« また新年会 | トップページ | 超絶ギタリスト“沖仁”君 »

2007年1月27日 (土)

片山ミドリ

  ファンダンゴで片山ブレーカーズさんとミドリさん。ミドリは、以前にも書きましたがこの日も「殺される覚悟」でライブに挑みました。

 この日は2バンだったので、過去見たミドリの中では一番長い約50分ステージ。全然長さを感じない緊張感は相変わらずだった。でも前回のファンダンゴのような「殺される」感じはしなかった。それは対バンのCDレコ初である片山さんへの気遣いか「あたしらのライブに負けてたら絶対CDなんか売れへんから!お祝いするつもりは全然無い!ぶっ潰すつもりで来ました!」という、愛情の裏返し的なMCに表れたように比較的温厚な(ミドリにしては)ライブだった。(それでもぶっち切りですけど)

 春に発売される予定のCDの中からであろう新曲は、もっとライブでやりあげてすくすく育って欲しいと思う曲ばかり。この日で4回目のミドリさんでしたが、日によって緊張感の質が微妙に違う。核となる曲は同じなのですが、見る都度に違って聴こえるのですね。これはこれでかなりオモシロイ。「ミドリ中毒」増殖は間違い無い感じがします。引き続き目下「注目すべきバンド」大阪代表の座は変わりません。

 そして、そんな洗礼を受けた片山ブレーカーズもかなりエモいライブだった。SOUL&FUNK&R&Rの京都代表である彼らも、ミドリとはちょっと異ジャンルながら、触発されてか明らかに“一線越えてる”ライブだった。なんだろ?スクービーとかフラカンのことが好きな僕のツボが反応してしまった。熱くて激しくグルービーなのであります。

 「仲良しこよし」の対バンも良いけど、今日みたいな「ガチンコ潰しあい」的な相乗効果はちょっと懐かしくてかなり良かった。親しき仲にも礼儀あり。バンドなりの礼儀の尽くし方がそこにあった気がします。あんまりこの感じ最近無いのです。「みんな一緒に頑張ろう」的なものは多いけど。座れる椅子は限られてるかもしれない。そこを奪う為に、それぞれが切磋琢磨するのは凄い良いことなんではなかろうか?と、教えて貰った夜でした。

 終わって、初めてミドリの皆さんに挨拶をした。ここ最近では一番緊張・・・「自分ドMなんで大好きです!」と言いたかったけど、やはり言えなかったので今年の暮れまでにはなんとかカミングアウトしたいと思います。

 ミドリHP→http://midori072.com/

|

« また新年会 | トップページ | 超絶ギタリスト“沖仁”君 »