« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月22日 (土)

ROCK IS HARMONY!

   アナログフィッシュ「ハルコスプリングコレクション・トミノコウジクランクグルーブ」in京都磔磔。前売りで完売です。満員御礼。

 やたら長くて意味の無さげなタイトルの「ハルコ」は、誰よりもアナログを愛している、レコード会社・担当女子のお名前。「トミノコウジ・・・」は、磔磔に面した通りが「富ノ小路(トミノコウジ)通り」と言って、そこから磔磔に入って行く直前に車だと若干難易度が高い「クランクカーブ」があるのです(そこで僕はバイトの時に車ぶつけた、ホントスンマセン)。一見意味は無さげで、実に深いタイトルなのです。

 「タクタクフィッシュ」もですね、これまたいつもライブが良いんです。小屋とバンドの色んな相性がイイ。今日は、新曲がいっぱい。リリースしていないのに凄い創作能力とライブ力(らいぶぢから)なのです。本編最後も新曲だって。サイコー!

 色んなライブが良いバンドのことを書く時に、かぶること何度も言いますけど、この新曲を惜しげもなくいきなりライブでやる姿勢が「然るべきライブバンド道」をずんずん突き進んでいて共感度120%なのです。

 アナログフィッシュがLIVE盤出す時は、是非「磔磔」で録って欲しいなぁ。。。個人的希望。客観的にもかなり良いと思いますけど。

 物販のTシャツが「ROCK IS HARMONY」と書かれていた。確かに演奏もさることながら、3人のコーラスは冴えゆく一方。優れたロックバンドはコーラスも確かに凄い。その「道」的にも頼もしいですね、この人達は。

 秋には関西で始めて「ライブ・ジョントポール」(2日公演で、曲をG・Vo下岡君の日とB・Vo佐々木君の日に分ける、このバンドならでは企画)も見れます!詳細はまた後日発表します。

 このまた意味の無いような、あつかましいような、いかしたタイトルの「ジョントポール」の、カタカナ表記された「ト」という文字に、僕は色んな「意味合い」を感じるのでした。実際はナンも無かったりして。

 今日聴けた新曲の数々は、今年CDになって聴けそうです。ここでベタな雑誌だと「今年のアナログフィッシュからは目が離せない!」とか書いて〆るとこですけど。。。

 まぁでも、3人編成で、うち2人がそれぞれ違ったタイプの曲を書いて、それぞれ歌うツインボーカルで、3人でコーラスワークも出来て、演奏も抜群で、キャラクターもバラバラで、etc・・・ロック史上こんなバンドはあったのだろうか?という意味では、「今年“も”アナログフィッシュからは目が離せない!」と、〆させて頂きます。

 

 

 

| | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ギュインズとその仲間達

   ファンダンゴでエレクトリックギュインズ・レコ発。ギュインズは、大阪の若くは無い4人組ROCKバンド。と、言っても30代前半。

 京都からロボピッチャーさん、東京からAUTAさん、友情出演でベベチオの早瀬君が対バンしてくれました。

 ギュインズのVo/Gの前田君は、濃い日本のROCK復刻名盤を数々手がけていたり、音楽の引き出しはめちゃくちゃ多い。でも、自分では敢えてPOPなモノにこだわってる感じがして、そこが良かったり、はがゆかったり。

 本人的には、おっちゃんのデメリットをプラスに変える努力をしてる最中。良くも悪くもそんな発展途上のライブだった。

 十三で一番ステキないつもの居酒屋で打上げをしたものの、友達のアナタキコ・松浦君も参加して、ベベチオ早瀬君と強力ツートップが組まれていた。この二人、めちゃくちゃIQが高い。高すぎて意味が解らない!プロセスもボケも突っ込みも全て飛び越えて、発する言動の全てがオモシロイのですが、二人して言い寄られた日には「ドン引き」なのです、僕は。

 打上げの最初から主役がこの二人。この二人がコンビでデビューすれば、多分フリッパーズギターは超える。トークに関しては!奇才であることは間違いない。(心底褒めてます)どうですか?吉本興業さん。

 途中、一体誰の打上げだったか解らなくなってしまった。大阪を代表するアホな人たちの打上げで、東京から来てくれた若いAUTAさん達は、大阪を誤解して帰ったかもしれない。それも、良いような、悪いような。そんな、十三の濃い夜でした。

| | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

手品に学ぶエンターテイメント

  宣伝を少し。

 21日(金)エレクトリックギュインズという大阪のバンドがファンダンゴでレコ発やります。対バンに京都からロボピッチャー、東京からAUTA。友情出演でベベチオ速瀬君もかけつけてくれます。19時~当日券有り。なかなかオモシロイことになると思います。

 打ち合わせがてら晩御飯を食べて、2件目で「マジックバー」に連れていって貰った。場所は北新地。僕が大阪で一番苦手な街。滅多に行かない。所謂「ブークラ」街です。

 20人ほど入る店で、テーブルごとにマジックを披露してくれる。入ったら丁度満席で、マジシャンの人の真横に無理矢理、席を作ってくれて座らせてもらえた。アットホームながら、見世物小屋っぽくもあり、ちょっと良い感じ。

 次々にカードやコインが僕の目の前で増えたり、減ったり、無くなったり。。。 こんなに間近で見たのは初めて。驚くというよりは「キモい」。「なんでやねん!」という突っ込みよりも、有りえないことが次々目の前で繰り広げられて気持ち悪い。集中力も、もの凄い使うので疲れる。

 文句言ってますが、ようは楽しかったんですけどね。テレビで有名人らしいピエールさんて人や、お店のマスターのマジックはベタなトークがいかしてて、より面白かった。同じもの見ても、やっぱりMCって大切ですね。ライブと一緒だと思います。

 同じ曲やるにせよ、その前にMCがマジメでもギャグでもいいからお客さんを前ノメリにすることが出来れば伝わり方もきっと違う。

 サンボ山口君なんかは1曲ごとに語り部を入れて、お客さんをアオルのが凄く上手い。(「上手い」というと失礼かな?)いやがおうにも盛り上がります。

 山口君は、極端ですけど。ライブの中で「キメ」の曲があるとすれば、その前のMCはとても大事だと思うのです。

 こないだある人と、オープニングで客電が落ちて、メンバーが登場して、SEが消えて、ドラムのカウントが入る!・・・この絶妙なタイミングが決まれば、ライブの前半は成功したようなもんだ、みたいなことをお話しした。演奏関係ないですけど、この辺りのエンターテイメント部分はロックにおいても非常にポイント高いと思います。アンコールの出方しかり。

 そう思うと、世界最高のR&Rショーであるストーンズ見逃したことをますます後悔。

 手品師さんの真横で見てると、見たくも無いレモンがズボンのポケットから取り出され、次の瞬間テーブルのコインがレモンに変わっていた。横に居る僕にだけレモンのありかが見えてしまった。手品は前から見るものだと勉強しました。騙され続けるのもエンターテイメントの正しい楽しみ方なのですね。知らない方が良いこともこの世には色々あるのでした。

| | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

凛として時雨

   やばいバンドを見てしまいました。

名前が既にやばい。

「凛として時雨」

G/Vo男子、B/Vo女子、Dr男子の3人編成。ツインボーカルです。

3人ながら1曲の中に尋常じゃ無い量の音を詰め込むバンド。(ハヤ弾きしまくる!って意味じゃ無いすよ)

若さに溢れていてカッコイー。僕が20そこそこで楽器が弾けるなら、こんなバンドやりたい!

年すがら、あまり「つめ込み系」バンドは苦手なのですが、尋常じゃ無い手数のあいだにスキマもちゃんとある(ような気がした)、バンドのグルーブがちゃんとあるのです。

ザッツPUNK!

ナンバーガールを初めて見た時の「なんじゃ!こりゃ!!」感に似てます。

ナンバガほどギターがメロディックじゃ無いけど。

その分Ba/Voの女の子が良い味出してます。

 音もさることながら、歌詞も凄い情報量なのでライブでは内容あんまり解らなかったけどかなり良い歌詞なそぶり。

バンド名が「凛として時雨」ですから。

これは期待。

次の大阪のライブは8月らしい。

覚えやすくて興味が沸くバンド名、実際見に行って「ガツーン」とやられる。

初見バンドの醍醐味がありました。

昨日の日記で「良いライブ」熱望したら、かなってしまいました。

「凛として時雨」

いや~、良い名前。良いバンド。

| | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

WAKA39…ってバンドありそう

 磔磔でキャプテンストライダム・ツアー初日。満員御礼。

 初日磔磔ってなんかカッコイー。3ピースの編成が今回からサポートGの方も入り4ピースになってました。厚みが加わって、オトコマエ度3段アップです。

 キャプストの前にゲスト・ポップショコラ。京都出身の3人組女子による「はんなりオルタナバンド」(命名daimasさん)。このコピーけっこう好きです。今、この2006年に「オルタナ!」しかも「はんなり」・・・聴きたくなりますよね!

 生意気ですが、レコーディングを経て色んな成長が感じられました。いいアルバム出来ましたしね!ライブに関しては、まだまだノリシロがあると思います。それは悲観してる訳ではなくて、ノリシロは無いよりあった方がいいとです。楽しみや、ドキドキする感じが残るので、キャリア関係無しにロックバンドは大なり小なり持っていて欲しい。だから、これからも期待してますよん。5月20日、目先のファンダンゴは特に期待。

 そして、キャプストはおとといの野音ぶり。3000人の次が磔磔。両極で2本見れてホント面白かった。2月に出たアルバムが本当イイんです。オリジナルアルバムにしてベスト盤!捨て曲無し!

 そんなアルバムを受けたこのツアーは、キャプスト至上ポイントになるライブでは無いか?と、思われるので是非皆さんも見に来て・・・と言いたいのですが5月の大阪も売切れでして。ごみんなさい。売切れ続出で儲かってしゃあないですわー!ホンマ。笑いがとまりま・・・ファンダンゴですけどキャパ小さかったです。買えなかった方、ホントすんません。

 とにかく、今年はキャプストも非常に楽しみなのです。

 最近、毎日心身共に調子が宜しいのですが。宜しい理由は、良いライブばかり毎日見れてるからだと思いますきに。バンドの皆さんのおかげ。明日も、良いライブ熱望。

 関係無いですが、今日のタイトルは「寄せ書きブログ」とリンクしてますので、この本文とも関係ないのでした。たまには、「寄せ書き」(40歳オヤジ達のシャベリ場)も見てやってくださいね。

 

| | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

まつみちゃん

   今日も色んな人がこっちに来てくれていて。

 まずは、スタークラブでフラカン。本日も売切れでツアーも絶好調。スタクラの松原君に現場をお願いして退散。初めて会った、松原Jrカワイかったです。開口一番「お金ちょうだい!」と言われ、子供にも親を選ぶ権利があれば道を踏み外さずに住むのになぁ・・・と、同情してしまった。

 ほのあとは、シャングリラに東京エスムジカを見に行く。エスムジカは一言で言うと「日本発世界の音楽とこんにちはバンド」。海外でレコーディングしてセッションして、日本でお披露目。メジャーでこんなスタンスでやってる人はあまりいないんではないか?日本は外交がだらしないので、是非こんな人達に頑張って貰いたいです。

 そして、トドメはクアトロでセカイイチ。with赤犬、ANATAKIKOU、という大阪で今、考えれる最強で最悪(?)のネイティブイベント。もっと言うと、大阪というよりは「大阪芸大」イベント。先輩、後輩の立て社会がバックヤードに溢れていた模様。ちなみに、うちの桶洗い君も芸大。大阪芸大の「芸」は、何か人より面白いことが出来れば!という「芸」で、東京芸大のそれとはかなり意味が違うと思われます。

 セカイイチにしか間に合いませんでしたけど、新曲2曲。アッパーな曲で良かったですね。6月2ndアルバムでより風向きと風速が変わりそうな予感がします。こりは楽しみ。

 ほいで前にも書いた、マネージャーのまつみちゃん(女子、最近女性セブンと週間ポストを制覇して、おっさん&おばはんの称号を同時に手に入れた20代)とは、付き合うごとに「距離」が出来てくる。今日は「仁義なき戦い」がいかに好きかという「任侠話し」で盛り上がられる。その手の話は、僕全然詳しくないのですが。

 詳しくないなりに面白かった話しが、飲み屋で仲間と飲んでてひょんなことからチンピラに絡まれたまつみちゃん一行。場をおさめようとしたまつみちゃん(くどいようだが20代女子!)「まぁまぁ皆さん、座ってつかわせぇや!」と、修羅場において「つかわせぇや!」という任侠言葉が自然に出てきたことがあるらしい。

 かなりヤバイね。付き合えば付き合うほどバンドは近くなりますが、まつみちゃんが遠い存在になります。全くの規格外!1日色々あったけど、全部まつみちゃんに持っていかれた1日。

 

| | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »