« 脳内百景ファイナル | トップページ | tobaccojuice »

2007年1月22日 (月)

CONDOR44

 尊敬するdaimasさん(またの名をUKプロジェクト・遠藤さん)から先週宅急便が届いた。中身はCONDOR44というバンドのCD。「全国のブログやってる人(業界の人、素人さん問わず)にCD聴いて貰って感想を書いてもらう試みをするので、協力してくんない?」といった内容。詳しくは、http://d.hatena.ne.jp/daimas/1月18日の日記参照。ええ!やりますやります。ご指名頂いた光栄に基づき喜んでやらせて頂きやす。

 秋にファンダンゴでライブは見た。「あんにゃ~、3ピースにしてはかなり手が込んでいろんなことやってはるなぁ~」という印象で、他にこんなバンド居ないなぁというのが感想。ライブで達成出来てるのか出来てないのかも含め、3人で限界に挑戦してる体育会系バンドなのか、はたまたやりたいことあり過ぎるのか含め、これが完結されたらどんな凄いバンドになるんだろぉ・・・と、思ったのを思い出してCD聴いてみました。

以下CDの専門的なことは良く解らないので主観で思ったこと。

 全10曲のアルバムは・・・おおよそ日本人のアルバムの音では無かった。洋楽疎いので「ナニ風」とか「誰々みたい」と具体的に言えないのが申し訳無いのですが、世界ランクであります。外人がこのアルバムを聴いたら「Oh! So Cooool !!!」と言うのは間違い無い。訳すと「とっても、イカすね!」「なんとイキな・・・」「カックイー!」。

 非常に短い曲と長い曲の差が極端。短い曲はビートルズ的なポップさと潔さ。長い曲は、プログレとは行かないまでも・・・そうそう、フィッシュマンズとかmonoとか聴いてる時「気持ちいいから終わんないで~」と思う感覚と一緒。ツインボーカル(男子女子)なので、メリハリもあり。シンプルな曲から画期的に展開する曲もあり。とにかくいろんな要素が詰まりまくってるアルバムなのす。レコーディング大好きなんじゃないかしら、この方達。

 いろんな音楽聴いてるとそれだけ「ツボ」が生まれてくると思うのです。「これいいなぁ」「あ、こんなのもイイ」と、どんどんツボが増えてきて、気づけば「こんな雑多な聴き方普通しないよなぁ・・・」と客観的に思うのは自分だけでは無いと思うのですが。自分はスタイルカウンシルとサンボマスター、クラッシュと小椋佳さん、サザンと早川義夫さん、木村カエラちゃんと浜田真理子さん、etc・・・全然みんないいなぁと思ってしまい。ほいで、CD聴くと大体ツボが1個~3個ぐらい押されるのですが、CONDOR44のばやい10個も20個も押されるのです。TOWERで試聴したら試聴機の前から離れられなかった。送って貰って良かった。

 ライブの村人なので対バンで見たい人を最後に。8otto、凛として時雨、佐野元春さんとか。こんなすんごいアルバムで、ライブどぉなるんだろ???こっち想像するのもアドレナリンが湧いてきます。

 COOL。とってもCOOLなアルバムのタイトルは「Good Bye 44th music」。24日発売だそです。

 えんどぉさん、こんなんでもええですか?おかど違いならお電話ください。 

|

« 脳内百景ファイナル | トップページ | tobaccojuice »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50655/5047965

この記事へのトラックバック一覧です: CONDOR44:

« 脳内百景ファイナル | トップページ | tobaccojuice »