« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »

2006年7月22日 (土)

なまぽうるすたんれいがみれた

  KISS見てきました。「KISS」と言えばこの読者の方は“アナログフィッシュ”の名盤を思い浮かべる少数派の方が多いかもしれませんが、それはKISS違い。4人組のあのKISSです。

 ウドーミュージックフェスにお邪魔させて頂き、昼間からハードロキンな時間を過ごしました。個人的には、あまりハードロックは通ってないので知らないアーティストが殆ど・・・ポールロジャースさんとスティーブヴァイさんくらい。「おやじ、夏フェス行こうぜ!」のコピー通り、客席は親父指数激高!それはそれで、なんか良い感じ。親子連れも多くてステージの音はゴリゴリなのに客席はほんわかしてて良かったです。

 そしてKISSは実にエンタメでポップで解り良い!感動。ちわきまゆみさんが狂ったように激オシするのも解ります。万国共通に受け入れられる、世界的規模なバンドだと思った次第。しかし、泉大津でそれも野外ステージにKISSが演奏している事実が、なんか最後まで「非現実的」な感じがして、いまだ「“聖飢魔Ⅱ”だったんじゃないかあれは・・・」と、思ってるのは僕だけでしょうか。多分僕だけですね。KISSファンの方、ごめんなさい。買おうと思っていたパンダT売ってなかったのが残念。

 しかし1週間近く雨が降ると水ハケが良い、悪いの問題では無いですね。台風みたいな一過性な雨よりも相当たちが悪いです。聞くと前日までにバキュームカーでウン10tもの水をくみ出したらしいです。晴れたのもあって、スニーカーで行ってもギリギリセーフでしたが、夏フェス必需品と言えば“帽子”“カッパ”“飲み物”etc、そして“長靴”も時には必要であります。履いて無いとものすごっ邪魔ですけど、時と場合によってはサイコーに機能しそう。よし!フジロックに持ってい・・・やっぱいかないよなぁ。

 明日も晴れますように。

 

|

2006年7月21日 (金)

買い物競争

  昨日はお兄さんザルの誕生日だった。

 会社行きがてら、近くのタルト屋でケーキを発注し夕方ボードに「食事」と書いて梅田に買い物競争に行く。

 前日のリサーチでお題は「ローラーシューズ」という、かかとだけコマがついたローラースケートとスニーカーのアイの子みたいなものが欲しいとのことだった。どこに買いにいくか少し悩む。「おもちゃ屋」なのか?「くつ屋」なのか?「スポーツ用品店」なのか?

 手始めにカタイところで、梅田キディランド(大阪最大のおもちゃ屋老舗店)→「扱っておりません」と店員さん。次に阪急イングス(スポーツ用品系)→無い・・・阪急、阪神百貨店の子供フロア・・・無い。スニーカーと言えば「step」・・・無い。その他、スポーツ用品店幾つかまわるも、じぇんじぇん無い!

 探すこと約1時間半、梅田にはそんなもの存在しないと確信。どうも店員さんのリアクションもなんかおかしい。「そんなもの今はもう誰も買いやしないよ!置いてるわけないやん。」みたいな、苦笑いの奥にそんなこと言いたげな感じ。なるほど、兄ザルは流行からよほど遅れているのだ。親ザルとそっくりなのだ。

 ヘトヘトになりながら、手ぶらでは帰れないので電話して現代科学の結晶「インターネット」で調べて貰う。5分後に着信。「通販で買えます」とのこと。なんやそれ!最初からそうしとけば良かったのか・・・

 仕事一旦抜け出して、ケーキだけ持って家に帰る。一通りナニをナニして仕事に戻る。かなり疲れた・・・・ちょっとめげた。

 僕はネットでモノ買ったことが無い。なんかイヤなのです。タバコも出来れば機械じゃなくて、おばちゃんから買いたい。マンツーマン希望。便利な世の中になってるけど、なんかイヤ。近日中に届くであろう「ローラーシューズ」に感情移入出来ないんだろうなぁ。

|

2006年7月20日 (木)

夏イベント展望

 梅雨が終わらないのでなかなか、そゆモードになってませんが今週ぐらいから続々と夏のイベントが始まります。今日は個人的な展望、というか予定を。

 まず、今週末22日はウドーさんのイベントを視察。KISSはかなり楽しみ。9月2日のロックロックをお手伝いさせて頂くので下見も兼ねるのですが、昨年夏の思い出は泉大津フェニックスに捧げたので、ある程度は状況は解ります。駐車場が今年から出入りし易くなったのですが、やはりバスでのお客さんの輸送が最重要ポイントなのでその辺りのシュミレーションをしてきます。

 明けて23日は万博で「MEET THE WORLD BEAT」。今年音泉からはカエラちゃんがお世話になります。それで無くても豪華ですが、シークレットも毎年出るのでそっちも楽しみであります。この2本とも、今仕込み中だと思うのですが、雨の中大変、絶対大変。せめて当日は晴れることを祈りつつ。

 その次の週はフジロック。初日はサンボの大阪公演があるので行けませんが、2日目から参戦予定。一番の目当ては、3日目ヘブンのフィッシュマンズ!ヘブンフィッシュマンズは「かなわぬ夢」と思っていたのですが・・・かなっちゃいました!Tシャツもフジロック用に作成した模様。行く人是非買ってくださいね。あと色々見たい人居ますけど、誰も知らないどころでは2日目のルーキーに出るバンド・オブ・グリマーズはちょっと笑いたい。大人向けですが、40代の人にはたまらん日本の新鋭だと思います。3日目終わったら、深夜バスか夜行電車で大阪戻りがちょっとブルー。

 その後は、いよいよ8/12、13日のOTODAMA。今、最終打合せやら、当日の細部を詰めています。先にお伝えしておくと、飲食の「食」の販売が薄くなりそうなので来られる方は駅周辺で買いだして頂くか、再入場OKですので食事に一旦出て頂くのがベターかと思います。ちなみに順番は当日発表の予定。オオケンさんとドイちゃんに盛り上げて頂きます。チケットはおかげ様で、2日目が完売!これはびっくりしました。本当に嬉しいです。有難う御座います。サ○ソ○の裏なのに。。。。キャパ10倍以上違いますけど。あと、ファンダンゴさんと神戸ウィンターランドさんが8/11に「勝手に前夜祭」やってくれます。神戸はフラカン圭介君の弾き語り、浜辺シゲキさんら。十三は岩崎愛ちゃんやら・・・勝手にやってくれます。勝手に大歓迎!有難う御座います。

 その次の週のライジングは行きたいのですが、行けそうにないです・・・「ソウル・オブ・どんとEZO」なのに。むむ残念。

 その次週はRUSH BALL@フェニックス。個人的な楽しみは「髭」ちゃん。今年、グリーンズさんは髭ちゃんを激押ししてるように見えます。確かにライブ凄いし押すに値すると思います。こんなプロモーターの姿勢は個人的に大好き。

 そして次週は関西の定番イベント、「ロックロックこんにちは!」10回目の記念すべきイベント。いやしかし豪華すぎます!これは過去最強のラインナップではないかしらん。越前屋俵太さんが、久々にナビしてくれるのも楽しみです。夏を〆るにはふさわしい。

 いやなんか今年も夏が、あっちゅう間に終わりそうです。 

 参加される方は無理せず、楽しんで頂ければと思います。倒れたらミもフタも無いですからね。睡眠と飲食はがっつりとって頂き、ライブ見るのは2の次ぐらいで丁度イイと思います。ホントに。皆さんにとって、良い夏になりますように!

|

2006年7月19日 (水)

美声ナイツ

  シャングリラでビューティフルハミングバード、キム・スチョリ君(元ラリーパパ)、ベベチオの3組でイベント。

 キム君ソロライブは初めてお目にかかる。ラリパパの頃からボーカルは好き。ゆるいんだけど、どこか力強い、ふわっとしてるけど、たまにキリッとした瞬間が好きだった。ピアノ弾き語りかと思いきや、直前で「バンドでやります」とのこと。リハで誰が来るかと思いきや、ボノボの辻君やらマニラの安田さんやら、かって知った人が集まってきた。本番7曲。良かったんだけれど、ラリパパの時のようにグッと来なかった。なんかよそよそしいのは、自信が無いのか・・・もっと自信持っていいのになぁ。なんか勿体無いなぁ。でも、1人で始めたばかりなのでこれからです、これから。ホンマいい声してます。

 大阪を代表する歌モノ(キワモノ?)ユニット、ベベチオのお二人は相変わらず安心して聴けます。MCもキテレツで失笑の連続。このアホなMCと曲のギャップが非常に好きです。和みます。そして良い声してる。今日は、良い声の3組だ。ブッキングしといて気付かなかった。見ながら気付いた。

 ビューティフルハミングバードは、男女二人のユニット。ボーカル小池姉さんとギター田畑君。小池さんの声はバンド名そのまんま。「神に与えられた」と言うべき声の持ち主なのであります。高いところも、伸びがあってもちろん良いのですが、低い音域が抜群!なのです。こんなこと言うとなんですが、高域が良い人はザラにいますけど、高低両方凄い人ってなかなか居ないんですよねぇ。小池さんは双方すんばらしい。この日はメジャデビューアルバムの発売日で記念すべき日になったようです。作品は、子供からお爺ちゃんまで聴いて欲しいアルバム。優しくて、穏和な1枚であります。せちがらい世の中でこんなアルバムが売れて欲しいなぁと思います。

 打上げで田畑君が元バンドアパートのメンバーだったことを知りびっくり。個人的な印象でバンアパは「変調変拍子」、ジャンルで言うと「フュージョン」か「プログレ」・・・とても結びつかない。う~ん、シンプルなことやってる人ってもともと複雑なことやってる人が多いのかも。1周まわると人間そうなるのも解る気がしますが。ミュージシャン遍歴って面白いですね。

 酒豪らしき二人は酒乱?(失礼)のベベチオ二人と2件目に消えていきました。ちょっと心配。明日4人とも無事でありますように。イイ声聴かせて貰って、体が浄化されて気分のイイ夜でした。お疲れさまでした。

|

2006年7月18日 (火)

続・口内状況

 その後も口内は最悪の一途。うどん→バナナ→ウィーダーインゼリー→充実野菜→うどん→・・・・の日々。口内年齢70歳の自身アリ。かつ丼食べたらサクサクのコロモがプラスティック噛んでるよな錯覚を覚えてしまう始末。上顎の腫れが増幅し、熱も出て最悪の週末でありました。

 たまりかねて予約日より早く歯医者に行ったところ、差し歯をしばらく外して、そこから化膿したブツを出して腫れをひかすことになりまして・・・ちなみに差し歯は前歯なので、口を塞ぎがちな日々が続きました。前歯が無いミュージシャンと言えばNATSUMENのASE君。 超絶インストバンドなので、口元の黒く空いた隙間はライブではかいま見えないのですが、オフステージでたばこをそのスキマに挟んでるASE君はかなりイイ。

 不幸中の幸いで、僕は普段前歯が見えない口の形状をしていて大笑いしない限りはバレない。社内も社外にも、家族にもバレずに数日間過ごし通した。こんな口元に生んでくれた両親に改めて感謝!しかし必要以上に笑えず、喋れずでかなりひきつった毎日はそれなりにしんどかった。

 誰にもバレなかったのだからここで書かなくても良いのですが、隠し通すと「ええかっこしい」に思えて書いてみた。「ええかっこしい」は関西では嫌われるのです。そいえばASE君は奈良出身。さすがです。

 ちなみに「おしゃれ」と「ええかっこしい」は違う。「おしゃれ」は、「自分が自分らしくある為に身に付けるものやライフスタイルを演出すること」で、「ええかっこしい」は「自分の個性は棚に上げて相応、不相応に関係無く高いものやレアなもので自分を演出すること」だと思います。後者は関西では圧倒的に嫌われる。(全国的にそうかしら?)子供の頃は「なにお前イキってんねん!」と言って苛められるものです。出る杭は打たれる。小学生ん時、誕生日に新品の硬式用グローブ(ちょっと高め)を買って貰っても軟式野球では「イキってる」と思われそうで使えなかった。そのグローブは今、ファンダンゴさんとの野球大会で活躍しています。

 もっとちなみに関西ローカルのTVネタでは「ええかっこしい」は扱わない。上沼恵美子さんとやしきたかじんさんの関西高視聴率2トップから袋叩きにあう。例えるならあくまで「ええものをどんだけ安く買ったか」といったネタが高視聴率につながるのです。そのプロセスがその人の個性として敬われるのです。これホント。

 話しが脱線。 

 熱の影響で週末のボノボやクアトロのイベントは欠席させて頂いた。バンドの皆さん、身内の皆さんごめんなさい。

 今日やっと差し歯が再挿入された。噛める!噛めるよ!ママ!口内年齢50歳くらいに若がえりました。上顎の腫れも治まりやっと普段の生活に戻れました。ご飯食べれるって幸せ。あ~幸せ。

|

« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »