« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »

2006年11月25日 (土)

モダチョキでも無くハードロックシンガーでも無い…

  浜田真理子さんのライブを初めて見たのは2002年、HARD RAINだったと思います。当時うちの会社に居た女湯ちゃんが「島根県在住でスンゴイ弾き語りの女性が居るんです~!」と言って、大阪に呼んだのがきっかけだったよな。ピアノを弾き歌っていた彼女は、“曲の良さ”や“声とピッチの良さ”などは無論のこと、発せられる「言葉」と「音」に全くもって微塵の無駄も無いそのライブに、「真の弾き語りとはこゆことなのね!」と開眼させられた記憶があります。シンプルな言葉を最小限につなぎあわせて、ピアノの音を最小限のせて・・・無駄を全て取り除いたそのスタイルに、個人的には「パンク」にさえ聴こえました。カバーも良くやられますが、個人的にはカバーの仕方が一番好きなアーティストなのです。

 島根県在住で普通に働き、普通に生活している浜田さんは「情熱大陸」でとりあげられたり、FM802でヘビーローテーションになったりと、「知る人ぞ知る存在」から「ちょっと知られる存在」になりましたが、私生活をベースにしたその活動は、まわりの状況をよそにひたすら無理が無く、マイペースに見えました。

 前任の担当(女湯)が辞めて僕が引き継がせて頂き、初めてのコンサートが今日の御堂会館。正直、女湯ちゃんから引き継いだ仕事が幾つかあったのですが、一番プレッシャーがあったのは浜田さんなのです。前述した超絶的「クォリティの高さ」と他に類をみない「スタイル」と「個性」・・・そしてご本人はコンサート終了後2時間あまりもCDにサインをされる一般的な目線。(普段は一般人だから当たり前ですが・・・)自分の若輩なキャリアの中でも特にノウハウが通用しないのです。もちろんこれは良い意味でのプレッシャーで、やりがいは抜群なのですが今回はその辺りを探りながらやりつつだったので・・・まだまだ貢献出来なかったと反省ばかり。

 ライブは、大阪では初めてバックミュージシャンも入り、違った一面やこれからもっと進化していく浜田さんが期待出来る内容でした。歌の上手さや歌詞のリアルさはやはり生で聴くと凄いのです。アルバム「夜も昼も」を中心に約2時間。

 アルバム1曲目の「十五夜」という曲、ラブソングとしては個人的に最高ランク。シンプルな歌詞に全てが詰まってます。これ聴くと他にラブソング要らない感じ。アルバムはエンジニアがZAKさんで、曲ごとに表情が凄く変る気がするのです。また早くライブが見たい・・・半年後か1年後か。

 ステージをおりた浜田さんは、年上ながら凄くチャーミング(こんな単語普段絶対使いませんが浜田さんには使ってみせます)で気さくな方。落語好きなので唯一の寄席「繁盛亭」に行きたがってはりました。

 そいえば12月19日(火)FM802「フラワーアフタヌーン」番組内で弾き語り予定です。聴ける方は是非!

|

2006年11月24日 (金)

石田ショーキチ先生

  スパイラルライフ~スクーデリアエレクトロ~モーターワークス・・・の石田ショーキチさんのライブを初めてお手伝いした。ショーキチさんは僕と年が一緒。だけど、異様に「IQ」高いのが伝わるので「先生」とかつけるのが自分的には楽。

 モーターワークス(ハードロック好きな大人がやっちゃってるバンド!)のライブからしか僕は知らなかったのですが、実際のソロは「文系」と思いきや実に「体育会系」というか「肉体的」なライブだった。ほいで、「バンドって楽しいんだろなぁ・・・」と、指くわえながらつぶやきヨダレ垂らしてしまうようなライブなのです。そんだけ、楽しそうにやってるってこと。

 プロデューサーとしても有名ですが、同世代としては是非ソロでもガツンガツン行って欲しいとこです。雑学も人数百倍なので溢れ出るその知識を多方面で披露して欲しいもんです。打上げもそんな先生の雑学に笑かされっぱなしだったのでした。

|

2006年11月20日 (月)

ピップ地獄

 肩が懲りまくり、首がもげそうに痛いので、恥ずかしいことなんかどーでも良いのでピップエレキバンを試していたら、なかなか良かった・・・げなことを前に書きましたが、その後の話し。

 ピップは優れもので、貼ってしばらくすると懲りがほぐれてくるのですが、その近辺(約3cm)に新たな懲りが気になりだしてくるのです。そして、そこにまた貼ってしばらくすると近辺の別の懲りが気になりだして、そしてまた貼って・・・・。と、繰り返していくうちに首から肩にかけての丸い絆創膏が、数えることなんと13枚・・・・いかん!・・・そこだけ見ると70歳以上の老人としか思えない。このまま行くと延々貼り続けて行かないといけない。「恥ずかしい」というよりは、情けなくなってきて。かつ、これは抜本的解決には何もなっていないことに気付いた。「整体」とか「カイロなんちゃら」に行って、骨から直して貰わないといけないのでしょうね。今、知り合いにどっか良いとこ無いか絶賛リサーチ中。

 興味無かったので詳しくは解らないのですが、所謂「厄年」というのにそろそろ差し掛かるはずなのです。この数年先にどんな「厄」(ガタ)が襲ってくるのか、不安で(しかし、“M”なのでちょっと楽しみもあり)しょーがない今日この頃であります。朝起きても疲れがとれてないし、床屋に行っても明らかにサイドの髪の毛より前と上部の「伸び」が遅いこともなんとなく感じてき、小さい字を見るのが少し辛くなってもきetc・・・思い当たる節は幾つかある。

 そんな体になぞらえて、仕事としてはお客さんの高齢化(下から上に幅が広がっている)に従い、やはりスタンディングのライブハウス全盛の昨今、ひと昔前に戻って「座って楽しめる」ライブハウスがまた復活してくれることを望みます。需要出てくると思うんですけど。老化に逆らわず、そんなことも少し意識して仕事のシフトもしてみます。

|

2006年11月19日 (日)

飯室大吾君

 10月からFM802でDJをやってる飯室大吾君。初めて会った時、過去の経歴を聞いてびっくり。東京のディスクガレージというプロモーターさんで働いてたんですって!所謂僕らと同業者。音泉で言うと、桶洗い君がうちを辞めて802で喋るようなもんで、そんなことは全く有りえない話しなのです。表から裏方にまわる人の例はありますが、裏方から表へ行く人もなんとも珍しい。それも同業者から。ディスクガレージさんと言えば、日本では一番大規模なイベンターさんなので、目茶苦茶忙しいはず。その傍らでDJの勉強をしていたらしいのですが、誠に信じ難い。んなヒマねぇですよ普通。もの凄い頑張り屋か、しんどいことを感じない天然さんか、もともと才能を持っていた天才か、運だけで生きてきたか・・・その全貌は、毎週火曜深夜2:00~5:00「FUNKY JAMS」という番組で徐々に明らかになっています。僕らとしては、ちょっと肩入れしたくなるDJさんの登場なのでした。

 

|

« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »