« 奥田民生&The Verbs | トップページ | コレと言った仕事が無い日 »

2006年10月27日 (金)

初見「ミドリ」

  ファンダンゴで「ミドリ」を初めて見た。「かなり」では無く「サイコー」にヤバかった。「馴れ合いで音楽やるな!アホんだら!ボケッ!死ね!!」と、スピーカーの上によじ登ってセーラー服着たお姉ちゃん(パンツ見えてますが全く問題にもならない)に、何度も連呼されて心の中で「すいませんでした」と叫んでいたのは僕です。

 ミドリは大阪のバンド。ボーカル・ギターが女性。他ドラム、ベース、キーボードの4リズム。演奏はパンクという表現があてはまるのか?(凄まじすぎて軽々しく語れない)激しいのは確か。でもリズム隊にはグルーブ有り、キーボードの方がメロディック(んでも超高速)な旋律を奏でるので音楽的にもかなり聴ける。歌詞は文学的だったり、童謡的だったり、殺人的だったり・・・。とにかく、僕の文章力では1割も語れない。ホントに殺されるかと思った。ドキドキした。1年を通しても、あまりこの手の感覚におそわれるライブは早々無い。あえて言うなら「銀杏ボーイズ」見てる感覚かしら。スーパー・ジャンキー・モンキーを初めてファンダンゴで見た時のことも思い出した。とにかく無意識に失禁しそうなバンドなのです。

 日頃から「一線越えてるバンドが好き」なのですが、ミドリは「一線ってナニ?」って感じ。はるかに超えてる、越え過ぎている。昨今のROCKに「刺激が足りん!」とお嘆きのアナタ。「ミドリ」絶対見た方が良いす。満足してる方は見なくて良いかも。

 次のライブは11月9日(MCで言ってはったので多分です。間違ってたらごみんなさい)天王寺アリス。アリスは11月いっぱいで閉店なんですって。ミナミの老舗ライブハウスが「BEARS」のみになってしまうのか?これは是非見たい。土着的なことを言えば「天王寺」と「十三」以外では見てはいけないバンドかもしれない。逆に天王寺でやり収めになるなら地元民として絶対に見なければ!スケジュール空けておこ。当日券で入れるのか?はまってしまいそです。

|

« 奥田民生&The Verbs | トップページ | コレと言った仕事が無い日 »