« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

2006年3月 2日 (木)

 3月3日

 3月3日はひな祭。ひな祭りと言えば「爆ひな‘06」fm osakaさんとずっと何年もやってる「爆音ひな祭り」、略して「爆ひな!」今年はジャパハリネットとニューロティカ、サプライジングアクトのエアギター宮城マリオさん(エアギター選手権日本3位!)もちょっと楽しみ。BIG CATで19:00~です。

 近くのキングコブラでは、うつみようこちゃんのヨコロコもライブ。明日も色々あります、大阪は。

 そいえば、3/18(土)23:00~シャングリラさんで「フィッシュマンズ・ナイト」があるそうです。これも爆音でフィッシュマンズが聞ける模様。ステキです。フィッシュマンズは爆音に限ります。

 昼間は、スクービーのマネージャーT中さんや、ボノボのマネージャーN井ちゃんや、VIPなあの方達も来社してくださった。なんか盛りだくさんな1日。 

 今日はちょっと体調悪め。短めでご勘弁くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ダウンロードってどうなのよ!?

結局昨日の後半、僕は社会見学状態(すること無い傍観者)だったのですが、その後も、たった数秒のカットから長めのものまで毎回ガチンゴ勝負!凄い緊張感を持って、撮影が終了したのは朝の6時。主賓、監督、スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。完パケ楽しみにしてます。あのカット数をすると編集も大変なんだろうなぁ。最後まで見学して、苦労が多少なりとも解ったので昨日も書きましたが、これからはどんな映像/PVも背筋伸ばして拝見させて頂きます、はい。

 ホテルで起きた時にはもうお昼。目がうさぎちゃん、もんの凄い充血している・・・が、どうでもいい。泊まったホテルのオーナーが、なんか細木数子チックな人みたい。部屋にその人が書いたのであろう本が頼んでも無いのに置いてあった。「あなたにも開運が・・・」みたいなことが書いてあって、貴金属だらけの写真が表紙。二度と泊まらないと誓う。

 大阪に帰る前に途中下車して、「オトナモード」のライブを見る。ここ最近ハマってるバンドなのです。歌がもの凄くイイ、演奏もイイ。その二つがイイので歌詞が自然に入ってきて風景が浮かんでくる。ちょっとせつない小説を読んでる気分。東西南北で言うと、圧倒的に北。北欧がピンとくる。若しくはシベリア、日本で言うと日本海側から北海道。CD出たので是非聴いてみてください。

 帰りはライブ会場で偶然会った、名古屋在住・FM802DJ早川カズヨさんの車で駅まで送って貰う。後部座席に乗せて頂いたのですが、荷物がいっぱい。飲み干したペットボトルとかも幾つか転がってる。コレクターなのかしら?カーブのたびに僕の横で軽くなだれがおきる。ちょっとオモシロかったので「大阪帰ってネタにしょう」と、ほくそえんでたら「すんませ~ん、汚くて・・・802で誰にも言わんといてくださいねぇ」と釘をさされた。しょうがない、雨の中送ってくれて大変助かったので口外しないでおこう。変わりに、ここに書いておこう。あの荷物の多さから察するに、車に住んでてもおかしくない。なんか、かわいそうで泣けてきた。関西の皆さん、FM802のDJ・早川をヨロシク!応援してあげてください。

 「オトナモード」で思い出した。今日の明け方まで名古屋の同業者チャーリーさんと一緒に居た。僕が勝手につけた彼へのキャッチコピーが「オトナコドモ」、40超えて童顔。最近までずっと同いか年下だと思ってたら失礼、結構先輩だったことが発覚。でも、突っ込みがいバツグン。ついつい、いじってしまいますが「愛情の裏返し」なので許してください。

 「オトナコドモ」のチャーリーさんと、「どっちがネット、コンピューター関係に弱いか」自慢比べが始まった。二人とも共通点は「曲をダウンロードして買ったことが無いこと」。今、若い人は手軽にみんなやってるんですよね?これが僕は異様に抵抗がある。

 僕らの世代は小学校の頃、初めて買ったのがアナログ版。CDが普及し出したのは、いつぐらいだったか・・・。高校の頃までウォークマンはもちろんカセットテープ。そんなアナログ世代なので、アルバムとかはジャケット筆頭にパッケージ化されていないものに違和感がどうしてもある。だからダウンロードってどうしても馴染めない。

 あとはこんな仕事してるからかか、アーティストが血と肉を削って(少々大げさ)出てきた作品を曲にして、スタジオで練習して、レコーディングして、ミックスして、マスタリングして、やっと完成したいわば“子供”みたいな曲をですよ!(金も時間も当然かかってる)パソコンディスプレイ何回かクリックしただけで手に入れる、つうのはいかがなものかと!お金払って買うにせよ、もう少し作り手の産みの苦しみを感じろよ!!と思ったりもするのです。

 (もうお気づきかもしれませんが、こうやって若干キレ気味に偽善者のフリをして自分が世間から遅れていることをカモフラージュする作戦なのは言うまでもありません)

 冷静に考えよう。シングル曲、1曲ならまだいい。これだけネットがひろがって、手軽に曲が視聴出来ることや買えることは、特にCDが売れない昨今、アーティストにとって、また間接的に僕らにとっても良いことかもしれない。しかし、アルバムはイヤだ。「10曲視聴出来ます。好きな曲だけお金払って買ってください」みたいなシステムになるのはイヤ!「好き」「嫌い」とか「良い」「悪い」とかでは無くて「イヤ」なの!個人的に断固「イヤ!」。

 もっと言うとこの世には「消費される音楽」と「消費されない音楽」と2種類あって、前者は消費されることに価値があるのでそのツールは何でもイイ。どう商売されようが、たくさん売らないと意味がない。でも後者の「アルバム・ダウンロード・チョイス・システム」(勝手に命名)は絶対イヤ!イヤったらイヤ。なんか「ネット上で買える」ことは、その境界線が無くなってしまう気がするのです。凄くキケンな匂いがする。

 これだけ書くなら、「調べてから書けよ!」ってことですが、実際にもう行われてるのかな?アルバム分の曲から好きなのだけ買えるって出来るの?既に。詳しい人に聞いてみよう。(ネットで調べるのが面倒臭い)

 ライブ映像のネット配信なんかも僕は反対。そんなのライブの良さの100分の1も伝わらない。マイナスプロモーション以外の何モノでもない。そんなお手軽にライブ見られて、「あぁ、こんなもんか」とお茶の間で言われてしまうならば悔しくてしょうがない。そんな奴、首ネッコ捕まえてライブ会場まで引っ張ってって「金いらんからこれでも食らえ!」とスピーカー前で正座させて目(耳?)にモノ見せてやりたい。(腕力も金も暇も勇気も無いので実際はしませんけど)

 ちょっと今日は熱くなってしまいました。でも、そうも言ってられないので音楽配信のことは色々勉強します。少し前からそう思ってるんですけどね・・・。「まずは手始めに」と、1年前に買った「i-pod」が箱に入ったまま机の下に置きっぱなしになってるのを何とかしなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月28日 (火)

エキストラ体験

 今日は、余興の本番日だった。お許しが出たので少し余興の内容を明かすと、とあるアーティストのDVDのエキストラ出演。プロモーションビデオとか映像の現場にお邪魔するのは初めてで貴重な体験をさせて頂きました。

 エキストラって言っても、僕の役は総勢30名のダンサーの一人。曲に併せて踊るのが仕事。事前に教則DVDが送られてきて、見てみると「ムリ!」ってぐらい難しい。ダンサーの人は大半が東京の人で、合同自主トレとかやってたみたいなんですけど僕ら地方チームは家で自主トレ。人目をしのんだり、家族が寝静まってからトレーニングして今日を迎えたのでした。

 実際現場に行くと、もちろんプロの映像チームの方がいらっしゃるので段取りとかはキチンとしてはりましたが、予想以上に時間がかかる作業でびっくり。僕らが普段何気なく見ている4、5分の映像が、こんなにたくさんの人が関わって、労力と時間がかかっているとは。これからは心して見ます。一体何カットとったんだろう、もう多すぎて良く解らんです。今、夜の3:00、絶賛収録中!一番早いスタッフの方は、なんと朝6時入り!多分これは朝までかかりますよ。丸1日ですよ、それもほぼ休憩無しで。緊張感持ったまま24時間過ごすって大変。頭下がります。

 監督さんがとってもステキな方で、ギャグ交えて現場を進行する。さんざん褒め殺して「じゃぁ、もう1カット行きましょう!」・・・って、アカンってことやん!でも、そうやって場の雰囲気を作ってみんなが気持ちよく仕事が出来る環境を作れるのは大事。自分からピエロになれる人って最高です。サスガ監督!僕はライブの現場しか知りませんけど、映像の現場もやりがいに満ちてますね。カメラまわってる時は、真剣勝負ですもんね。ライブは残らない良さ、映像は記録に残る良さ。種類は違うけど、どっちともガチンコに変わりないんすネ。

 主賓のアーティストの方も皆に気を配って、和ませたり緊張感持たせたり・・・僕らエキストラには、素人なので「アメちゃん攻撃」に終始。調子に乗らせるのが二人とも見事。イキな計らいが随所に見え見え。見え見えだけど、とっても嬉しい。人を引きつけることが出来る人は、気配りが出来たり相手の気持ちになれる人ですねん、やっぱり。

 僕らのパートだけで8時間くらいかかった。その最後の方で主賓が、今回の撮影で夢がひとつ叶ったことを僕らに教えてくれた。詳しくは言えないけれど、その言葉で皆が気合充分、ひとつになって最終的には凄くステキな映像が撮れてたと思います。ライブで言うところのグルーブが生まれてたと思います。僕のイッパイイッパイの踊りは別にして。

 最後、撮り終えた時はかなり感動。ライブのそれとは、ちょっと違うけどこんな感動もあるんだなぁ、と。それが、高校の学園祭で発表が終わった時の感じに似ていた。素人エキストラが、みんなで一生懸命取り組んで作り上げる感触。こうゆうので一緒の時間を過ごした人は、一生忘れないんだろうなぁ。次に再会しても解りあえている感じ。主賓はひょっとしたら、そんなことも踏まえ僕ら素人を呼んでくれたのかもしれない。いちいちイキなことされるんです、この主賓は。その心意気が僕は大好き。参加させてくれて、誘ってくれて本当にありがとう。

 この学園祭ノリ?僕らも仕事ん時は大切にしたいと思います。前から言ってますけど、「アホ」なことを一生懸命やることとか、変に「プロ」だからって高慢にならないところとか。そんな気持ちで作る方が「意志」って案外伝わるかも、多分。今日またそれを教えて貰えました。

 この映像は夏頃に発売になるみたいです。楽しみですけど、自分は映ってないことを祈ります。やっぱね、素人以下でしたから。なので、この撮影が誰のだったかは僕が映ってなかったら、ゆくゆく発表出来るかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

スーツで余興

今日はちょっとした余興のリハーサルがあった。詳しくは書けませんけど、例えるなら学園祭の出しモノを練習しているような感じ。今は内容は言えないのですが、忘れた頃には言えるかもしれません。今は、訳あって書けましぇん。ごめんなさい。

 訳は言えないのですが、状態としてはメッチャ筋肉痛!下半身が自分のもんじゃないみたい。こんな疲れ方は、しばらくしていないなぁ。運動不足を痛感。明日は本番。頑張ります。

 意外に日記で書けないことってあまりないんじゃないかな・・・と思っていたけど大なり小なりありますね。

 書いたことに責任とらないといけないので、例えば直接自分が携わっていないアーティストの方のこととかは、正直書き辛いっす。幾つか書いてますけどね。凄く気は使います。また、携わっていても地方のプロモーターという職柄、どうしても距離があるのは否めない。広く浅く色んなアーティストに関わる仕事なので、ある意味それは楽しいんですけどね。この日記を書くときには、その「浅く」がネックになって書き辛いこともあるんです。ライブのことはまだしも、それ意外の本質的なとこは無責任なことは言えないので、あまり言及出来ないのっす。んがっ、そん中でもよりオモシロイ、ネタをひろってここで書いていきたいとは思いますけど。 

 今日はライブも見てないし、特定の人とも、ゆっくりお話ししていないのでこれにて日記終了。文字大きくしてみましたが、こっちの方が読み易いっすかね?ヒット数が日に日に増えて嬉しいっす。毎日書く励みになりますね。読んでくれてる人、どうも有難う。冒頭の公約通り、調子にノレそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

夏麺(物販より)

 昨日買い損ねたスーツは、結局新庄選手のポスターの無い店で無事購入。スーツが1万や2万で買えないことを社会人18年目で自覚。

 今日はクアトロでNATSUMENがあった。元BOATのアセ君、アインちゃんが中心の超絶!インストバンド。

 オープニングアクトには大阪が誇るBIG BAND(?)、赤犬。相変わらず、見事な演奏と下ネタ。FM802の“安めぐみ”ことK秋ちゃんが、見に来てくれた。土曜の深夜「ミッドナイトガレージ」という非常にお世話になっている番組のディレクターちゃん。朝まで仕事で、起きたばっかりらしい。寝起きに赤犬は辛そうだ。。。解るよ解る!朝起きて、「牛丼特盛り!漬物、卵無し」食べさせられてるようなもんやもんね。

 赤犬さんは、4月にセカイイチとまたお世話になりんす。それはそれで、凄い組み合わせやなぁ。。。なんやろ。芸大つながり?今度聞いておこう。

 さてNATSUMENのライブは2回目。1回目で度肝ぬかれましたが、今回も度肝級。ボーカル居ないことって、世間的には普通有り得ないけど、マニアックっちゃあマニアックですけど。でもね、演奏してる人からすると制約が凄い少なくて「自由」そう。好き放題やっちゃっていいのかも。曲もそれこそ、ロックもジャズもファンクもプログレもパンクもサイケも超越しちゃってます。1曲の中に同時に違うジャンルの音が鳴ってる(ように聴こえるんですけど、僕には)。究極のミクスチュアーですわ。ボーカルレスもいいなぁ。バンドだけで勝負するってのもオモシロイですよ。

 アセ君凄いっす。BOAT解散した時は淋しかったけど。ナツメン見たらそれも良かったと思えます。是非、FUJI ROCKで見たい!オレンジコートで見たい!SMASHさん、何卒お願いしますぅ。

 これ書きながら、横目で土井たかこさんのドキュメントをTVで見る。日曜深夜の、このてのドキュメントって結構好き。しかしおたかさん、この人も凄い!77歳で日々勝負してはる!議員バッチ外しても頑張ってはります。脱帽。おたかさんも「daimas日記」の読者なのか?次の選挙は社会党に入れてみようかな。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »