« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

2006年11月18日 (土)

前田VSアンドレ

 今日はプロレスネタなので、興味無い方は以下時間の無駄かもしれません。

 心斎橋に「ブロディ」というメキシカンバーがあってたまにいきます。お店の名前は、故・ブルーザーブロディからとっているだけあって、店内では往年のブロディの試合、メキシコのプロレス(ルチャリブレと言います)の試合、そして古き良き新日本、全日本の試合がビデオで流れています。

 こないだ行った時も「ホーガンVSハンセン」に、表向き平静を装いながら心の中では狂気乱舞!そしてその後、禁断の「前田VSアンドレ」戦が見れたのです。これは当時、TV朝日があまりのヤバさに確かお蔵入りにした試合。何がヤバイかって、プロレスのタブーが赤裸々に映像に残ってしまっているのです。

 当時前田アキラは、今でいう「PRIDE」や「K1」のような所謂「ガチンコ」を提唱して、暗中模索していた時期。新日本のリングに戻ったもののそこには居場所が無かったはず。かたやアンドレ(この方も他界)は、2m30cmちょい、体重200kg(?)に及ぶ、前田とは真逆のエンターテイメントプロレスの真骨頂。今思うに、かみ合うはずがないのだけれど、当時ファンのあいだでは正に「夢のカード」だったわけです。

 試合が始まると、もうこれがお腹が痛い。全くかみ合わない、険悪な雰囲気が痛いほど解って、それを視聴者に悟られないように懸命に実況する古館アナ(現・報道ステーション)が、またこれ泣けてきます。客席が、ざわつき始めたところで控え室から事態の収拾を図るべく、我らがA・猪木登場!リングに上がって「お前らちゃんとやれよ!」・・・とは、言えないので挑発ポーズをとって暗黙のサイン(?)を送るも、結局前田が「禁断のケリ」をアンドレに放っていくも、ますますアンドレは戦意喪失、赤ちゃんよろしくリングにゴロンして「好きなように攻めろよ・・・オレは無抵抗だぜ」というポーズで、もうこれ以上無理。仕方なく(?)セコンドが入り乱れてゴング、無効試合という結果。

 これを一緒に見ていたある方がROCKイベントに準えて「ビジュアル系とパンクバンドが一緒にイベント出て、もめたところ主催者の猪木が出てきて事態の収拾を図る・・・・」みたいな、ジャストの発言。そうか、そうなのだ。ここにも「ROCK」と「プロレス」の共通点があった。これはやってはいけない対バンだったんだ。例えるなら「KISS」と「CRUSH」、「THE  BIRTHDAY」と「氣志團」、「銀杏ボーイズ」と「グループ魂」、「赤犬」と「バンプ」、「餃子大王」と・・・もう、いいですか?

 例えばパフォーマンスとしてギターのストロークに右腕を振り回すことや、客席に飛び込むことや、楽器壊すこと、それがエンターテイメントにせよ衝動のい駆られた不作為なことにせよ、リスナーの僕らはその場でどうしようもない高揚感を感じる。ここにプロレスの「ガチンコ」と「エンターテイメント」は間違いなくリンクするのです。

 アンドレと前田は、これを同じ土俵でやってしまった始めての試合だったのかもしれない。観客不在にしてしまった、猪木の功罪。う~ん・・・深い。そりゃ、アンコールセッション曲、決まりませんよねぇ・・・・。

|

2006年11月17日 (金)

オオサカローカルズ

 スパルタローカルズ「何だ、ばかやろう」ツアーも佳境の大阪BIG CAT。京都で見た感動はそのままに、更に高みに昇っていた。ツアーってイイ。

 11月30日に彼らはファイナルを渋谷公会堂(CCなんとかとも言うらしい)で行う。渋公は、何らかのシンパシーを感じるハコ。そう、ライブハウスでは収まりきらないモノをホールに初めてぶつける。バンドがあがって行く時に、節目になるハコなのです。その上には「武道館」という節目のハコがあるのだけれど、まずは渋公(CCなんとかでは無い)なのです。

 これだけ、スタンディングのデカいハコが増えてくると今の若い世代の人にはひょっとしたら、ピンと来ないかもしれないのですが我々やってるスタッフとしては、思い入れは相当なものなのです。「勝負」であることはマチガイ無い。関東地区の方は、是非スパルタの今までの「集大成」、そして来年以降の「可能性」を確認しに是非足を運んで欲しいと思います。

 かく言う僕は・・・その日は、大阪で別件のライブなので。。。。遠い十三の空からコンサートの成功を切に願うでしょう。(なんだ、お前行かないのかよ~!)

|

2006年11月16日 (木)

YOUTH見て、チラシまいて

 昨日の夜は、THE YOUTHのライブを見た。YOUTHは仙台の4ピースバンド。今、凄くイイ状態。ライブは外さないし新曲も捨て曲無し。

 数年前に一度メジャーデビューも果たした。メジャーの後半にソウルフラワー奥野さんや、グルーバーズ藤井さんらにプロデュースして貰い、バンドがグングン伸びてきた。しかし、その時点では結果が出なくて契約が終わってしまった。そこから萎えず、バンドは一念発起。切羽詰ったギリギリの状態から這い上がってきた。

 「デビューがちょっと早いなぁ・・・・」と、思わされるバンドは最近ちょっと多い。それは、メーカーさんが「外資系」体質になっているからかもしれない。YOUTHもそんなバンドのひとつだけれど、その時の報われなかった経験を無駄にするのもしないのもバンド次第。今のYOUTHは明らかに、「その時期」があったから成り立っている素晴らしい例。これで、再デビュー出来て結果が出れば言うこと無し。バンドの「旬」は思わぬところでやってくるもの。メーカーさんと契約終わったとしても、バンドは継続して頑張って欲しいのです。

 その後、久々にチラシをまきに行った。コンサートの終演後を狙ってジャストなお客さんに向けて、僕らが扱ってる違う公演のチラシをまきにいくのです。こんな地味なプロモーション、エラソーな僕は普段バイトちゃんに任せっぱなしなのですけれど、たまにはやらなあきませんね。お客さん見てるだけでマーケティングにもなりますしね。たかがチラシまきですけど、コツが幾つかあって、ただ単にまくだけではなかなか貰ってくれない。まず、セールスポイントを簡潔にしかも大声で叫びながらまくと数割アップ。あとは目線をあわすようにするとか、大体のファッションで聴いてる音楽も判断出来るので「これは!」という人が居れば、キャッチヨロシク付きまとったり・・・・・・やってるとだんだん燃えてくる!しかし、昨日は意外に反応が薄かった。しかし僕らの仕事、チラシでさえ貰ってもらうのが辛い中、チケットやCDを売るなんて作業はホント大変だなぁ・・・・と改めて思い知らされたのでした。

|

2006年11月15日 (水)

11月のお薦めライブ

 たまには宣伝なんかしてみたり。

■スパルタローカルズ

11月17日(金)BIG CAT 19:00~

 個人的な思いはこのブログ10/21の京都ライブで書きました有無を言わさず見て欲しいライブ。

■オトナモード

11月23日(木・祝)梅田Shangri-La 18:00~

 「小さな旅」「憧れの花」と2枚のミニアルバムの集結した、大阪初ワンマンライブ。この2枚で「1st」アルバムだと個人的には思いつつ、バンドの最初の節目のライブになること間違い無しです。この若さで、末恐ろしい。。。

■石田ショーキチ

11月24日(金)梅田Shangri-Lat 19:00~

 スパイラルライフ、スクーデリアエレクトロ、モーターワークス(現在も不定期活動中)を経ていよいよ本名で男前活動始動!個人的には、昔飲み屋で何故か一緒に「放送禁止用語しりとり」をやって以来、感動の再開!天才のソロワークは期待出来ると思います。

■浜田 真理子

 11月25日(土)御堂会館 18:00~

 久々の新作、そしてライブです。大阪では昨年初夏の音泉祭り(w/サンボマスター、赤犬他)以来のライブ。今回はピアノソロでは無く、大阪では初めて数人のミュージシャンの方とともにお送りします。

■STAN  <GUEST:DOES>

 11月30日(木)十三FANDANGO 19:00~

 最近ライブが著しいSTANのレコ発。ゲストに802ヘビロバンドDOESを迎えて、ガチンコ3ピース対決です。10月京都で、この組み合わせ見ましたが、かなりヤバイです。

■その他

 凛と時雨→11月23日セカンドライン/チケット売り切れマチガイ無し!

 THE BACK HORN→11月24日御堂会館/こちらもチケット売り切れ!

 餃子大王→11月23日大正フリーピープル/チケット売るほどあります!

 などなど、詳しくは音泉HPのカレンダー&詳細をチェックしてやってください。良いライブ目白押し!

■どうでもイイ情報

 11・26 天王寺デルフィンアリーナ→うちの男湯がプロレスの試合に出ます。もっかモンパチツアー中で「練習できない」のが悩みだそうで・・・アホです。

ご静聴ありがとう御座いました。

|

2006年11月14日 (火)

POP CHOCOLAT凱旋

  POP CHOCOLATを見にファンダンゴへ。頭のレイモンドチームさんは見逃してしまった。

 POP CHOCOLATは、女の子3人組、独特のオルタナ感と3人ともボーカル&コーラスがとれるところなんかがステキなロックバンド。この春、京都から東京に出ていった。女の子3人で勝負しにいった。地元関西人としては、東京にみんな行ってしまうのは少し寂しいけれど、どうせ行くなら「成功して欲しい!」とちょっと肩入れしてしまうのが人情。たまに帰ってきた時にライブを見るのは楽しみでもあります。

 3人ともカワイイのはさることながら、男前度も少しアップしていた。この「男前」なのがちょっと大事。見ていて「おっ!」と、クる瞬間が増えるとお客さんも前のめりになれる。(抽象的すぎっすか?)「カワイーのにやるやん!」的な。

 「喜怒哀楽」もちゃんとある。「激しさ」と「優しさ」も、「ポップ」も「マニア」共存してる。個人的に揃ってて欲しい要素がふんだんにある。

 音楽的にも80年代~90年代にかけての匂いがするので、僕ぐらいの年齢(38ちゃい)は嫌いじゃない人が多い。でも今の若い人にとってはどうなんだろ?HIP HOPでも無く、R&Bでも無く、“ROCK”ってどうなんだろ?全体的なマーケットは減ってるんだろうけれど、個人的にはもっともっと増えて欲しい。そんな意味でもPOP CHOCOLATは、応援したくなるバンド。そして楽しみなバンドなのです。

 「楽しみ楽しみ」と、どのバンドのライブ見てもアホみたいに言ってますが、「楽しい」からしょーがないのでご勘弁。「良し悪しに、期待裏切ったり、変ったり、上手くなったり・・・・etc」継続してバンド見るのってホント面白いんですって!

|

2006年11月13日 (月)

MONGOL800

モンパチ全63公演ツアーの44本目、大阪BIG CAT。63本って凄い!車2台で津々浦々、まわってらっしゃいます。

 実は、この春から3人揃って沖縄で生活出来てるそうで、それまではドラムのサトシ君が四国の大学に通っていてバンド活動が思うままに出来て無かったのですね。普通のバンドがやる「練習」とか「新曲作り」とか「ライブ」といったことが非常に限定されていたのがここ数年。思いのほかブレイクしてしまったので、そんな理由で活動が充分出来なかったのが逆に転じてどんどん評判を呼んでしまった珍しい例だと思います。

 そして、今回じっくりアルバムを作ったところ、今までに無かった一面が出てきた模様です。実際ボーカルもギターのギマ君が歌う曲が何曲かあったり、コーラスも成長していたり、演奏も上手くなっていたり・・・・。ここからモンパチは始まる予感?・・・予感じゃなく実感。

 普通ライブを見てると、「こんな楽器の音欲しいなぁ・・・」とか「ギターもう一人居たらもっと良いのになぁ・・・」とか、大なり小なり思うのですが、モンパチはそれが全然無いのです。(今のところ)そんなシンプルさが凄く良いと思います。僕の目の前で50代のおばさんが楽しそうにライブ見てました。若い人からその年代の人まで巻き込んでいるのは、曲がシンプルな証拠かもしれません。レンジが広いし飽きが来ない。モンパチ、これからこそが本当に楽しみ。44本目にして全くスレてないのもステキ。1曲1曲丁寧に、純粋に、なにより3人が心底楽しんでやっていたのが印象的でした。

 打上げでライブを見に来ていたモンパチが尊敬するバンドのひとつ、赤犬のアキラさんと同席。男湯と桶洗い君がいつも仲良くさせて貰っているのですが、初めて色々お話し出来た。予想はしてましたが、結構音楽観が似ていて面白かった。やってることメチャクチャですけど。知的でそして良い人でした。じゃないとあんなオモロイバンド出来ないよなぁ・・・・。モンパチマネージャーのゆみこさんに「大阪って良いバンドが多くていいですね!」と言われた。赤犬さん達のおかげです。

|

2006年11月12日 (日)

井上陽水さん・・・

 ・・・・のコンサートにお招き頂いて、行って参りましたフェスティバルホール。主催が他社さんだったので、いそいそとお邪魔にならないよに2Fの最後部へ。そのつもりは無かったのですが、あまりにコンサートが素晴らしかったので色んな意味でおこがましいのですがここに書かせて頂きます。

 陽水さんの「断絶」というアルバムを中古屋で買ったのが中学2年。(それが35年前の作品であることを今更ながら知りました)この仕事始めて、何回かコンサートなりイベントなりで見せて頂いたことはありました。中でも、数年前にFUJI ROCKで見た時は「日本人で良かった!」と本気で思い、それまで近くに外人が来たら話しかけられないように猫背で下見る典型的な外人コンプレックスが、陽水さんのライブ以降一瞬にして消えうせ、それからのフジロック滞在中は胸はれる様になったものでした。もしそん時、英語で話しかけられたら「ここは日本やから日本語喋ってください!」と堂々と言えたと思う。「お声」も「歌詞」も「メロディ」も「演奏」も「人となり」も、全てが日本代表!FUJIの清志郎さんと陽水さんに、日の丸をイメージしたのは僕だけですか?

 というか中学の頃から、結構好きなのです。いや、かなり好きです。そして今日は久々・・・何年ぶりかにソロコンサートを見せて頂けて・・・、もうホントヤバかったんです!新旧ヒット曲織り交ぜ2時間。おおよそ、コンサートに期待する要素が全て満たされている。それも頂点で。そして一番興味深かったのが、ご本人は決して"そぶり"も見せられませんが、58歳にして未だ戦ってらっしゃる気がしたのです。35年前に「巷に"愛の歌"がはびこり過ぎて、反骨心で作った曲がありまして・・・」とMCでおっしゃっていた。えぇ!ということは僕らが生まれた頃から日本のポピュラー音楽は「愛」の大安売りだったんですね?今とちっとも変わって無いんですね??その中ずっと戦って来られたのですね???・・・うう、感動。

 お客さんの年齢層は予想(40代~50代の方中心)していましたが、その質の高さにも感銘。本編が素晴らしい演奏だったので、アンコールの拍手が半端じゃない。座ってらっしゃいますが気持ちは「スタンディングオベーション」、これぞホントのアンコール。こんな本気のアンコールはこの仕事してますけどなかなかお目にかかれません。ステージが終わると陽水さんが先にはけて、その後バンドの皆様(この皆さんも日本最高峰)が、一同に礼をされてステージ袖に戻るのですがお客さんがそれまでも誰も帰られず惜しみない拍手を送るのです。演奏がいかに素晴らしいかを熟知してらっしゃる。こんな成熟された、コンサートが日本に生まれていることに更に感動。

 曲名とか演出的なことはまだ他地区でも公演があられるので触れれませんが、58歳、日本のアーティストの最先端を行ってらっしゃるのはもう・・・・勉強なりました!「つま恋」の評判で気になっていた12月の拓郎さんも見に行ってみよ。

|

« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »