« 爆ひな`07 | トップページ | 竹内電気 »

2007年3月 4日 (日)

LOST IN TIME

 LOST IN TIMEのニューアルバム「さぁ、旅を始めよう」がリリースされた。タイトルの如く、ひたすら「蒼い」アルバム。もともと赤裸々な歌詞に全く嘘が無い海北君のボーカルは、ライブごとにとても心揺さぶられていたのですが、今作は更に日本語の歌詞の限界に挑戦している。ギリギリの「喜怒哀楽」。「いなたい」と言えばいなたいんですけどね、でも日本人であれば避けて通れない曲達が全14曲並んでいるのです。

 もうひとつ大きく変わったのが、昨年3人だったロストのギター・榎本君が脱退したこと。それを受けて、ベースボーカルの海北君が、ギターに持ち替えて再始動・・・の、アルバム1発目なのです。僕はバンドやったことないのですが、アーティストにとって究極の変化なのではないのだろうか?と思います。バンドの基本のベースが変わる。それももうひとつの核であるボーカリストが楽器を持ち換えてしまうてことは、出てくる音がガラッと変わるということになるはず。今までのスタイルを捨てて、より上を目指すのはとてつもない勇気や向上心や姿勢が必要なはず。タイミング合わずで、僕は新生ロストのライブをまだ見れていないのですが、この「男気」にも期待でいっぱいなのです。海北君のボーカルと歌詞が、より刺さってくるライブに絶対なるはず。(見てないので全部「・・・はず!」。でも自信アリ)

 大阪のライブは4月29日(日)BIG CAT。これを見ずして日本のロックは語れないのでした。

 

|

« 爆ひな`07 | トップページ | 竹内電気 »