« フジロックに行く | トップページ | OTODAMA開催、少し前によせて »

2006年7月30日 (日)

フジロック2日目

 イベント自体は3日目だけど自分的には2日目。

 朝、僕は寝たかったけれど同室の802ディレクターH岡さんが朝食を絶対食べたい!ということで同行。「アーティストいっぱい来るからオモロイで!」・・・ってアンタ仕事でいっぱい会ってるやん!死にそうになりながら食堂へ行くと。。。確かに面白い!ここでは書けないことだらけ。元音泉の女湯ちゃんが、別人の顔をしていた。朝、って恐い。

 この日は晴天!長靴をスニーカーに履き替えた。晴天に黒光りする長靴は、流石に自分に興味が無い僕も躊躇した。多少汚れてもスニーカーで出発。

 最初ドラゴンドラに乗るか悩む。景色がサイコーらしい。が、辞める。後で聞いたら、GOINGのメンバーがアコースティックライブをやったらしい。今度、OTODAMAで披露される「GOING UNDER GROUND with YOU」ってやつ。ちなみに、この「YOU」は、女性タレント(昔ロックバンドボーカル)の「YOUちゃん」じゃ無くて、「アナタ」の「YOU」です。アコースティックバージョンの名前なのでOTODAMA来る方、お間違えの無いよう。

 ゴンドラの変わりに、オレンジの奥にヘリコプター乗場が出来ていた。3分¥3000。安いのか?高いのか?でも、売り切れで乗れなかった。しかし、ヘリコプターって・・・どこまでいくのだフジロック!ライブのステージもそうですが、どんどんそれ以外のアロラクションが増えていってる。ステキすぎ。ライブ見なくても楽しいのです。

 あとお客さんが年々進化してる。夜は照明も少ないのでマグライト持参の人が多かった。トイレの数も多くは無いので「行きたくなる前に並ぶ」習慣がついてる。「DO MY SELF」が年々浸透していってる。僕を除いて。

 ヘブンでフィッシュマンズを見た。今回、一番のお目当てでもあります。ライブは去年のライジングやツアーの時と大きくは変わらなかった。さかなのポコペンさんが「SEASON」を披露したり、大阪で見れなかった「キセル」の皆さんが見れたぐらいか。でも、僕としてはここフジで、それも「フィールドオブヘブン」でフィッシュマンズが見れただけで充分意味があったと思います。夢がひとつかなった。欣ちゃんがMCで「サトちゃんも絶対出たかったろうし、やれてサイコーです!」みたいなことを言っていた。ホントにその通り。去年のツアー最終の大阪のステージで「来年は野外でやります!」とフライング発言をした、その公約も果たせた。実は今年の初め「大阪でもやろう!」という話しもあったけど、色んなタイミングが合わなくて実現しなかった。でも、結果的にはフジだけで良かった。これ以上の「意味」があるステージは、ちょっと考えにくい。特に大阪では考えにくい。フジだけで良かった。野外のフィッシュマンズは、やはりサイコー。感無量。

 その後は、ゆらゆら見たりバッファローみたり、ストロークス見たり。深夜バスで大阪に帰るので苗場プリンスにお風呂に入りいく。¥300ですよ¥300!泊まってなくても入れる。こりは来年からも利用しよう。さっぱりして、ハッピーマンディズでシメ。802さんが出されるバスに便乗させて頂く。途中、802のKOGAさんがサービスエリアに取り残されてバスが発車する事件も発生。携帯あったからUターンして救出されたものの、どうせならヒッチハイクで大阪まで帰ってきたらもっと笑えたのに。

 バスはサイコーに楽チンだった。荷物運ばなくていいのが楽。起きたら、南森町到着。非現実から一気に現実に。何事も無かったかのように会社に出勤。

|

« フジロックに行く | トップページ | OTODAMA開催、少し前によせて »