« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

2006年3月11日 (土)

体調不良だったワケ

 何日か前に、「フラカンとピーズはバナナホールが似合う・・・」げなことを書いたら、アララ!実現しちゃいました。ヴィンテージロックの番台さんありがとう。同時にボノボ/ラボリボルバー/ラリパパなどの大阪ネイティブなユルいイベントも決まりました!詳しくは、音泉HPの下駄箱で。

 このブログは元々、「音泉HPをもっと浸透させよう」と思い立ち上げたのですが、気づいてみたらHPのカウンターよりもこっちのブログヒット数の方が多くなってきてる。こりはイカン!アダとなってしまっとります。みんな見てねホームページも。ボリューム大きめで是非。

 に、しても昨日ヒット数がやたら増えた。なんでか?と、調べたら「daimasの日記」で、紹介してくれていたのでした。リンクは少し前から貼って頂いてたのですが、僕のブログを本文中で紹介してくれていた。ありがたいなぁ!感激。読んでみると・・・なになに、先週僕が体調崩したのを心配してくれて・・・ほうほう・・・電話で本当のことを聞いて・・・ふむふむ・・・「痔」でずっこけた・・・・みたいな。

うゎ!隠してたのにバラされてる!ブログ恐るべし。

 これはね、実は書くか書かないか悩んだの。最初はね、書こうと思ったの。ほいで、書かないことにしたの。その理由はね・・・別に、「恥ずかしい」からでは無くて・・・オモロイ「オチ」にならなかったのですよ!お客さん!(サンボ山口君口調でお願いします)いや、でも中途半端はいけんので、書きますよ。書きゃいいんでしょ!書きゃあ!逃げも隠れもしませんよ!

 そうなんです。

先週体調崩した原因は、

生まれて初めての、

「痔」

だったのです。

 朝起きて、「ん?なんか痛い」トイレに行って「これは・・・ひょっとして」と思い・・・ひょっとした!その日は朝から会議やら、打合せで人は来るは、夕方から現場あるは、なんか盛りだくさん。気もそぞろですよ。平常心で居られない。痛くて。変な汗かきっぱなし。夕方BIG CATに行って、顔色が悪くなってみんなに「どうしたん?」と聞かれて、やっと言いまくった。アホみたいに言いまくった。そしたら、2人に1人ぐらいは経験者がいてね、ちょっと安心。言ってみるもんですね。で、処置について色々教えてもらった。「○○病院行ったら5分で直ったよ」と、うち1人に聞いて。「治らなかったらそこの病院に行こう」と決めた。

 そっから僕の妄想は始まる。「あんな手術台に乗せられて」「こんなことされて」「あんなこともされて」・・・・と、人生で一番の辱めに対する期待が膨らんできた。これは絶対にネタになる!オイシイ「オチ」が!しばらく人気モノになれる!敬愛する802のケーオージーエーさんも、「あぁ・・その経験は僕もないなぁ・・・」と羨ましそうに言わしめた!遠い目をして、初めて羨ましがられた!ひゃひゃひゃ。(注:頭はいたって正常です、僕)

 明けて月曜日。痛みは無くなってしまった。しかーしッ!、僕の妄想はもう実現するしか収拾がつかない。意地でも行くぞ!と、大して痛くも無いのに薦められた病院に行く。昼から行った。“もんのすんごぉっうっとぉしそう”に「午前中で診察は終わりました」と、受付のカワイクない姉ちゃんはのたまった。「だから大きい病院は嫌いやねん」「マニュアル通りしかでけへんねん」「もうちょい言い方あるやろう」などとブツブツつぶやきながら、会社の最寄の駅に戻る。

 駅の広告看板で探すことにした。結構病院の看板はある・・・んが、どれを見ても「内科」「循環器系」「消化器官」とかAORな打ち出しが多くて、お目当ての「肛門科!」とパンク的に竹を割った打ち出しが無いのだ。みんな甘いのだ。話しにならん・・・と思っていたら、ありました!パンキッシュな病院が!なんだ、会社の近くにあるやん。この1時間返せ!と、愛想の悪かったさっきの受付の人の顔を浮かべて、心の中であたってみる。

 パンキッシュな病院はこじんまりしていた。午後も診療している。受付のちょっとカワイイお姉さんも愛想が良い。やっぱこれぐらいの大きさがいいのだ。ちょっとニコニコな僕。「初診ですか?では、お手数ですがこちらのアンケートにご記入ください。」と、お姉さん。

 色々書く。「本日はどうされましたか?」の欄には「痔」の一文字。パンキッシュな病院にはつべこべ言わずパンク返し。(この項BGM「リョウオモイ」Byトモフスキー)そのアンケートを何事も無かったように処理するお姉さん。カワイイ顔して、流石プロだ。うならずにいられない僕。

 しばらく待つと名前を呼ばれた。とうとう来たゼ!この瞬間が。中に入るとサンボ山口君にそっくりなお医者さん。サスガ!お医者さんまでROCKなのだぁ!以下ベタな質問は割愛。「じゃぁズボン脱いで、横になってください」

 ・・・生まれて初めて・・・それも男に(それもぐっさんそっくりな)○○見られる!(注:僕は変態ではありません、くれぐれも)

 「うん・・・?」でも、すすめられたベッドは普通の簡易ベッド・・・「あんなベッド」や「こんなベッド」を想像していた僕は、期待ハズレ。横になって山口君が僕の○○にペンみたいなのをグリッ!「痛みます?」「いや、別に」さらにグリッグリッ!(イタッ!ナニすんねん!ぐっさん!!)「痛みます?」「ええ・・・少し」「ふ~ん、なるほどね。は~い、ズボンはいて良いですよぉ」と山口先生。

 「う~ん。この程度なら、薬で治るねぇ。座薬と塗りと飲みと、一通り出しておきますから、悪化したらまた来て」・・・山口君がパンキッシュな人から日本橋系(東京では秋葉系)に変わった瞬間であった。

 ええええええ!手術無しかよ!「あんな台」に「こんな格好」させられて、看護婦さんが「あんなこと」して、先生がとどめに「こんなこと」してくれるんじゃ無いの!???こんだけ体はってんのに!何のオチも無いやん!誰も笑かすことできひんやん、こんな展開じゃあ。こんなことなら、行くんじゃ無かった・・・・

 だからね、日記ではもう書かないでおこうと思ったの。でも、遠藤さんが、敬愛する遠藤さんがね・・・。中途半端はいかんと思い、等身大で伝えてみました。いや、でも今、書いたん読み直したけどオモロないやん。あかんやん、これ。

 こうなったら、しばらく「食は激辛しばり」「トイレはウォシュレット禁止」にして、今度こそ伝説が出来るように、ストイックな生活をしてみようか・・・。

 ええと、このブログのカテゴリー、一応「音楽」にしてるんですけど・・・ココログさん大丈夫ですかね?

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

畠山美由紀ちゃん

 今日は畠山美由紀(略してMIYU-KING)ちゃんが大阪に来た。新しいアルバムとライブのプロモーション。

 アルバムは、4月に「リフレクション」というタイトルで。参加メンバーが凄いのっす。詞、曲提供にハナレグミ・永積君、クランボン郁子ちゃん、エゴラッピンの中野良恵さん、キリンジ・堀込さん、ミュージシャンではクリーチュアーズ青柳君中心に、世界でここにしかない音を出している。高田漣君の演奏も個人的には、たまりましぇん。CDをトレイ(トイレと書きそうになった)に置いて、鳴った瞬間違う。肌触り?空気?なんて言っていいか解らないのですが、明らかに違う。美由紀ちゃんの歌も、もちろん他の誰とも違う歌を歌っている。 

 日本語だけの歌詞もすんごく良いです。彼女は東北出身からかも知れない、日本の牧歌的な景色が浮かんできます。それもちょっと寒い季節。それでもって、後ろで鳴っている音色が逆に都会的な、東京で言うと表参道、代官山。大阪で言うと南船場、堀江。ごっつオシャレなのですね。田舎とハイソの融合。個人的にはそんな感じ。「都会に居て癒される」「自然で聴いて人が恋しくなる」そんなアルバムだと思います。

 幾つかの雑誌社の皆さんに取材して頂いて。美由紀ちゃんは、自分の類まれなところを全く誇示しない。「気づいてないのかなぁ~?」ってぐらい謙虚、ずっと恐縮しっぱなし。良い人なのだ。容姿もキレイなので僕は会うといつも緊張する。こっちも、恐縮しっぱなっし。二人で会話すると「近所のオバハントーク」みたいになる。

「奥さん、ほんまスイマセンねぇ、いつもいつも・・・」

「いや~ん、そんなことあらへんよ~。こっちこそ、いっつも失礼ばっかりして~・・・」

油断するとこんな大阪の下町・夕刻のループ地獄にはまりかける。

 ライブは6月16日に中ノ島・中央公会堂です。詳しくは音泉HPの「公演」下駄箱で覗いて見てやってください。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

なんにもない♪なんにもない♪まったくなんにも・・・

 今日は何も無かった。「何も無い」ってのは、ライブも無ければお客さんも来ずの日。HPの公演カレンダーだけ見ると、ライブ無い日の方が多いのですが、なんやかやで、見に行くライブはほぼ毎日あったり、プロモーションでアーティストの方が来阪したりするので、「何も無い日」は珍しかったりするのです。別に忙しいのを自慢してる訳じゃ無くて、アベレージがそゆ状態ってこと。

 たまには、こんな日も良くて。朝から散髪に行くものの、いつも切ってくれる人が休みだったので、別の人が切ってくれることに。しかし、この人がいわゆる「喋り魔」、ずっと喋ってる。ちょっと引き気味になったけど、そんなことは「魔」のつく人はもちろんおかまいなし。最後まで延々開放してくれない。

 一番最悪なのはタクシーの運転手さんに多い気が。帰り、夜遅くなると大体タクシーなんですけどね。3時超えるとサスガに眠い。「行き先伝えて、着いたら起こして・・・」と、こっちが言う前に機関銃トークの始まり!人の家に土足で入れるんでしょうね、こんな人達は。愛想無い返事をしてもお構いなし。まぁ、人の話し聞かないから「機関銃」なんですけど。昼間ならオモシロクて変に感心してる「フリ」とかして、どこまで雲の上まで行きはるか見て(見えなくなるまで)楽しむ余裕もあれど、深夜はちと辛いんですわ・・・ね、昨日の運ちゃん!

 このテの「土足平気」な人って、大阪人に多い気がするのは僕だけですか?親しみ易い人種の功罪と思ってますが違うかなぁ?

 散髪して会社で仕事していたらラジオから「peridots/オールライト」が流れてきた。アコギとボーカルから始まって、バンドが少しづつ入って上りつめる曲。ラジオで聞いても、手が止まって聞き入ってしまったのっす。まだCDにも何も作品になっていない、どこにも殆ど出ていないアーティスト。ラジオでは「バンプ好きのアナタにぴったり!」と紹介してくれていた。にゃるほどぉ、そんな捕らえ方もあるんだなぁ、僕はライブではスピッツさんのそれと一部感じ方が似ているよな、スガシカオさんにも一部似ているよな。(あくまで感覚ですよ、個人の。実際はもちろん同じでは無いっす。)バンプ・オブ・チキンさん(バンプに「さん」は余計?・・・敬語フェチなんで)は思わなかった。でも、それもある、わかるわかる。皆さん、どんな捕らえ方してしてくれるんだろう。

 誰が言ったか忘れましたが、「聞き手には誤解する権利」があるらしい。そりゃ個人の自由なのでどんな聞き方しようが勝手で、アーティスト側からするとそれはそれで思いもよらぬ色んな解釈してくれると嬉しいと思いますよ。しかし、「勘違い」が増えすぎるとアーティストは辛いもんす。何十万人に誤解されると、作り手は辛いですよね。「ええええ、そんなつもりじゃ~・・・」と思っても言えないし。実際それで困ってる人も見てきたし・・・。「誤解する権利」はあれど「勘違い」はダメっす。(この項のBGM「カンチガイの海 Byトモフスキー)

 ありゃ、話しが脱線。そう、「peridots」と書いて「ペリドッツ」来週3/15セカンドラインで「GSGP」に出ますよ!と宣伝につなげたかったの。宣伝っちゅうよりは、「見て欲しい」「生で聴いて欲しい」のっす。みんながどう思うか知りたいのっす。

 会社で夜まで仕事して、遅めの晩御飯は音泉員でミーティング&メシ会。普段少人数ながら一緒にご飯食べる機会が意外に無いのです。しかし、「男湯」も「桶洗い」も花粉にヤラレてじゅくじゅく。僕は花粉は全く気にならないので気持ちが解らない。僕とメシ食うのイヤなんかなぁ・・・と、深読みしたり。しんどそうだったので、1件目、2件目も短めに終了。

 男湯の日記はだいぶ追いついてきましたな。よくそんな昔のこと、今更書けるよなぁ・・・。例えるなら夏休みの宿題絵日記さぼって8月31日に書き上げる、なんてよりも数倍難しいワケですよ!(確か書き始めは半年ぐらい前の日から)アホですけどひょっとしてエライ才能の持ち主かもしれない。桶洗いは・・・国語弱かったんやろうなぁ・・・・。日記やめて「絵」とか「オモシロ写真」とかにしようかなぁ・・・。「読書感想文」とかもいいかも。どうですかね、お客さん?

 おっ、そういえばホームページのアクセスがもうすぐ10万Hitになります。ありがたいです!10万オーバー記念に盛大なセレモニーを用意してますのでお楽しみに!あっ、平田君(僕らの無理難題をHPにしてくれる火星人)、言うてもうた!あとはよろしこ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

さよならベイサイド

 昨日紹介した、チキンのチキカワさん(このご時世に携帯、パソコン持たない石器時代から来た人。口癖は「なんかあったらメールか留守電残しといて!」)は、神戸に新しいライブハウスを画策中。まだ言っていいのかどうか解りませんが、店名がイカします。これは良いライブハウスになること間違い無し!内装も音も人もね。  

 今日は「さよならベイサイド・SET YOU FREE 企画」で、銀杏/サンボ/フラカン/ラフィンノーズ/TOMOVSKY/Baby&CIDERだった。なんだ、この豪華な組み合わせは!セッチュー千葉さん凄いなぁ。この人、企画したライブの問合せを自分の携帯番号にしてるんですよね。有り得ないっす。オトコマエ!

 今は打上げ中。ちょっと失礼してこれ執筆。

 自分的には、生ラフィン実は初めてで、ちょっと感動した。20年前のイメージと全然変わっていない。やっぱアーティストの人は年とらないんですね。(フラカンのぞく)トモさんも40才には全くもって見えないし。ライブやって、人に見られてたり、感受性が年とらなかったりすると老けないのかな、と思います。(フラカンのぞく) 峯田君が演奏中に客席で見ていたチャーミーさんとこ(それも2F席)まで出向いてチューしたのは、しびれた。

 20代、30代、40代の競演。こゆのに50代の人や、もうすぐ還暦のバンドなんかも一緒に交えたイベントやれればステキかも。日本もここまできたのですね。ロックの歴史が。

 にしても、今日のお客さんは暖かかった。最初から最後まで、全部楽しんでて、そりゃ演ってる方も嬉しいですよね。トモさんもフラカンも嬉しそうだった。キャリア積んでくると、若いお客さんの前で演奏出来る機会っていうのはなかなか無いもんなんです。若い子に受けると単純に僕らも「おおぉっ!まだまだイケルやん!」って、自信になります。多分バンドもそうだと思います。逆に若い人もキャリアあるバンドもっと見て欲しい。永年やってる人達って絶対それなりの理由があります。ライブ見て、それが何かを探すのは楽しい発見になると思いますよん。きっと。

 ぶっちゃけ、遅刻してBaby&CYDERとサンボ見逃してしまいました。すいません。でも近々関西でライブあるので楽しみにしてます。

 サードクラス&トモさんは、やっぱ誰が見ても楽しめる。前にも書きましたが、真理・真髄しか歌って無いので、共感度NO1ですよ。CD1億2000万枚売れないのがホント不思議。

 フラカンの新曲良かった。去年リリース無かったので今年はもうすぐシングル、夏頃にはアルバムリリース予定。かなり期待出来ます。期待して!もっと言うと、買って!

 銀杏は何回か見てますが、あれですね。今一番お客さんと「1:1」でライブをやるバンドのよな気がします。その「瞬間」を「見てる人」に全身全霊で注ぎ込む日本代表。どんなバンドもそう思ってやってるとは思いますが、銀杏はハンパじゃ無いっす。

 ベイサイドは今月3/31「ONE LOVE」って、レゲェっぽいタイトルのイベントで幕を閉じます。チケット絶賛発売中!メンツいいよ!最後でブッキングのノブエダ君は号泣するそうです。泣きたい時は泣いていいんだよ!

 ってことで、ベイサイドの皆さん12年間本当にお疲れ様でした。会場が無くなるのは寂しいですけどね。大丈夫、「人」は残るから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

ライブハウスのはなし

  ベイサイドジェニーが今月で閉店。バナナホールも存続の署名がなされている・・・・。チキンジョージも年末で一旦休業、改装して来年春に新たに開店予定と。最近、関西のライブハウスが慌しい。老舗が、無くなってしまうのは本当に寂しい限りです。

 高校の時に背伸びして行った、ライブハウス初体験のバーボンハウス(ライブは山口富士夫さん)も随分前に閉店。高校出てバイトしたバナナホールでは色んなライブが見れて楽しくも、今思うに、良い経験させて頂きました。(時給500円は辛かったですけど)

 今更ですけど、ライブ見るならやっぱライブハウスがイイ。特に“色”のある小屋が好き。良いライブをやればバンドを何倍も良く見せてくれる、逆にしょっぱいライブをすれば突き放してくれるような、強い“色”を持っているところが特に好き。例えるなら、ファンダンゴ、磔磔、チキンジョージetc・・・。無機質な空間を、バンドの好きな色に染めれる会場もいいですけどね。どっちにしても、プラスにするかマイナスにするかはバンド次第ですけど。

 音のはまり具合もあります。「フラカンとかピーズはバナナがいいなぁ」とか「このバンド低音気持ち良いからクアトロがイイ」とか・・・。

 高架下のセカンドラインも電車の音が、それはそれでステキ。「そんな音に負けてるようじゃイカン!」と、バンドの底上げになるかも。最近はシャングリラも、独特の色があって好きです。

 etc・・・・という具合に、それぞれの特性があって面白いのです。

 あとは、やっぱり「人」も大事。ブッキング見てると、やってる人の顔が見えるところが。皆さん、バンドのことを親身に考えてくれる。僕らと一緒に考えてくれる。ブッキング見ていればそんなことも解ります。

 今はもう解散したけど、僕が最初にチキンジョージにブッキングしたバンドが居て、あまり人気が無かったので地元のバンド何組かのイベントに混ぜて頂いたことがありました。そしたら、そのバンドではお客さんを一人も呼べなくて・・・言っても、ライブハウスさんにするとかかってる経費はそこそこあるし、客ゼロってのはありえない。こっちがお金払わないといけないくらい終わって、ブッキングマネージャーのチキカワさん(仮名)に、謝ろうとしたら「はい、これ。少ないけど。」と封筒をくれたのです。その中には5千円札が入っていました。

 これは極端な一例ですけど、これに甘えてはいけないのですけど、この日を境にライブハウスの皆さんは、バンドと一緒にリスクを背負ってくれることを知ったのです。チキカワさんにはそれ以来十何年、頭が上がりません。(震災の時も、チキカワさんは大変だったと同時に、チキンが新築するまで暇そうだったので毎週麻雀しに神戸まで通ったものです。人助けと募金を卓上で行ったのでした。5千円の借りは何倍にもして返させて頂きました)

 そんな人がやってる、ライブハウスは「良いバンド」と「良いスタッフ」(僕のことじゃ無い)を育ててもくれるのです。 

  去年「OTODAMA」っていうイベントをやった後に気づいたことがあって。それは、普段僕らはファンダンゴが大好きで、その「空気」を、「感じ」をそのまま野外に持っていきたかったことが結果論ですけど、感覚としてあったのです。あの日出てくれた人はみんな(物理的なことは置いておいてね)、ファンダンゴでやってもおかしくない。少なくともマインドとしては。出演基準もそこにあったし、実際の会場のアマチュアリズムとか、手作り感覚はマチガイ無くベースはファンダンゴにあったのです。それは、最近気づいたこと。ファンダンゴが、たまたま野外でイベントやったらこうなった!みたいな。だから、ファンダンゴの皆さんがお店出してくれて、(呼んでも無いのに)打ち上げにまで来てくれた時はとても嬉しかった。何故、そんなに嬉しかったか・・・今更ながら、気づきました。

 ライブの場合、「大」は「小」をかねませんけど、「小」は「大」をかねるのです。前述した色の強いライブハウスを味方に出来るバンドは大きな会場、野外、屋内、どこでやっても大丈夫・・・かも。でも、ライブハウスから大きくなったバンドは、そんじょそこらの壁が来てもひよらないとは思いますよ。うん、これは自信あり。歴史がものがたってます。多少のトラブルは全然動じない。足腰の強さがあります。

 そんなバンドをですね、音泉はこれからも応援したいと思います。なんで、お世話なりっぱなしですけど、ライブハウスの皆さん!これからも宜しくお願いしますね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

平常営業に戻った日記

 昨日のBAZRA良かった!見にいけて良かった。(仕事なんで行って当然ですが)「はね」って、曲で特に「グッ」と、きてヤラレてしまいました。最近のBAZRA本当にイイ!演奏もイイけども。。。3人でこれだけガツガツ攻めて来るバンドとしてもイイのですが、言葉が「クル」ようになってきた。メロディも元々良かったけど。。。。言葉の伝わり方が変わってきた。これからですよ、これから。期待充分!

 BAZRAが出して頂いたイベントは802の、ちわきまゆみ姉さんの番組イベント。ネクラポップとファンキーパンキーの3バンド。

 ネクラポップはやっと見れた。タイミングあわないのが何回続いたか・・・好き、嫌いじゃとかなくて、タイミングあわないバンドって居るんです。もう、一生見れないかと思ってたら、やっと見れました。無理して行って良かった。想像はしていたけれど、想像以上にハードなバンド。ゆらゆら帝国見てる時に近い。名前と全然違うよ~!フロント3人の男性諸氏より、ドラムのお姉さんが“オトコマエ”でした。

 地元大阪のファンキーパンキーも初めて見れました。ポスターとかからは“西のスクービー”なのか?って、イメージでしたがちょっと違いました。MCはモノごっつ大阪ノリ。まだ、こんなオモロバンド大阪に居てはったんですね。勉強なりました。

 3バンドとも、ちわき姉さん&番組スタッフの方の思い入れが詰まって“芯”になって、良いイベントでしたよ。打上げも、ちわき姉さん中心に大盛り上がり!2件目でテキーラ、一気大会。3件目は流石に失礼してしまいましたが、BAZRAの皆さんはヘベレケで店に入って行った。ちゃんと東京帰れてるかなぁ・・・・。ちわき姉さん次回も宜しくお願いします!

 3件目行かなかったのに寝たの明け方で、朝の会議大遅刻してしまいました。会社の皆さんホントすいませんでした。

 夜は、シャングリラで在阪・女子高生スカバンドを鑑賞。ごっつ楽しそうに演奏していた。初心に戻りました。ライブは楽しくないといけんです。

 先週、体調悪しで仕事が一部滞り。追いつくのに四苦八苦で、気分転換にこれ書いてます。

 全然、関係無いですがフィッシュマンズの映画が3/25~と以前ここで書きましたが、大阪は4月~に変わったようです。すみませんでした。梅田ガーデン・シネマにて。この映画館、平日の昼間最高っすよ。人、少なくて。UAの「水の女」も、らもさんの「お父さんのバックドロップ」(スネオ君・主題歌)も、ここで見た。見た後に人が少ないのが、イイんです。他人の感想が聞こえてこないのがイイ。友達居ないのもありますけど、映画は一人派です。

 そして関係無いついでに、大江慎也さんが大阪でライブ!なんとインストアでやるらしい!!だ、大丈夫なのかぁ!人、集まり過ぎないのかなぁ。人、多いといやだなぁ。多くなるとイヤだから日程と場所はここでは書かない!同じこと思ってフジロックにルースターズ見に行ったら、意外と前の方で見れたけど・・・、いやでもインストアだとせいぜい見れる人は知れている。ガーデン・シネマで平日昼にやってくんないかなぁ・・・とりあえずソロCD買いに行こう。どんなことしてはるんやろ。ドキドキですわ~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

誠に申し訳ないのですが。。。

 ちょっと、週末から体の一部が調子が悪く・・・・あまり身動き&普通の思考が出来ない状態なのであります。

 昨日土曜は久々に休むも1日身動きとれない状態。

 今日は、多少楽になったものの・・・・今から、BAZRAが出る802さんのイベントに行くか思案中。

 この日記も、復調するまで、しばし待ってやってください。

 明日からは元に戻れそうなので。。。。

 こんなに苦しいのね、×××って。

 初体験でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »