« オトナモード | トップページ | THE MODS »

2006年12月 2日 (土)

ソウル・オブ・どんと

   くるりさん主催の「みやこ音楽祭」@西部講堂の一環で「ソウル・オブ・どんと」が行われるので見に行く。

 西部講堂は、なんだろ?磔磔のお父さん?POLICEや村八分や色んなバンドがライブをやりあげた関西で一番「濃い」ROCKの殿堂?やることに既に意味がある場所?・・・一言では言い表せない凄い場所なのです。(老築化も凄い)

 「ソウル・オブ・どんと」を今年全国で行いたい!という意思が、プロダクツ側にあって、例えばそれはライジングサンや沖縄で実現されましたが、関西は「西部講堂」しか無いのだぁ!と、個人的には思いつつも、「みやこ音楽祭」の皆さんが企画して頂いて、僕の仕事は皆無だったのです。まさに「見る」だけ。リスナーとしては最高のシチュエーション。

 昼2時頃について、少年ナイフさんのライブで童心に返り、チャットモンチーと西部講堂のギャップも良かったり、矢野顕子さんの弾き語りに感動し、SAKEROCKのフレディマーキュリーパフォーマンスに爆笑し、弾き語りYO-KINGさんも見てetc・・・やっぱ、イベントは「やる」ものじゃなくて「見る」のが一番楽しい!ホントすいません。

 最後の「ソウル・オブ・どんと」は、岸田君の「橋の下」を西部講堂で聴くことが個人的なハイライトだった。「橋の下」という曲を、一番ふさわしい「場所」で一番ふさわしい「バンド」が一番ふさわしい人が「歌う」、予定通りかもしれないですが、これ以上のシチュエーションは無かったのでいかしら、と思われます。

 そして行って見て、もうひとつのハイライトがどんとさんの長男「ラキタ」君が登場して1曲披露したこと。お父さんゆずりのボーカル、お父さんのギター(これがホンマにエエ音してはったんです!)で・・・・、「悲しさ」と「嬉しさ」が押し寄せてくる、経験したことが無い感動。高校1年生かぁ・・・・。末恐ろしい・・・。終わってから、「悪いこと言わないから是非バンド続けなさい!」と悪いことを入れ知恵してみた。

 今回全く協力出来なかったので、次は「いつ」「どこで」この「お祭り」をやればいいんだろ?と、引け目もあって考えた。関西で今日を上回るシチュエーションはちょっと浮かばない・・・、けどそんな頻繁にやるものでもないので。ただ人間「忘れる生き物」だから、どんとさんが忘れられないようにまたその内、そして次回は全面的にお手伝いしたいと思います。スタッフ出演者の皆さんお疲れ様でした!

|

« オトナモード | トップページ | THE MODS »