« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006年4月29日 (土)

MODSに学ぶロックバンドの在り方

  THE MODS神戸Varit。

 満員御礼。メジャーデビュー25年(「結成」ではないです)、60本に及ぶロングツアーも佳境であります。

 開演前の客席BGMがデカクてイイ。始まる前のテンションがあがります。ロックバンドのライブではこのあたりも重要だと思います。最近他のライブでは開場時に「音、小さいなぁ・・・」と思うこと多し。BGMの曲もこだわってるなら余計音は大きい方がいいと思うんですけどね。開演10分前からでもいいです。

 客電が落ちて、メンバーがさっそうと登場。この「さっそうと登場」も重要ポイント。お客さんがピークにキテルあいだにドラムのカウントが始めるのです。

 完璧な流れで、最高潮のままスピーカーから爆音が鳴る。音「圧」が凄く気持ちいい。

 照明さん/PAさん/楽器さん、スタッフワークも完璧。構成/MC/ステージング・・・・僕みたいな若輩者が文句つけるところなんかは一切ありましぇん。最高のエンターテイメントが綴られます。

 MODSの皆さんは百戦錬磨で、お客さんがナニを求めていて、ナニをすれば期待に答えたり、良い意味で期待を裏切ったりするかを全て理解してる気がします。ステージに立つことに対して非常に自覚的。見ていて「あ、今のカッコ悪い・・・」っていうところが、一切無い。

 ステージから去る時も実に「さっそう」としていてカッコイー。ギリギリの人間味を演奏で見せつつも、常にお客さんから届かない遠い存在であり続けて「夢」を見させてくれる。MODSのライブを見て、今回のストーンズのコンサートを見に行かなかったことを3たび後悔。。。。

 打上げ後、マネージャーのABEビーさんと飲みに行く。飲み屋にプロジェクターがあったので82年、伝説の雨の日比谷野音の映像を見せて頂く。

 この映像がホント、やばかった。「なんじゃこの雨は!」ってくらいの「雨」というより「豪雨」。当時日比谷の野音は屋根が無かったらしく、楽器もメンバーもめちゃくちゃな水びたし・・・ながら一切演奏を辞めない!これは、伝説になるのも解ります。

 客席も固定席のはずなのに「どこのスタンディングの会場ですか?」というくらいめちゃくちゃに前から人が埋まってる。演奏も本気なら客席も超本気!

 「熱い」といえば「熱い」けど・・・これは感動します。噂には聞いてましたが凄いもん見てしまった。。。こんなお客さんとの本気の緊張感が持てるバンドって近頃無いなぁ・・・。自分が見た同様の感覚ではブルーハーツかミッシェル。。。最近なら銀杏・・・・数えるほどです。

 最後は楽器がやられてしまい、満足に音が出なくなってる。。。。当時僕はまだ鼻タレ小僧だったので解りませんけど、インディーズじゃ無くメジャーでこれだけドメスティックにやってたのはMODSだけじゃ無いのかしらん???

 そして、この年でこれだけのツアーをやってるバンドは日本では他に居なくて・・・数字的なことでは無いけれど、日本のロックバンドである意味先端を走ってると思います。ストーンズ見て「62歳までバンド出来るんや!」と同じように、「日本でデビュー25年たってもここまで出来るんや!」っていう。

 節目のツアーの関西最終は5月19日BIG CAT。そしてファイナルが6月24日、伝説の日比谷野音で行われます。中年の方は子供連れでも是非に、若い方も是非に。目と耳にウロコです。

 

 

| | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

麻雀

  前倒しの時差ボケなので夜9時に猛烈な睡魔に襲われる。打上げで朝になり、昼に起きてと“後ろ倒し”の時差ボケはしょっちゅうなるのですが、こんな“前倒し”の時差ボケは、かなり辛い。

 修正する為に、無理矢理「麻雀」に興じる。数時間やれば、2~3時に寝てサイクルが元に戻るという算段。

 メンツが揃わないので3人で、所謂「サンマ」と呼ばれるやつ。久しぶりにマージャン牌を握る。楽しい。

 仕事をおいとくと、至福のひとときなのです。生きてて一番時間のたつのが早いと思われる時間。幸せこの上ない。

(*以下、かなりマニアックなので麻雀知らない方は時間の無駄かもです)

 最初に覚えたのが高校の時で、クラブのキャプテンの家が雀荘。そのオヤジさんが有段者で基本から教えてもらい、週末はそいつの家(てか雀荘)に行って徹マン。クラブは一向にに強くならないが、麻雀の腕はみんなメキメキ上達。

 それ以来、20年ほどやってます。

 麻雀は僕の中では博打では無くて、非常に「高等なテーブルゲーム」であり「人生の縮図」であり「人格占い」でもあります。

 この世のテーブルゲームでは多分一番複雑。トランプの3倍もの札があって、ルールも簡単では無いのですが、その分一度覚えたら楽しい。めぐりあわせの妙が、複雑ゲームながら単純に存在する。

 人間性も必要以上に出るので、「潔さ」とか「優柔不断さ」、「自分勝手な人」「他人を思いやれる人」とか、相反するものが見えるのでそんなことも含めて非常に楽しいのです。

 仕事とか、普段の生活でナニをやってるかが、麻雀であらわれるのです。

 初めて会った人でも、麻雀一晩やればたいがいの性格が解ってしまう。もちろん、僕も良いとこ悪いとこ出てしまいます。悪い麻雀打ってしまったら、すごく落ちるし、負けてもいい麻雀打てたらそれなりに嬉しい。

 緊張感の為に、多少のお金はかけますけど前述した理由から、僕の中では「博打」では無いのです。 

 麻雀解る人でも、かなり意味が解らないと思いますけど。そうなの。絶対そうなの。

 「良い麻雀が打てる人」は「良い仕事が出来る」。

 あと仕事柄思ったのが、ツキや運は人には均等にあるとは思いますけど、やはりアーティストの皆さんはそれが僕ら凡人と比べるとちょっと違う。感が鋭いと言うかもしれませんが。今まで、何人か打たせて頂いたアーティストの方々は、たいがいそうでした。

 今まで、一番強いと思ったのは来生たかおさん。打ち方もキレイ。

 「博打打ち」だったのは上田正樹さん。耳に赤ペンさしながら、打つ様がカッコよくて、あの渋いお声で「リーチッ!」と言われれば、あたり牌が勝手に出て行ってしまいます。

 トモフスキーさん、ロスト海北君と一緒に打った時もオモシロかった。二人とも性格が出過ぎ。「良い人の麻雀」を打つ。あまりにも微笑ましい麻雀。

 奥田民生さんも、ひょ~ひょ~として鋭い打ち筋が普段の活動と一緒。ゆるく見せかけて、やる時はビッシっと決めるタイプの方です。でも最近はあまり好きじゃ無いみたいで、麻雀牌型のライターで牽制球投げても返って来ない。ちょっと寂しい。

 楽屋でもやるくらい好きな、GRAPEVINEの皆さんは「全自動卓」買ってツアーに持ちまわった方が良いと思います。

 CDミリオン売ったあの人も凄かった。初心者なんだけど、ひきが鬼のように凄い。生まれた時から、どうしようもない「差」が僕とアナタにはあって、どうすることも出来ないことが卓上でも証明されるのです。

 総じて言えるのは、アーティストとしての優れた才能以外に、天は二ブツも三ブツも与えてるってことです。僕なんかが、埋めれようの無い何かが麻雀でも、やっぱりあるのです。

 そいえば、最近メンツがショート気味なので、これ読んでるお知り合いで麻雀出来る方。是非ご一報ください。

| | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

続・時差ボケ

 結局時差ボケのまま仕事を続けたのですが、ボケているので色々やらかしてしまう。

 通常ライブを決めて、アーティスト窓口の方と最後の確認の意味でFAXやメールでやりとりをするのですけど、全然違うアーティストの詳細をまちがえて送ってしまったり。ちょっと寒い出来事ではありますが、笑って済ませて貰える範疇なので良かったのですけれど。あと、メールで添付漏れしたり、電話に対して的確なこと言えなかったり・・・。妙に効率が悪い。寝不足は良くない。明らかに良くない。

 唯一良かったのは、机に向かう時間が長いと聴けてなかったCDを聴いたり、i-podに落としたりして卓上がすっきりしてそれはそれで整理整頓は進むのがすてき。手当たり次第聴いてると「SpankPage」っていうバンドの音源が異様に良かった。オビに元GRAPEVINEベース西原君や寺岡呼人さんもコメントを出していて・・・いつ貰ったのかは忘れてしまいましたが、見ると2004年の作品のよう・・・・。これはこれで寒い。関係者の皆さんすいません、もっと早く聴いとくべきでした。

 i-podは相変わらず素晴らしく、そんな聴けずにいたCDが遥かに聴けるようにはなったのですが、ひとついかんと思うことが、ジャケットと歌詞を見なくなること。

 出来るだけ見るようにはしてるのですが、いかんせん聴くタイミングが移動中になるので見なくなる。制作側の方からすると「この曲達で、この曲順だから、このジャケットにこの歌詞になった」という必然性が絶対にあると思うのですけれど。当然そこには何らかの意味合いがあるはずなので、それを含めて受け取らないといけないのに、そこが散漫になっていくのは良くないなぁ・・・と。ジャケットなんかは、並々ならぬこだわりがあると思うんですよね。

 自分では「アナログ派」なつもりで「ジャケットも絶対無いといかん!」と思ってるわりには、ハードに流されるとその意識が無くなっていってるのが我ながら複雑であります。「マメに見る!」解決策はそれしかない。

 話しを戻すと、結局起きっぱなしで仕事はしたものの、打ち合わせしてても集中力が無くダメで、非効率極まりないので夜のお付き合いもパスし早々と帰宅。夜10時には寝たものの、今度は朝4時に目が覚めてしまい、家に居てもヒマなので会社に来て、これを書いているのが28日の朝8時。

 日記のペースも解らなくなってきた。このままいくと、お年寄りの生活サイクルになりそう。ライブが終わるとおネムちゃん、打上げで寝て2件目が終わる頃に起き出す。それはそれで1日効率良く仕事が出来るかもしれない。音楽業界高齢化対応サイクル。

 ラジオからアナログフィッシュのニューシングルが聴こえてきた。このあいだライブで聴いた時は正直ピンと来なかったのですが、今聴くとすごく良い!聴く時間、場所を選ばない曲。優れたPOPSの条件である、と個人的には思うとこに入る曲。ロックバンドが、こいった曲やるところにも意味があると思います。タイトルは「Living in the City」。今度ライブで聴いたら、また印象変わるんだろうなぁ・・・・。曲は作り手の中でも育ちますが、聴き手の中でも育つのです。これから、双方でどう育つか?また楽しみな曲がひとつ増えました。

 “お年寄り型”時差ボケを引きずり今日はどんな1日になるのやら。

| | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

体内時計が何時か知りたい

   昨日が少しハードだったので、お昼から出動。

 会社行く前に、前住んでいたとこの銀行口座を解約しようと某大手銀行に行く。なんやかんやで小1時間も待たされて、挙句解約しようとした傘下銀行との手続きがややこしいのか、まだ時間かかりそうとのことだったので、通帳とカードを返して貰い、隣りの機械でキャッシュを卸して残額¥0にする。会社に帰って通帳をシュレッタ、カードをハサミで切って解約完成!最初からそうしとけば良かった。自力解約すると、何か弊害が起こるのかな?良く解らないが多分、大丈夫と踏んで忘れることにする。

 出足が遅れたので巻き返そうと机に向かうも、出口の無いところてんのように仕事が溜まっていてなかなか進まない。連休前は忙しくなることを1年ぶりに思い出す。

 今日は下のおサル君が誕生日なので、早めに家に帰りたい。ちなみに4月は家庭内行事が多いのですが、今んとこ全欠席or忘却(to ハピネス♪ 今日のBGMも、もちろんトモフスキー)。そいったアゲインストな状態も踏まえ、何としても帰りたい。が、このままだと帰れない。迷った挙句、ところてんの入り口にも、一旦フタをして、家に帰ってまた会社に戻ることにした。車を使えば、夜であれば家から20分ぐらいで戻れる。

 家に帰って、一緒にメシ食って、4本ローソク立てて、プレゼントあげて、風呂入れて、寝かしつけて・・・、自分も寝てしまった!ありゃりゃ、我ながらびっくり。

 夜12:00すぎ。昼寝というかなんというか・・・。今度は、このまま寝ようか、どうしようか布団の中で葛藤。やっぱり、ところてん溢れるのが気になって、勇気を出して本日2回目の出勤。家の鍵閉めながら「ナニしとんねん」と自分にツッコミはもちろん入れる。

 深夜の仕事は結構スムースに進むので嫌いでは無いです。電話かかってこないから集中出来るし。ネットサーフィンとか要らんこともしがちですけど。。。

 そして、今は朝の7時。この後どうするか・・・思い切り中途半端。

FM802・ケーオージーエーさんの名(迷)言を思い出す。

「古賀さん、よくそんなに何日も寝ないで平気ですよね?」

「うん、だって起きるのイヤじゃん♪(ニコニコ顔)」

「・・・・・・・・・。」

 朝、起きなくてイイって最高!とりあえずケーオージーエーさんに習って起きとこう。

 

 

 

| | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

WYNTERLAND(1字違い)

   神戸に新しいライブハウスがオープンします。

チキンジョージのブッキングをされていた、チキ川さん中心に元チキンのスタッフの皆さんが創設。

 今日は、そのパーティがあった。

 キャパにするとスタンディングで350ぐらいだろうか。スペースは色んな意味で丁度良い感じ。

 ちょっと遅れて行くと、並み居る諸先輩方々がいらっしゃっていて頭下げまくり、「早く帰りたい」と思いながら、結局最後まで居てしまった。パーティ後の身内に近い食事会まで居てしまった。なんやかや言って楽しいのです。

 チキ川さんには本当にお世話になっているので、出来ることは何でもしたいと思っています。6月上旬が正式オープンなので、オープニングイベントを色々思案中であります。でも、僕なんかが協力しなくても充分なのですが。

 チキンジョージを知る方は、気付いてらっしゃるかもですが、異様にブッキング良かったでしょ?「こんな人がライブハウスで見れるの?!」的なブッキング。

 それは、全部とは言わないまでもチキ川さんの人徳がしめる部分が大きかったのです。だからウィンターランドも大丈夫。ステキなROCKが毎日聴けるはずです。

 ちなみに会場名が「ウィンターランド」で会社名が「フィルモア」。「THE BAND」が好きな世代の方にはこの「シャレ」というか「意思」が通じると思いますが・・・僕はぎりぎり。

 携帯もパソコンも持たないチキ川さんがなんと携帯を持っていた!これで連絡がつきやすくなると思うと、ちょっと感動。しかし、どうせなら死ぬまでアナログで通して欲しかったと思うと、ちょっと残念。

 そいえば、「チキ川」さんという名前はもう違うのでこれからは「橋ランド」さんにしよう。

 なんにせよ神戸でまた新たな歴史が始まるのでした。神戸の皆さんお楽しみに!

 

| | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

旧友に手紙を書いてみたの巻

   昨日のエントリーに「setakai」さんと名のる、松山の主婦の方からコメントを頂いた。

setakaiさんは、1年前まで同業別会社だった女の子。

まじで背が高い。だから「setakai」。うちの男湯は八重歯にだけ惚れていた。

 恐ろしいくらい「客目線」で、「YES」「NO]をはっきり言う人で、「作為的」なことを全くせずに突っ走ってたら、「作為的なオトナ」よりも成功してしまった。

 よく相談されたり、したりしあっていたものの、心の中では年下ながら「こいつには逆立ちしてもかなわないなぁ」と思っていた。

 恐ろしいくらい「まっすぐ」な性格が災い(?)して、ある日電撃結婚を決め、突然松山に嫁いでしまった。

 「どないしてくれんねん!」と、具体的にナニがどうなんだか解らない憤りを感じたものの、本人は幸せなのだから祝福するしかない。

 披露宴に出席させて頂いたら、もう既に仕事のそれでは無くて、嫁いだ顔になっていた。それ見て初めて心から良かったと思えた。

 その日から、setakaiの居ない関西の音楽業界が始まった。

 

 昨日の便りは嬉しいのと、改めてブログの良さも発見。

 いつでも監視されてる気分。そう思うとひよれなくなる。

 setakaiにダメ出しされないように頑張ります。

 僕の両親は松山出身なので、たまにそっちに行く用事が出来るかもしれない。そん時会えるなら是非「ママチャリ」に子供のっけてあらわれてくれること希望。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

春一番

   最近東京の人と話していると、「なるとも」が終わってショックを受けている人が多い。東京でも半年くらい(?)ネットされてたらしくて。関西出身の一部の人が言ってるだけかと思いきや、そうでは無いという意見が大半。でもね、平日朝から「○○商店街のはみだし情報」みたいな、大阪ローカルの濃いいネタやっても、東京の人にウケるわけないと思うのですが、実際のネイティブ関東人の方、いかがだったんでしょう?

 以前TV関係の人から聞いた話しですけど、「なるとも」に代表される、主婦向けバラエティー番組に関して関西と関東で圧倒的に違うのは、関東の場合「イイもの」を紹介すると基本的に数字がとれるらしい。

 ところが関西の場合、「イイもの」を紹介するだけではダメで、「イイもの」を「いかに“安く”手に入れることが出来るか?」が数字の良し悪しを決めるんですって。

 「憧れ」や「夢」を対象として切り口かにするか、「実生活での損得」を扱う現実的な切り口か、地域性が出て面白い。

 実際に住んでないので関東のそれは、あまり語れ無いですけどね。確かに関西人の気質としては「イイもの」を高いお金出して買っても、あまり羨ましがられない傾向はありますわね。「どこがエライの?」みたいな。逆に人間的評価は下がるかもしれない。

 「イイもの」を安く入手するところに、その人のバイタリティーが評価され「メッチャええやん!」と、他人から思われるのはマチガイ無い。お金を払うプロセスに「工夫」が入って、初めて人間が認められる。金持ってるだけの人は精神的には認められない。

 そんな気質が、TV番組の数字には表れるみたいです。

 それが、音楽に関してはどうかと言われると・・・情け無いことにあまり地域性って感じられない気がするんですけどどうなんでしょ?昔は「福岡」「大阪」「京都」ぐらいはあったと思うんですけど。

 ちょっと外れますけど、アンコールの要望は関西人はしつこい気はします!少しでもモトとったるで~!みたいな執念は感じられる。

 まじめな話し、いまや大阪でしかありえへん音楽ってそうそう無いですもんね。大西ユカリさんとかは稀な例で。だんだん音楽の地域性って無くなってる気がするのです。

 そんな、大阪でしか有りえないイベントがゴールデンウィークに開催されます。名前は「春一番」(at服部緑地野外音楽堂)と言います。http://www.hcn.zaq.ne.jp/haruichiban/hyoushi.htm

 僕らの大先輩達が築かれた大阪では、唯一のネイティブなイベントかもしれません。朝霧やサンセットより前から、このような劇的に○○○イベントが行われていたなんて、なんとステキなことなんでしょう。

 この方達の敷いてくれたレールの上で、僕らは走らせて頂いてると思っています。大阪でこんな仕事やる以上は、知っておかないといけない・・・というか知ってて当然のイベントなのでした。

 「ここまでやってもいいんや!」という意味では、これからもお手本にさせて頂きます。

 

| | トラックバック (0)

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »