« ・・・・・・ | トップページ | 安部さんお疲れ様でした »

2007年3月21日 (水)

新生スパルタローカルズ

 2月のサンボとのバナナツーマンを見逃したので、新たなドラムス・梶山君(元ヘルマン)が入って初めて見るスパルタローカルズ、は即日完売有難うございました。

 オープニングの「ばかやろう」からハンドマイクのコーセイ君筆頭に、光広君と伊東君も前に出てる。ビジュアル的にも音的にも。梶山君が良い形でバンドに入ってることのあらわれだと思います。

 前半に披露したルースターズの「SITTING ON THE FENCE」はスパルタアレンジのモノ凄く良いカバーだった。原曲への「リスペクト」と、カバーする人なりの「解釈」のバランスが抜群だった。あと伊東君のギターフェチである僕は、ニューアルバム然り、音が変わってきたのが楽しい。すぐ売り切れたので女性のお客さんが多かったんですが、この辺りは男性・おっさん層もうならずにはいれない演奏だったので、7月のBIG CATはその層の方も是非見に来て欲しいッス。

 4月4日に発売されるアルバム「まぼろしFOREVER」からは少なめのセットリストで、「スパルタ・ゴールデンヒッツ」的な内容。ここからTOURが始まる気合が、否応無しに伝わってくる男気のライブでした。

 TOURが進むにつれアルバム曲も増えてくるんじゃないかな?梶山君も更に馴染んできて、正式メンバーまでなってくれることを切に願いつつ、次の大阪公演が楽しみでなりませぬ。あとね、みんな顔つきが変わってきた。大人な顔になってきて、なんかカッコイー。人生が二度あればやはりこんなカッコイーバンドやりたいッス。うらやましいッス。

|

« ・・・・・・ | トップページ | 安部さんお疲れ様でした »