に、安部さんの人柄が反映されていて。凄く良い送別会になった。でも、また会えますよね。畑は違っても同じ方角向いていれば、再会出来るはずです。微力ですが、僕はこっちの畑に残るので安部さんの分まで頑張ります。ホントにお疲れ様でした。

|

« 新生スパルタローカルズ | トップページ | 凛として時雨ワンマン »