« うぃ~むらさん | トップページ | ローザ・パークス »

2007年2月28日 (水)

女湯見習い

 「今年は余裕ある仕事をする」のが年始の目標で、別にサボるんじゃなくていつでも「のりシロ」を少し持っておかないと、良い仕事が出来ないのだぁ・・・と決めた。実際「のりシロ」を作るには、「人手を増やす」か「仕事を減らす」かしか無い。今ある仕事は減らせないので「人手を増やす」方を、洗濯に。おじいちゃんは山へしばかりに・・・いやモトイ、選択した。パソコンの変換が最近おかしい。

 元祖女湯が辞めて2年、その間に何人か手伝って貰うものの、実際に増やす余裕や縁が無くて、ものの半年前は「現有戦力(少数ボンクラ)でやりきるのだぁ!」と、決めた。でも半年後に撤回。「たまご」と「にわとり」の話しでね、「余裕が出来て人増やすのかor「人を増やして余裕を作るのか」の問題なんですけど。結局、前者には無理があった。色んなボロが出てきて、これでは無理だと学習して後者に修正。先立つモノは無いので、当面コンビニででもバイトしよーかと思いきや。それって余裕無くなるからアカンので、1食減らして生きていきます。

 んな訳で春から新卒で「女湯」が入ります。フロム京都でボロフェスタスタッフやら女性が女性向けに作った「欲望マガジン」(タイトルの割には「カワイー欲望」が満載で男としては期待ハズレ!)という雑誌を作って学生時代を棒にふって、うちに入って更に大卒を棒にふろうとしてる23才。あまりイジる要素が無いのがまだ未知数。関係者の皆さんにいたっては、まだ「ボケ突っ込み」が出来ないので名前からでも覚えてやってください。ボチボチ連れてまわりますきに。そのうち日記も書かせてあげますきに。

 

|

« うぃ~むらさん | トップページ | ローザ・パークス »