« 世間にミキちゃんは色々居るけれど・・・ | トップページ | ブログの功罪 »

2006年11月 5日 (日)

北野響-キタノヒビキ-

 新しいイベントを始めることにしました。名前は「北野響(キタノヒビキ)」。場所は神戸は北野に新しく出来たライブハウス「ウィンターランド」(正確には北野のハンター坂に位置します)。ウィンターランドのことは前にも書きましたが、もともとチキンジョージでブッキングをされていたチキ川さんが新たに作ったハコ。スタッフもチキンの人。「ROCK AROUND KOBE」というイベントを10年ぐらいチキンでやっていて、そのまま持ってこようかとも思いながらハコが変ってステージの転換とか、シチュエーションも色々変ったので、どうしようかと思っていた頃、FM802のディレクターのミキオさん(無類のROCKディレクター、昼間からパンキッシュな選曲で大阪の昼な夜なと社会貢献されている方。読売新聞でのライブレポのコラムを始め、ライターとしてもサイコー!ちなみにカメラマンとしてもサイコー!)とイベント話しになり、普段バンドでやってる人がシンプルな編成でやって頂くイベントを作ろう!ということになった。タイトルもミキオさんに考えて貰った。「北野響」。うん、イイ!

・・・と、盛り上がったのが半年前。お互い夏から秋にかけて多忙になって、ようやく年末に1回目を開催することになりました。構想半年・・・前。第一回の日程は12月16日の土曜日。湯川潮音ちゃんとperidotsに出て頂けることになった。二人はタイプは違えど、唯一無二の「声」を持っている(他にも色々持ってます)

 「歌詞」とか「声」って、メロディーやバンドアレンジが加わった時にマジックが起こるけれど、極めてシンプルな例えば曲が出来た時に近い形で聴こえてきた時にもマジックは起こる気がするのです。「北野響」はそんなマジックがたくさん起こるイベントになればステキ。1回づつ、そんな思いを込めてやっていきたいと思います。宜しくお願いします。

|

« 世間にミキちゃんは色々居るけれど・・・ | トップページ | ブログの功罪 »